やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

休日のお昼と夕食

アメリカでは5月の最終月曜日はMemorial Day(戦没者追悼記念日)のホリデーです。(今年は5月30日)

夏の始まりを告げる日でもあり、庭でバーベキューを楽しむご家庭も多いことでしょう。5、6月と曇り日の多いサンディエゴは今日も朝からどんよりとしていますが、私にとっても久しぶりの三連休。

いつもより少し丁寧に掃除などをし、あとはのんびり。そんな日のお昼と夕食は手をかけずに。

e0351091_2583380.jpg

ランチはめったに作らないオムレツ。残っていた生ハムと鉢植えから色々なハーブを中に入れて、先日豚挽きハンバーグの時に作ったトマトソースをかけて。

e0351091_2584812.jpg

オムレツは何十年も作っているけれど、苦手な一つです。何度作っても見た目がイマイチ。

夕食は前日に作っておいた鰯の生姜煮がメイン。水、酒、醤油、みりん、皮付き生姜、梅干しを入れて落としぶたをしてコトコト炊いたもの。一晩置いて味がしみこんで美味しい。(冷凍でないこの鰯、日本からの直輸入です。頭と内臓のない4尾で3ドル台でした。)

e0351091_259894.jpg

とろみをつけすぎてしまったあんかけ豆腐。エリンギのバター醤油炒め。アスパラガスのわさび醤油和え。

最後は紫蘇ジュースで残った紫蘇の葉のふりかけのおにぎり。この紫蘇のふりかけ、何かが足りない。錦松梅のように松の実を入れようと思ったのですが見つからず、胡桃をローストして加えました。

e0351091_2592755.jpg

それでコクが出て美味しくなりました。次回は木耳も入れてみようと思いました。

これを全部お腹に納めたわけではありませんので、念のため。おにぎり1個と鰯2尾は翌日のお昼のためにとっておきました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-31 03:01 | レシピ | Trackback | Comments(14)

赤紫蘇ジュース_2016

今年も日本食料品店に赤紫蘇が出回りました。大きく立派な一把を買い求め、早速ジュースに。

e0351091_394732.jpg

昨年と作り方は同じですが、分量を少し変えたので、備忘録として書いておきます。

赤紫蘇の葉っぱ(138g)をよく洗い、水(600ml)を煮立てた中に、ひとつかみずつ入れて5分煮出します。

漉して、葉っぱもよく絞ります。汁を鍋に戻し、オーガニックの砂糖(60g)、蜂蜜(40ml)を加えて煮溶かし、10分ほど静かに煮ます。アクが出たら掬い取ります。

レモン汁(1個分)を加え、さらに3−4分煮て、冷めたら瓶に移し冷蔵庫で保存します。

e0351091_310691.jpg

大さじ3杯の紫蘇ジュースに水(150ml)を加えて、お好みで氷を加えます。今回は甘さも丁度よくなりました。

e0351091_3102540.jpg

残った葉っぱは刻んで酒、砂糖、醤油で炒り煮にし、ふりかけに。最後に白胡麻と七味唐辛子を加えました。

今日はあいにく霧雨の涼しい日ですが、これから夏に向かって爽やかな飲み物として重宝しそうです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-30 03:11 | レシピ | Trackback | Comments(12)

キャラウェイ風味の豚ひきハンバーグ

麻婆豆腐にしようと思って買っておいた豚ひき肉ですが、南瓜のスープに合わせるため、洋風にすることにしました。

レシピはCraig Claiborneの「New York Times Cookbook」から、キャラウェイ風味のハンバーグ。キャラウェイ(姫ういきょう)はあまり馴染みがないスパイスかもしれませんが、イギリスにいた時はクッキーに時たま使っていました。

e0351091_3272056.jpg

レシピは下に書きしたが、トマトソースとキャラウェイのユニークなスパイスで、美味しくできました。

さて、南瓜のスープは前日の鮭のポーチに使った野菜のエキスがたっぷり入った汁です。野菜は切れ端がほとんどなので、美味しくないので、捨てます。でも、しっかり煮えた野菜をお玉で押しつぶして、エキスを出します。

e0351091_327342.jpg

玉ねぎのみじん切り、電子レンジで柔らかにして皮をむき、一口大に切った南瓜をバターで炒め、上記の野菜ストックを加えて煮ます。粗熱が取れたらミキサーで撹拌。

牛乳で少し緩め、魚の匂いを消すため白味噌を加えましたが、充分ではないようです。浮き実はオレガノ。鮭の匂いを消すためのものを何にするか、もう少し研究が必要なようです。

e0351091_3275273.jpg

残っていたアボカド、ミニトマト、鉢植えからハーブ類(オレガノ、イタリアンパセリ、タイム、ミント、バジル、ソレル、レモンバーム)を加えて香り豊かなサラダです。ドレッシングは塩胡椒、レモン汁、オリーブオイルをかけただけのシンプルなものです。

この日はしっかりとした夕食で、お腹一杯いただきました。


キャラウェイ風味の豚ひきハンバーグ
レシピ:Craig Claiborne著「New York Times Cookbook」参考
材料(二人分)


豚ひき肉  400g
生パン粉  125ml
キャラウェイ 潰して小さじ1 (または粉末小さじ1/2)
塩胡椒 適宜
バター 大匙1

トマトソース
玉ねぎ 中半個 みじん切り
ガーリック  1片 潰してみじん切り
バジル (できればフレッシュなもの)2枚
ローリエ 1枚
タイム (できればフレッシュなもの)1本
トマトの缶詰 約2カップ (フレッシュなものを同量皮をむいて使っても良い)
オリーブオイル 適宜
塩胡椒 適宜

1.豚ひき肉、生パン粉、キャラウェイ、塩胡椒をよくこねて、ハンバーグの形にして、冷蔵庫に入れる。

2.オリーブオイルで玉ねぎ、ガーリックをよく炒める。トマトとハーブ類を入れて20分煮込む。

3.ハンバーグをバターで炒める。

4.ハンバーグを皿に盛り、トマトソースをかける。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-29 03:29 | レシピ | Trackback | Comments(11)

ワンプレートディナー ♪遅めの夕食に♪

皆さんの夕食時間は何時頃でしょう?

私は普段は6時から7時の間ですが、時に8時半頃になります。そんな時はすぐに温められるものか、あるいは冷たくとも良いものを作っておきます

昨夜は鮭をポーチして、グリーンマヨネーズのソースでいただきました。

冷蔵庫に残っている野菜の切れ端、ポロネギ(リーク)の緑の部分、フェンネルの茎と葉っぱ、人参、セロリ、鉢植えからパセリ、水と白ワインを入れ、ローリエ、潰したガーリック、胡椒粒、鷹の爪も加えて15分ほど煮ます。

チーズクローズかペーパータオルで包んだ鮭を底に沈めて、静かに数分。火を止め、蓋をしてそのまま置いておきます。

鍋がコトコト言っている間に、マヨネーズを作り、パセリのみじん切りを加えます。(お好きなハーブをお使いください。)

e0351091_25572.jpg

お皿に盛ってから、皮や骨を取り除き、余分な汁はペーパータオルで拭き取ります。

アスパラガスは皮をピーラーで剥いてから、ラップをかけて、電子レンジで1分。(太さによって時間は加減してください。)

ミニトマトとレモンを飾り、ワンプレートディナー。

冷えた白ワインをお供に、お一人様の軽めの夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-28 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(14)

マグロとアボカド丼 & 揚げ豆腐とカラフルピーマン

アメリカのスーパーでは新鮮なお魚が手に入らないのが、魚好きの私にとっては辛いところです。

特にお刺身は日本食料品店でなければ、安心して買うことができません。そういうわけで、昨日も日本食料品店を訪れました。

週の半ばは品薄なのですが、それでも美味しそうなマグロのお刺身を買うことができました。小さいサクをそのまま塩麹で4時間ほど締め、アボカドとレモン汁、柚子胡椒、紫蘇の葉、醤油で和えて丼に。

e0351091_2331578.jpg

温かなご飯の上にたっぷり刻み海苔をかけて、上にはお買い得品だったイクラをのせました。何度も書いていますが、いつでもこういう食材が手に入る南カリフォルニアは住みやすい所です。

e0351091_2333061.jpg

お豆腐は揚げ豆腐にして(豆腐は水切りして片栗粉をまぶし、多めのサラダオイルでソテー)、さっと湯がいたミニピーマンの千切りとミニトマトをのせました。

鰹だしに醤油、有るか無しかのみりんを加えただし汁をたっぷりかけ、刻み葱と生姜の薬味をのせて。

和食を頂くと、やはりほっとして、心が静まるから不思議です。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-27 02:35 | レシピ | Trackback | Comments(12)

誰かさんの誕生日

昨日、チャー君は9歳になりました。

3ヶ月の子犬でやってきたチャー君。いつの間にかこんなに長い時間を一緒に過ごしてきたのですね。

e0351091_252550.jpg

二日前にグルーミングをして綺麗になったチャー君。お店で見つけた水色のドーナツがバースデープレゼント。

e0351091_2521894.jpg

咥えたままあちこちへウロウロした挙句、意を決したようにバクバクと屑も残さず綺麗に食べました。

e0351091_2523190.jpg

これからもお互い元気で仲良くやっていこうね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-25 02:53 | ペット | Trackback | Comments(12)

杏ジャム&杏ジャム入りクッキー

2ヶ月ごとにチェックする車のタイヤの空気圧。メールでリマインダーが来たので行ってきましたが、これが無料なのです。

その帰りに寄ったスーパーで見つけたオーガニックの杏。1ポンド(約450g)で$1.98とお買い得だったので色の良いものを20個求めました。

e0351091_240940.jpg

どうせ酸っぱいでしょうから、これはジャム用。綺麗に洗ってから縦半分に切り、種を取ります。この状態で計ると約820g。1/3の量の砂糖と言うと、270g強。砂糖を計りながら、その量の多さにびっくりし、いつも途中でやめてしまいます。この日も200gでストップ。

半分に切った杏に50mlの水を加え、蓋をして、時々かき混ぜながら柔らかになって、形が崩れるまで煮ます。そこへ砂糖を入れ、焦げないようにかき混ぜながら弱火でトロッとなるまで煮詰めます。

e0351091_2403252.jpg

火を止めてからレモン汁小匙1とキルシュ小匙1を加え、熱いうちに綺麗な瓶(ウオッカで湿らせたペーパータオルで丁寧に瓶と蓋を拭きます。)に詰めて、そのまま冷ましてから冷蔵庫へ。

e0351091_2404396.jpg

トーストに塗ったり、ヨーグルトにかけたり、でも、甘さがないぶん日持ちはしませんから、さっさと消費しなくてはいけません。

そこで、杏入りクッキーを作ることにしました。何の予定もない日曜日はお菓子を焼くのにもってこいの日です。

e0351091_241152.jpg

柔らかなのにさくっとして、甘酸っぱい杏の香り良い美味しいクッキーになりました。

タッパーのような容器に入れれば、室温で4日、冷凍すれば2ヶ月もちます。


杏ジャム入りクッキー
レシピ:Dorie Greenspan著「Baking」を参考
材料(直径約5センチのクッキーが35−40枚)
   カップはアメリカサイズの250ml

小麦粉  2カップ
ベーキングパウダー  小匙1
塩  小匙1/4
無塩バター 大さじ8 室温にする
砂糖 2/3カップ弱
卵  大1個
牛乳  大匙2
ヴァニラエッセンス 小匙1/2
生姜のすりおろし  小匙1
杏ジャム 1/4カップ

1. オーブンを190度C(375度F)に温めておく。

2. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩をボウルの中でかき混ぜておく。

3. バターが白っぽくなるまでよくかき混ぜ、砂糖を加えて更によくかき混ぜる。(スタンドミキサーをお持ちの方は、パドルのアタッチメントをお使いください。)

4. 卵を加え、更にかき混ぜ、牛乳、ヴァニラエッセンスを加えて混ぜる。(もろもろになりますが大丈夫です。)

5. 杏ジャムと生姜のすりおろしを加え、かき混ぜ、最後に粉類を入れかき混ぜる。(粉類が見えない程度に混ざれば良い。)

6. 小匙2本で直径4センチくらいの種を2.5センチの間隔をあけて、パーチメントペーパーを敷いた鉄板の上に落としていく。

7. オーブンで10−12分、途中上段下段、前後の向きを変える。表面はまだ白っぽいが、周囲が狐色になれば良い。

8. オーブンから出して、1分ほどしてからラックに移し、完全に冷めてからサーヴする。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-24 02:43 | レシピ | Trackback | Comments(14)

鰆のピカタ&蛸とカラフルピーマンのマリネ

日本食料品店でお買い得だった鰆の切り身。菜種焼きや黄身焼きなど卵と相性の良い鰆ですので、ピカタにしてみました。

鰆は塩麹にマリネすること数時間。中骨が付いていたので取り除き、(中骨は捨てないで下さい。)二つに削ぎ切りにして、小麦粉を叩き、卵に三つ葉の千切りを混ぜたものにくぐらせて、サラダオイルでソテーしました。

e0351091_254889.jpg

残った卵は最後に炒り卵にして、上にのせます。付け合わせは空豆の醤油煮。酒と醤油だけで汁がなくなるまでゆっくり煮含ませました。

もう一品は蛸と緑、赤、オレンジ色のミニピーマンと玉ねぎの和風マリネ。レモン汁、オリーブオイル、塩、醤油(あったら白醤油)、柚子胡椒の中でしばらくマリネして、最後に紫蘇の葉の千切りを加えました。

e0351091_2542784.jpg

蛸は波切りにして、味を馴染みやすくします。(豊富な知識をお持ちのtanaさんに教わったやり方です。)さっぱりと、野菜もたっぷり、そして色鮮やかです。

e0351091_2544061.jpg

取り除いた鰆の中骨はお吸い物に。厚揚げ、しめじ、スナップエンドウを加えて、良いお出汁が出て美味しいお吸い物になりました。

品揃えが豊富な週末の日本食料品店で買い求めた食材で、私好みの美味しい夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-23 02:56 | レシピ | Trackback | Comments(11)

チェリークラフティ_2016

チェリーがたっぷり入ったプディングのようなクラフティ。今年も作りました。

e0351091_3551018.jpg

種を取らずにそのまま入れるので、横着な私にはうってつけのレシピです。

いつもと同じレシピなのに、焼く時間が1時間もかかりました。普通は45−50分ですが、オーブンの気まぐれでしょうか?

e0351091_3552790.jpg

甘さ控えめなので、朝食にもなります。

レシピは旧ブログにしか載っていませんので、改めて載せます。

チェリークラフティ
レシピ:Dorie Greenspan著 「around my french table」を参考
材料(23センチ、9インチのケーキ型:底が抜けないタイプ)
   カップはアメリカサイズの250ml


チェリー  約450g 軸は取り除くが種はそのままで良い
卵  3個
オーガニックの砂糖  1/2カップ弱
塩  ひとつまみ
ヴァニラエッセンス  小匙1
小麦粉  1/2カップ
牛乳  3/4カップ
生クリーム  1/2カップ

粉砂糖 (飾り) 適宜

1. オーブンを180度C(350度F)に温めておく。

2. ケーキ型にバターを塗り、チェリーを隙間なく並べる。

3. 卵を良くかき混ぜ、砂糖を入れて、更によくかき混ぜる。

4. 塩、ヴァニラエッセンスを加えてかき混ぜ、小麦粉を入れて、滑らかになるまでかき混ぜる。

5. 更に牛乳と生クリームを少しずつ加えながら混ぜる。泡を消すために、ボウルの底をトントン叩いて、ケーキ型に静かに流し込む。

6. オーブンの中断に入れ、50分から1時間、真ん中に串を刺して何もつかなくなるまで焼く。冷めてから型から出し、粉砂糖をふりかけ、室温でサーヴする。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-22 03:56 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ジプシー風豚肉料理

豚肉を数時間ブラインした後に調理した料理です。

e0351091_2561240.jpg

ジプシー風とはこのレシピの著者であるMario Bataliさんによれば、カラフルで量がたっぷり、辛味の効いたお祭り気分、ということなそうです。

e0351091_2562319.jpg

ブラインすると、下味もつき、お肉も柔らかになります。後はソテーした後、野菜類を炒め、辛口白ワインと一緒にお肉を少し煮るだけ。とても簡単ですが、美味しい一品です。

e0351091_2563411.jpg

付け合わせは残っていたほうれん草を使いきりたくて、じゃが芋とガーリックとアンチョビ炒めです。


ジプシー風豚肉料理
レシピ:Mario Batali著「Molto Italiano」を参考
材料(二人分)


豚肉  少なくとも厚さ1センチのもの4枚 (骨つきポークチョップが一番適していますが、今回私が使ったのは骨なしです。)

ブライン液
水 85ml + 550ml
塩 (アメリカではコーシャーソルト、粗塩に近いもの) 40ml
ブラウンシュガー 40ml
胡椒粒  数個
ローリエ 1枚

水(85ml)とその他の材料を火にかけて、塩、砂糖を煮溶かす。火からおろして、水(550ml)を加えて、豚肉を入れ、冷蔵庫で数時間から一晩おく。

小麦粉 適宜
オリーブオイル 適宜
パプリカまたはピーマン 2個 千切り なるたけカラフルに
玉ねぎ 半個 縦に半分に切ってから半円にスライス
黒オリーブ 数個 種を取りみじん切り
鷹の爪 1本 種を取る
ケイパー 汁ごと小匙1
辛口白ワイン 125ml
胡椒 適宜
青葱、バジルなど 適宜

1. 豚肉はブラインの液から取り出したらよく水で洗い、水分をふき取る。小麦粉を軽く叩いて、オリーブオイルで両面ソテーする。

2. 豚肉を別皿に取り、白ワイン以外の材料を加えて、よくかき混ぜながら、炒める。

3. 白ワインを加え、フライパンにこびりついているものをこそげ取るようにしてから、煮立ったら火を弱め、豚肉を入れて、完全に火を通す。

4. 胡椒を加え、味を確認して青葱、バジルなどを飾りサーヴする。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-21 02:59 | レシピ | Trackback | Comments(10)