やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イサム・ノグチのカリフォルニア・シナリオ&アップスケールのタコレストラン

サンディエゴからハイウエーを北に1時間と少し。オレンジ郡のコスタ・メサにイサム・ノグチの作った庭園「カリフォルニア・シナリオ」があるのを知ったのは割合最近のことです。

昨夏訪れたSFMOMA(サンフランシスコ現代美術館)でノグチの作品に出会い、ドウス昌代の「イサム・ノグチ」の伝記を再読して、こんなに近くに彼の作品があるのに気づきました。

それで、美術の好きな娘が来たら一緒に訪れようと思っていました。

この庭園はSouth Coast Plazaという大きなショッピングモールの一部ですが、たくさんのお店が入っているモールとは少し離れた、高いビルディングに囲まれた場所にあります。

e0351091_428331.jpg

庭園への道を行くと、最初に目につくのは「Water source」(水源)と名付けられた大きな三角形の頂上から流れ落ちる水のフォルムです。

e0351091_4282529.jpg

ドウス昌代の本には「[カリフォルニア・シナリオ]は、イサムが生まれ故郷「カリフォルニア」を、アメリカ開拓の最後の夢をかけた人々の物語に立体化した抒情詩である。」とあります。

e0351091_3104185.jpg

1個20トンほどの万成石を15個組み合わせた「Spirit of the Lima Bean」(ライ豆の精神)。

e0351091_4285979.jpg

日本の石庭に影響を受けたと思われる石と水と土と針葉樹の庭園です。

「カリフォルニア・シナリオ」はイサム・ノグチが82歳の時の作品で、88歳で天寿を全うするまで旺盛な創作意欲を持ち続けた大芸術家の、明らかに傑作の一つでしょう。

この庭園を訪れる前にランチを食べたタコのレストラン、Taco María

とても人気のレストランで、予約なしで行くと、1時間待ちと言われましたが、それほど待つこともなく、テーブルにつくことができました。

e0351091_4301874.jpg

e0351091_4303265.jpg

前菜を2皿頼んで3人でシェアー。帆立のセヴィチェとワカモレ。

e0351091_4304757.jpg

銀ダラのタコと豚の三枚肉のタコ。

セヴィチェとワカモレは美味しかったですが、タコは普通。

30度近くまで気温の上がった南カリフォルニアで、メキシコ料理と美しい庭園を堪能した1日でした。

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-16 04:38 | 無題 | Trackback | Comments(8)

季節はずれの薔薇&洋風豚汁

昨日は何ヶ月かぶりに一日中雨が降りました。こんなにまとまった雨が降ったのは本当に久しぶりのことで、全てが洗い流されて、今朝は曇り空ですが、空気は澄んでいます。

e0351091_3361479.jpg

このザーザーぶりの雨の中、健気に薔薇の花が咲いていました。11月から12月にかけて暖かな日が続いた時に蕾を持ったのです。雨に濡れて折れそうに萎れたバラが気の毒で、切り花にしました。

冬眠のためにそろそろ30センチの長さに切り揃えなくてはいけない時期に、幾つもの花をつけたのは珍しいことです。

さて、昨日の夕食です。お節の残りの食材、牛蒡、蒟蒻、人参、大根、そして豚しゃぶ肉。この材料から思い浮かぶのは豚汁です。

ところが、スーパーからはsole(カレイの一種)のフィレを買ってきてしまったのです。この薄い魚はソテーにするのが一番。

そこで、洋風の豚汁にしてみました。

e0351091_3364079.jpg

具材は炒めず、野菜だし(茅乃舎を使用)で下ごしらえした野菜類を煮た後、豚肉を加えます。最後に西京味噌と生クリーム。

とても美味しくできました。多分ポイントは薄味にすること。また、赤味噌より白味噌や西京味噌の方が合うのでは?と思います。

e0351091_3374664.jpg

soleは水分を拭き取った後、卵の黄身を塗り、アーモンドプードルと少量の小麦粉、塩、白胡椒を混ぜたものをまぶし、バターとサラダオイルでソテー。最後にアーモンドのスライスを軽くローストしたものを散らします。

e0351091_3375836.jpg

薔薇のおかげで一気に春が訪れたような食卓になりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-11 03:40 | レシピ | Trackback | Comments(12)

里芋と豆腐のポタージュ ♪お煮しめの残り物のリメイク♪

お節料理の煮物に里芋の白煮を作りましたが、3個ほど余ってしまいました。

この残り物の里芋と4分の1ばかり余っていたお豆腐と一緒にポタージュにしてみました。

薄味のついている里芋はざっと水をかけて表面の味を落とします。だし汁の中で煮て、水切りした豆腐(ペーパータオルに包んで1分ほど電子レンジにかけます。)と一緒にミキサーにかけます。鍋に移して温めて、最後に白胡椒と生クリームで味を整えます。

e0351091_4113157.jpg

里芋に下味がついているので塩加減はお好みで。器に盛ってから青葱のみじん切りを浮かせました。

里芋のぬめりがとろっとして、熱々の美味しいポタージュになりました。

e0351091_4114525.jpg

メインはローストビーフのサラダ。ローストビーフもお節の一品として作った残り物です。水菜、ルッコラ、さらし玉葱、貝割れ大根、真ん中には卵の黄身の塩麹漬け(これもお重に入れた残りです。)。ドレッシングはモデナのバルサミコ酢とオリーブオイル、塩胡椒。

ビーフが美味しいので、これも美味しいサラダでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-06 04:12 | レシピ | Trackback | Comments(14)

スパイシーな鮪のステーキ

お節のお重に詰めようと塩麹につけておいた鮪の中トロのお刺身。二日漬けておいたら、表面が茶色になっていました。本当は棒状に切って海苔で巻こうと考えていたのです。悪くなってはいませんが、人様にお出しするのはためらわれて、次の日に別の料理にしました。

白・黒・グリーンペッパーの粒、コリアンダー、カルダモンを潰して、生姜のすりおろしを加え水分を拭いた鮪にまぶして、20分ほど置きます。

オリーブオイルをフライパンに熱し、鮪の表面を片面約30秒ずつ焼きました。

e0351091_422048.jpg

一方大事にとっておいた最後の柿、アボカド、柚子胡椒、塩、ライムの汁、オリーブオイル、パセリも香菜もなかったので、三つ葉の千切りを加えてサルサ風にして添えました。

e0351091_424590.jpg

中はまだレアーの状態で、スパイシーな鮪と甘い柿ののサルサがよく合いました。

e0351091_43299.jpg

お節の残りと一緒に。今年はたたき牛蒡が美味しくできました。多分、縦半分に切ったゴボウのスの入っている部分を取り除いたからかもしれません。柔らかでありながら、シャキシャキとした歯ざわりも残っていました。

2−3日はお節の残りを変身させながら料理するのもまた楽しみです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-05 04:04 | レシピ | Trackback | Comments(2)

2018年 元旦

明けましておめでとうございます。

昨年は私のブログに沢山の方々にお越しいただき、本当にありがとうございました。今年もマイペースですが、できる限り続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

大晦日は友達と二人でお節を作りながらおしゃべり三昧。夜は録画した紅白歌合戦を楽しく批評しながらシャンペンを飲んで年を越しました。

そして元旦の今日は日本人の友達を招いてお正月のお祝い。飲んで、食べて、お喋りして、またまた楽しいひと時を過ごしました。

お重はいつものように母から受け継いだ春慶の茶懐石用の小さなお重に一人ずつ詰めました

e0351091_103559100.jpg

お重の外側の左下から酢だこ(鰹出汁、酢、砂糖、醤油)、鯛の昆布締めの翁和え、桜茶、煮物(里芋の白煮、蒟蒻、筍、椎茸、人参、絹さや、銀杏)。里芋の白煮は水、砂糖、塩。筍は鰹だし汁、醤油、みりん。干し椎茸はつけ汁と鰹出汁、砂糖、醤油。こんにゃくは鰹だし汁、砂糖、醤油。絹さやは塩茹で、人参は鰹出し汁、砂糖、少量の酢と塩。そして塩銀杏。なます(自家製干し柿入り)。黒豆。

e0351091_10362739.jpg

お重は左上から、蒲鉾、伊達巻、鮭の照り焼き、蓮根のたらこ詰、八幡巻き、ローストビーフの貝割れ巻き、鶏肉の照り焼き、海老のうま煮、鴨のロース煮、卵の黄身の塩麹漬け、華頂山きんとん、たたきごぼう、ゆり根の甘煮(桜の花びら添え)、数の子の塩麹漬け、田作り。

e0351091_10372968.jpg

蒲鉾だけは市販品ですが、後は全部手作りです。

e0351091_10374661.jpg

お雑煮は鰹出汁の吸い物に大根と人参の千切り。鶏肉は酒と塩だけで別に煮ておきます。鉢植えのミツバ、柚子の皮、いくらを添えて。

e0351091_1038420.jpg

デザートはさっぱりと洋梨を白ワインとグレナディン(石榴のシロップ)でポーチしました。薄紅色の優しい色がお正月にふさわしく仕上がりました。

e0351091_10381938.jpg

お花やワインやお酒をお土産にいただき、誠にありがとうございました。

今年も美味しく楽しい幕開けとなりました。

皆様にとっても健康で良い年になりますようにお祈りしています。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-02 10:44 | レシピ | Trackback | Comments(14)