やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

手巻き寿司の余りで変身料理

クリスマスに友達が開いてくれた豪華な手巻き寿司パーティー。とても豊富なご馳走だったので、余った食材や料理を皆で持ち帰りました。

e0351091_2593716.jpg

その日のうちに塩麹に漬けておいた鮪とハマチは次の日のお昼に。寒かったのですし飯にはせず、温かなご飯の上に刻み海苔をたっぷりのせ、鮪とハマチを切って、烏賊はカラスミと一緒に。鉢植えの三つ葉の千切りと戴いて来た柚子の千切りを散らして、とても美味しい海鮮丼になりました。

e0351091_2595457.jpg

夕食はやはり戴いてきた蟹でかに玉。卵(2個)をほぐして青葱のみじん切り(小1本)チキンストック(大匙2−3)、水溶き片栗粉(約大匙1)、塩胡椒の中に蟹を加え、中華鍋で蒸し焼きにします。一方チキンストックに酢、醤油、少量の砂糖で調味し、水溶き片栗粉を入れて餡を作って、かに玉の上にかけます。

e0351091_301016.jpg

青葱のみじん切りをかけて、熱々を。蟹がたっぷり入ったカニ玉、とても美味しく出来ました。

e0351091_303865.jpg

烏賊はさっと湯がいてセロリと酢の物。セロリはevecookymamaさんに教わったように、米酢、醤油、昆布に一日漬けておいた物です。昆布が良い味を出して美味しい副菜です。

鮭は友人のお宅で即昆布締めにしたもので、友達と3人で分けました。クリスタルの塩を振りかけましたが、昆布からの自然の塩と旨味が鮭を美味しくしてくれました。

そして2日後。まだ少し残っていた塩麹に漬けた鮪とハマチはアボカドと一緒に柚子胡椒和え。ハマチの方は表面をさっとオリーブオイルでソテーし、ペーパータオルで脂分を拭き取りました。

e0351091_311669.jpg

香菜と青葱のみじん切りも加えて少しエスニック調の丼物です。

残った手巻きの具材のお陰で素敵な私の三食分の食事になりました。どうもご馳走さまでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-30 03:03 | レシピ | Trackback | Comments(6)

高級缶詰でちょっとリッチなディナー

日にちが前後しましたが、備忘録としてクリスマスイヴの夕食をアップします。

一人で開けるにはもったいないと思っているうちに3年も過ぎてしまったフランスからのフォアグラの缶詰。(ご存知、カリフォルニア州ではフォアグラを作ることも売ることも禁止されていますが、他所から持ち込むことは大丈夫です。)それでも普段の日には開けたくなく、クリスマスイヴに遂に食べることに決めました。

e0351091_246681.jpg

リンゴと洋梨をバターで炒め、ブランデーを注いでフランベしたものを添えて。パセリとピンクペッパーで少しだけクリスマスの色に。

e0351091_2461828.jpg

先月スペインから買って帰った鰹の缶詰はスペインのバルで出て来たようにピミエントと一緒に。(赤いパプリカをローストしたものです。)唐辛子のピクルスを買い忘れたので、冷蔵庫の中のコーニションで代用。

これにもパセリを入れて緑と赤のクリスマス色に。やはりバルの真似でオリーブオイルを回しかけ。

e0351091_2463975.jpg

ほうれん草とミニトマトでリースのように、ちょっと遊んでみました。これはバルサミコ酢をかけただけ。

フォアグラの缶詰は3年以内に食べるようにとあり、ほんの少し期限を過ぎていましたが、美味しくいただきました。バゲットが美味しかったら言うことなしだったのですが。

鰹の缶詰は2種類買ったうちの安い方だったのですが、美味。まだ開けていない高い方はちょっと期待してしまいますね。

e0351091_247489.jpg

料理という程の物ではありませんが、美味しい缶詰で簡単ながらリッチな気分に浸ったイヴの夕食でした。

さて、フォアグラは一度に沢山食べられる物ではないので、夕べは残ったフォアグラでパスタに。このレシピはNew York Timesのコラムを拝借しました。

缶詰のフォアグラは黒胡椒と赤ワインと一緒に泡立て器でよくかき混ぜておきます。

バター(またはダックの脂)をフライパンで熱し、エシャロットのみじん切りを炒め、チキンストックを加えて煮詰め、フォアグラと赤ワインを加えて少し火を入れます。

e0351091_247265.jpg

アルデンテに茹でたパスタ(私はリングィーニを使用)を絡めて、スライスしておいたフォアグラとパセリ、ピンクペッパーをのせ、最後にトリュフの代わりにトリュフ入りのオイルをかけて出来上がり。

贅沢でとても美味しいパスタです。

e0351091_2473857.jpg

夕べのもう一品は到来物のスモークサーモンをフェンネルとピミエントのサラダと共に。フェンネルは薄切りにして、塩、シャンペンヴィネガー、黒いマスタードシードと和えました。

e0351091_24894.jpg

そしてデザートはこれも残り物の活用。ケーキのフィリングで余ったクリームチーズ入りの生クリームにフレッシュなラズベリーとラズベリーソースをかけて。サブレーを添えて美味しいデザートになりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-29 02:51 | レシピ | Trackback | Comments(10)

ベリー・サプライズ・ケーキ  2015年のクリスマスケーキ

クリスマスの手巻き寿司パーティーに持っていったケーキのご紹介です。

この仲間のパーティーでは殆どいつも私がデザート担当なので、段々レパートリーが無くなり、かなり頭を悩ませました。

e0351091_3172685.jpg

先日作ったフルーツケーキでも良いのですが、少し華やかさに欠けます。タルトは感謝祭のときに作りましたので別の物、車とは言え持ち運びが楽なもの、これらの問題をクリアーして作ったのが、表題のケーキです。

e0351091_3174555.jpg

ベリー・サプライズのベリーはberryでveryではありません。

e0351091_3175794.jpg

スポンジケーキの真ん中をくりぬいて、中にクリームチーズ入りの生クリームとラズベリーを入れて、外からは中味が見えないので、このような名前をつけたのだそうです。

e0351091_3185058.jpg

外側は生クリームで白い雪を表し、ラズベリーとミントでクリスマスの色にしてみました。

甘さもとても控えめで、ラズベリーがたっぷりですので、軽いケーキです。皆さんお腹一杯お寿司を召し上がった後でも、すんなりお腹に収まりました。

e0351091_3191874.jpg

たっぷりラズベリーソースをかけてお召し上がり下さい。

e0351091_3193254.jpg

フルーツケーキはスライスしてクッキーと一緒に皆さんへのささやかなお土産にしました。


ベリー・サプライズ・ケーキ
レシピ:Dorie Greenspan著「Baking」参考
材料:直径8インチ(20センチ)のケーキ型1個分 (8−10人分)
   カップはアメリカサイズの250ml


ケーキ

小麦粉  2/3カップ
ベーキングパウダー 小匙3/4
塩  ひとつまみ
卵  大4個
砂糖 2/3カップ
ヴァニラエッセンス 小匙1
無塩バター 大匙2  溶かした後室温にする

シロップ
水  1/3カップ
砂糖 大匙3
キルシュ、又はシャンボールかラズベリーシロップ  大匙1

フィリング
クリームチーズ  170g (6oz) 室温にする
生クリーム  1/2カップ+2/3カップ
砂糖  大匙1
ヴァニラエッセンス  小匙1と1/2

トッピング
生クリーム  1カップ
粉砂糖  大匙3 ふるいにかける
ヴァニラエッセンス  小匙1

フレッシュなラズベリー  2−3カップ

ケーキ
1.オーブンを180度C(350度F)に温め、ラックを真ん中にセットする。

2.高さが7センチ、直径20センチの丸いケーキ型にバターを塗り(分量外)粉をはたき、底にパーチメントペーパーを敷く。

3.小麦粉、ベーキングパウダー、塩を一緒にふるいにかける。

4.砂糖と卵をボウルの中でかき混ぜ、そのボウルを静かに煮たっている鍋の中に入れて、約3分やっと触れるくらいの熱さになるまでかき混ぜる。ヴァニラエッセンスを加える。

5.スタンドミキサーで、4を更に5分、3倍の量になるまでかき混ぜる。

6.ゴムベラで半量の粉類をさっくりかき混ぜ、溶かしたバターを加える。バターが底に残らないように気をつける。残りの粉類を加え、生地を潰さないようにかき混ぜ、ケーキ型に流し入れ、オーブンの中段に入れる。

7. 30−33分、中央に串を刺して何もつかなくなったら、オーブンから取り出し、ラックの上で5分冷ます。

シロップ
水と砂糖を小鍋に入れて煮立ったら弱火にし1分。火を止めてリキュールかシロップを加えて、室温にする。

フィリング
1. クリームチーズを泡立器でクリーム状にする。その中に少しずつ生クリーム(1/2)を加えていく。
2. 1の後のボウル(洗う必要はない)に2/3カップの生クリームをしっかり泡立てて、1/4を1に加えかき混ぜてから残りのクリームを加えてかき混ぜる。(このボウルはまた使うので、この時点で洗う必要はない。)

トッピング
1カップの生クリームをしっかり泡立てる。

アセンブル
1.ケーキを端から1−1.5センチ残して、丸くくりぬく。中のケーキはスプーンなどで搔き出す。(かき出したクラムはそのまま食べるか、アイスクリームやヨーグルトのトッピングにする)

2. 中の表面にシロップを塗る。

e0351091_3195214.jpg

e0351091_320521.jpg

3. クリームチーズと生クリームのフィリングを底に軽く塗リ、ラズベリー(水分を拭く)を並べ、その上にクリームチーズ入りの生クリームをかぶるように塗る。

e0351091_3201972.jpg

4.くりぬいておいたケーキのトップをかぶせ、トップと側面に生クリームを塗る。ラズベリーとミントで飾る。

e0351091_3203237.jpg


ラズベリーソース
ラズベリー(約1カップ)をフードプロセッサーでピュレにし、裏ごし、種を取る。砂糖(小匙1ー大匙1)とキルシュなどを加える。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-28 03:21 | レシピ | Trackback | Comments(10)

2015年のクリスマスは友達と手巻き寿司パーティー

例年になくとても寒いサンディエゴです。クリスマスから一夜明けた26日も冷たい風が容赦なく吹き付け、毎日のワンちゃんとの散歩を躊躇する程です。

さて、昨日のクリスマスはいつもの仲間のうち6人が友人宅に集まり、手巻き寿司で大いに盛り上がりました。副菜は皆の持ち寄りです。

e0351091_2241018.jpg

テーブルセッティングもクリスマスらしい華やかさ。

e0351091_2244617.jpg

お寿司のネタもマグロ、ハマチ、締め鯖、烏賊、帆立、鮭、平目、蟹、イクラ、雲丹と超豪華です。

e0351091_225234.jpg

野菜類は胡瓜、貝割れ、沢庵、梅干しのタタキ。

e0351091_2254044.jpg

筑前煮、胡瓜と鶏肉の和風サラダを持って来て下さった方。
 
e0351091_2255961.jpg

アゴ出汁で作った鶏つくねのお吸い物

e0351091_2261415.jpg

大ぶりの鉢に海老、銀杏、椎茸が入った茶碗蒸しを作った方。いらしてから蒸して、熱々を取り分けて戴きました。

e0351091_226414.jpg

どれもこれも素晴らしく美味しかったです。そして尽きないお喋り。

娘夫婦はクリスマス前に婿さんの実家に行き、私は娘のワンちゃんのドッグシーッター。でも、良い友達と一緒に楽しいクリスマスを今年も祝うことが出来ました。良い友達を持ったことに感謝!

私が作ったデザートは明日アップいたします。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-27 02:32 | クリスマス | Trackback | Comments(6)

クリスマスイブ 〜フルーツケーキ_2015〜

日本はもうクリスマス当日の25日を迎えたことと思いますが、サンディエゴはまだ24日のお昼です。

e0351091_6203731.jpg

4日前の日曜日、いつもよりおめかししたフルーツケーキ、チョコレート・スノーボール、サブレーを作りました。

お世話になった方にどうしてもプレゼントしたくて、頑張りました。

e0351091_621246.jpg

フルーツケーキのレシピは古いブログにものっていますが、改めてのせました。色々なレシピを参考にしてたどり着いた私のヴァージョンです。

e0351091_6213558.jpg

チョコレートスノーボールはフランスにお住まいのFleur de selさんのレシピです。我が家のクリスマスの定番になって久しくなりました。この1年以上もブログをお休みしているFleur de sel さん、如何していらっしゃるでしょう。

彼女の美しく美味しそうなお料理のブログの再開を待ち望んでいるのは私だけではないと思います。

e0351091_6215274.jpg

皆様が素敵なクリスマスをお過ごしになられますように!

e0351091_6221625.jpg


ドライフルーツと胡桃とラム酒のフルーツケーキ(パウンドケーキ)

材料:
18cmx8cmのパウンドケーキ型 (今回は2個作ったので下の量の倍で作りました。)
   材料のほとんどはオーガニックです。特に砂糖は無漂白のオーガニックは甘さもくどくなく美味しいです。

無塩バター  大匙8 (アメリカでは1スティック、およそ115g)室温にする
砂糖  80g
卵  2個  室温にする
無漂白小麦粉  90g
アーモンドプードル  30g
ベーキングパウダー  小さじ1/2
胡桃  軽くローストして刻んで約カップ1
ドライフルーツ: レーズン、サルタナ(白葡萄)、カラント、クランベリー、アプリコットなど カップ1−2  ラム酒(分量外)に少なくとも3日漬けておく (特にアプリコットは二酸化硫黄の処理をしていないもので、色は悪いですが美味しいです.)
ラム酒  大匙2-3

グレーズ  
アプリコットジャム 大さじ3 裏ごしする
ラム酒 大さじ1
水 適宜

飾り
干しイチジク(白)、チェリー(カクテル用のオーガニックのマラスキーノチェリーを使用)、ピスタチオ、プルーン、バナナチップなど

1. ドライフルーツは水分を切っておく。

2. オーブンを350度F(170度C)に温める。

3.バターを良くかき混ぜ、白っぽくなったら砂糖を加え、更にかき混ぜる。

4.卵をほぐし、少しずつ加えてよくかき混ぜる。

5.胡桃とドライフルーツに小麦粉(分量外、大体大さじ1−2)をまぶし、加える。ラム酒大匙1も加える。

6.小麦粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダーを2回ふるってから加え、ゴムベラでかき混ぜる。

7.バターを塗り、更にパーチメントペーパーを敷いてその上から更にバターを塗った型に流し込む。真ん中をへこませて、350度F(170度C)に温めたオーブンの中段で、40ー50分ほど、竹串をさしても何もつかなくなるまで焼く。

8.オーブンから出して、まだ温かいうちに、残りのラム酒を刷毛で表面に塗る。

9. ケーキが冷めたらグレーズの材料を混ぜて電子レンジで温めて(または小鍋で火を通す。)ゆるくして、ケーキの上に塗る。ドライフルーツやナッツ類を飾り、その上から更にグレーズを塗る。

10.ラックの上ですっかり冷えてから薄くスライスしてサーヴする。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-25 06:23 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ラクレット

スイスに遊びにいった友達からラクレットチーズをいただきました。聞いたことはありますが、食べるのは始めて。

e0351091_2374244.jpg

ラクレットチーズは溶かしながら野菜やパンに付けて食べるチーズで、本来は専用の器具がありますが、ホットプレートで代用できます。

e0351091_238655.jpg

まずは毎年送って下さる美味しいスモークサーモンで前菜。胡瓜はピーラーで薄く剥き、塩、少量の砂糖、シャンペンヴィネガーに10分程マリネしたものです。これがとてもスモークサーモンに合います。

e0351091_2382452.jpg

丸のまま蒸した皮付きのじゃが芋

e0351091_2383757.jpg


エリンギ、生椎茸、ソーセージ、ブロッコリ(固めに蒸しました)。トマトは口直しに。
e0351091_24219.jpg


イマイチのバゲットは表面をさっと水で濡らし、200度C(400度F)のオーブンで5分。パリッとして美味しくなります。(娘の友達のシェフから教わりました。。)

e0351091_2393355.jpg

チーズが溶け始めたら、野菜やパンにからめて食べます。真ん中にホットプレートを置き皆でワイワイ。楽しいパーティーフードです。

じゃが芋とブロッコリが特に美味しかったです。

e0351091_2394678.jpg

お供は2004年のCabernet Sauvignon。8年くらいワインラックに置かれて忘れていたワインなので、お酢になっていないか心配したのですが、馥郁とした香りの成熟した大人のワインになっていました。

e0351091_2395979.jpg

思いがけず美味しいワインと珍しいラクレット。お土産を下さったお友達に感謝です。ありがとう!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-24 02:46 | レシピ | Trackback | Comments(6)

娘夫婦と和食三昧

娘夫婦が車でやって来ました。サンフランシスコからは8−9時間の旅程です。今回は途中で1泊したようですが、我が家へは夕方の到着。

娘のリクエストで、この日は和食。私も久しぶりの娘夫婦と一緒に夕食ということで、テンションが上がり、いつの間にかこんなに作ってしまいました。

e0351091_6302588.jpg

一晩昆布で締めた平目。そして塩銀杏

鱈の白子が手に入ったので大根おろしとポン酢で。好きかどうか心配だったのですが、二人とも美味しいと言って食べてくれました。

e0351091_6303750.jpg

紅葉おろしにするはずが、忘れて大根を擂り下ろしてしまい、後で鷹の爪の薄切りをのせました。ポン酢はお醤油に昆布の切れ端を入れて2−3日置いたものにレモン汁。

e0351091_6305384.jpg

柿と大根と春菊の胡麻和え。本当はtanaさんがお作りになったように生の春菊を試したかったのですが、ちょっと萎びていたのでさっと湯がきました。

e0351091_632975.jpg

トリ貝と思って買ったらフレッシュなホッキ貝でした。これはバター炒め。

e0351091_6322228.jpg

とても良い雲丹が手に入ったので。私のお皿の上は崩れてしまっていますが、普通の倍くらいの大きさでした。良い方を写真に撮らず大失敗。

e0351091_6323331.jpg

松茸の茶碗蒸し

e0351091_6324575.jpg

数えてみたら7品。

久しぶりの娘夫婦との夕食。楽しかった!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-23 06:36 | レシピ | Trackback | Comments(8)

けんちん汁 ー今日も冷蔵庫の整理を兼ねてー

先日、急にけんちん汁が食べたくなりました。今年のサンディエゴはことのほか寒いからかもしれません。

けんちん汁は冷蔵庫の整理に最適です。少しずつ残ってしまった野菜を使えるからです。

大根、人参、里芋、椎茸、インゲン、豆腐、油揚げ(これは冷凍)。蒟蒻がないと寂しいので、これだけ買い足しました。

まずはたっぷり鰹だし汁を作ります。ちぎり蒟蒻は下茹でして、適当に切った野菜類(インゲンは除く)と蒟蒻、油揚げを胡麻油で炒めます。そこへ鰹だし汁。(里芋は茹でこぼしをしても、しなくとも。ぬめりが却ってトロッとした汁になって美味しいものです。)

豆腐(半丁)はペーパータオルに包んで電子レンジで1分程チン。手で崩しておきます。

e0351091_371933.jpg

灰汁を取って、里芋が柔らかになったら、酒、塩と醤油で調味して、上記の豆腐を加え、最後に下茹でしておいたインゲンを加えて出来上がり。

実沢山の熱々のけんちん汁、美味しくいただきました。

けんちん汁を作った2日後、残った蒟蒻や豆腐、大根で味噌味の煮物。今回は昆布だしで。豆腐だけ最後に加えますが、調味は赤味噌、酒、みりん、少量の醤油、山椒の粉です。

e0351091_373914.jpg

どういう訳か初冬に葉っぱを付けた山椒。どうせ枯れてしまうのですから、1枚摘んでのせました。これが案外香りが良く、味噌田楽のような煮物になりました。

一緒に作った他の料理は金目鯛の湯引き、大根葉と油揚げの炒め煮、柿なます。

e0351091_375473.jpg

今年も残す所僅かとなりました。2015年がもうすぐ終わるとは俄には信じがたいですが、体調に気をつけて新しい年を迎えられるようにしなくては、と少し気を引き締めました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-21 03:10 | レシピ | Trackback | Comments(8)

冷凍海老のソテー シェリーソース ー冷凍庫の整理を兼ねてー

クリスマスからお正月にかけて、冷凍庫も冷蔵庫も食材で溢れかえります。その前に整理を兼ねた夕食作りです。

冷凍海老は解凍して殻を剥き、水分を拭き取ってオリーブオイルでソテー。潰したガーリックと種を抜いた鷹の爪、ローリエを最初に炒めオイルに香りをつけます。海老を加えて火が通ったらシェリー酒(ブランデーでも良いです)を加えてアルコール分を飛ばし、お皿に盛ってからクリスタル塩とパセリのみじん切りを散らします。

e0351091_39087.jpg

付け合わせはローストした人参とビーツ。恐る恐るビニールの袋を開けてみたら、まだピンとした知野ファームの人参とビーツが出てきました。流石知野ファームのものは日持ちが良いです。

e0351091_391437.jpg

一昨日のポットラックで使った蛸。足先の細い方は使わなかったので、エシャロットの薄切り、塩、胡椒、パプリカ、レモン汁、オリーブオイル、パセリのみじん切りでマリネ。スペインから買って来たロースト風味のパプリカが良い味を出しました。

e0351091_31018.jpg

変わりばえしませんが春菊と柿、干し柿、ゴートチーズ、胡桃のサラダ。
干し柿はゴートチーズとも合い、サラダに入れても美味しかったです。

e0351091_3101638.jpg

冷凍庫や冷蔵庫を整理するたびに、もっと食材を無駄なく使わなくては、と反省します。冷凍庫に入れると特に忘れがちで、冷凍焼けを起こすことが多く、なるたけ冷凍庫に入れないようにするのですが、なかなか難しいです。でも、来年こそは気をつけましょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-20 03:11 | レシピ | Trackback | Comments(11)

合唱最後の練習はポットラックで

昨晩は合唱の今年最後の練習でした。最後の練習とあってか、出席者がとても多いことが分かり、急遽練習後に我が家でポットラックの忘年会を開くことにしました。

来年早々演奏会が立て続けに2回あるので、師走の忙しい時期ですが、皆さん練習にも力が入ります。それに後でポットラックが待ち受けているとなれば、殊更です。

e0351091_2572527.jpg

e0351091_2573773.jpg

e0351091_2574973.jpg

e0351091_2582713.jpg

皆さんの美味しそうなご馳走が並びました。

e0351091_2583828.jpg

e0351091_2585884.jpg

e0351091_2593054.jpg

e0351091_2594687.jpg

平日ですから仕事後に駆けつけたメンバーもいます。そういう方はもちろんテークアウトで。

e0351091_259594.jpg

中が白餡のこの和菓子、甘さが上品で絶品でした。私は早速弟子入りを志願いたしました。

私は蛸とポテトのサラダとサングリアを作ったのですが、写したとばかり思っていた写真がない!

e0351091_30187.jpg

e0351091_303074.jpg

お喋りと食べるのに夢中で、他にも豚汁や酢の物やゼリーもあったのですが、撮り忘れたようです。

最近は何人か新しい方も入り、ますます活気溢れる合唱団です。歌うこと、そして美味しいものを食べることが大好きな素敵な仲間を持ったことに感謝!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-19 03:03 | 無題 | Trackback | Comments(6)