やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レシピ( 371 )

パンナコッタ二種  ♪チェリーとブルーベリー♪

日本では16日は各地で今年一番の暑さだったとか。我が家の辺りでは午前10時の気温が22度。湿度は77%と少し高めですが、涼しい海風が心地よいです。

この涼風を日本にも送り届けたいようです。

暑い時には冷たいデザートが欲しくなりますね。それで、あまり火を使わずに簡単にできるパンナコッタを作りました。

実は4日前に歯の治療をしました。クラウンが出来上がるまで、一時的にかぶせてあるのですが、どうしても治療中の右側で噛むことができません。そして、左側だけだと少し硬いものは食べるのにとても時間がかかるし、美味しくありません。

ほとんど噛まずに食べられる冷たい、そして簡単なデザート、と言ったら私にはパンナコッタなのです。

e0351091_2501447.jpg


グラスの下に、それぞれチェリーの赤ワイン煮とブルーベリーのソースを入れて、パンナコッタを流し入れ、冷蔵庫で固めます。

e0351091_250329.jpg


ブルーベリーの方は上からもソースをかけました。私のデザートは本当に砂糖の量が少ないです。甘いのがお好みの方には物足りないかもしれません。そういう方は、砂糖の量を増やしてください。

でも、果物本来の甘さと酸味がお好きな方にはこの砂糖の量で十分だと思います。

パンナコッタ
材料(約200mlの器 3個分)

ゼラチン 小匙3/4 (大匙1の水に振り入れて、かき混ぜ、10分くらい置いておく。)
生クリーム 125ml
メープルシロップ 大匙1と1/2
プレーンヨーグルト(出来ればホールミルクのヨーグルト) 250ml  
バニラビーン  半本 縦半分に切って中をこそげとる。

1.生クリームにバニラビーンの中身と鞘を入れ温め、メープルシロップを加えてかき混ぜる。沸騰寸前に火を止め、水でふやかしたゼラチンを入れ、完全に溶けるようにかき混ぜる。

2.1の荒熱が取れたら、バニラビーンの鞘を取り出し、プレーンヨーグルト(冷たいままで良い)の中に入れて、泡立て器でかき混ぜる。(バニラビーンのさやは洗って乾かし、砂糖と一緒にするとバニラの香りが移ります。)

3.器に冷たいチェリーの赤ワイン煮、ブルーベリーソースを入れ、2を静かに注ぎいれる。蓋のあるタッパーのようなものに入れて(或はぴったりラップして)、冷蔵庫で少なくとも4時間、又は一晩冷やして完全に固まらせる。

4. 固まったら、チェリーの方には生のチェリー、ブルーベリーの方は上からソースをかけ、ロズマリーを飾る。

ブルーベリーソース
ブルーベリー 1パック(350g)
水 大匙2
オーガニックの砂糖 小匙2
レモンのゼストとジュース それぞれ半個分ずつ
ロズマリー 5−6センチの長さ1本
キルシュ 大匙1

上記のキルシュ以外の材料を鍋に入れて火にかける。ブルーベリーがはじけて、トロッとするまで(約10分)煮詰める。火を止めてからキルシュを加える。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-17 02:52 | レシピ | Trackback | Comments(4)

鮭のグリル チェリーのレリッシュ添え

7月も半ば。我が家の桃も終わり、お店のチェリーの値段も安くなってきました。オーガニックのレッドチェリーは1ポンド(約450g)が$3.99。レニアー・チェリーは約倍の値段です。

e0351091_23149100.jpg

レッドチェリーは赤ワイン煮を作り冷凍しましたが、レニアーはそのまま食べるのが一番美味しいです。

e0351091_2321186.jpg


それでも折角の旬のチェリーですから、料理にも使ってみました。それが表題の一品です。

e0351091_2334385.jpg


鮭は骨を取り塩胡椒し、オリーブオイルをまぶし、グリル。紫玉ねぎと赤いパプリカ、パセリ、バジルと二種類のチェリーをさっと炒めて、レリッシュにして鮭に添えました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_234072.jpg

美味しくなってきた赤いパプリカは冷製スープ

e0351091_2341239.jpg


サラダはピーラーで薄切りした胡瓜と紫玉ねぎのスライス、ミニトマト、ミントです。塩胡椒、ライムをぎゅっと絞ってオリーブオイルを回しかけます。ライムとミントで爽やかさがアップ。

e0351091_2342781.jpg


この日も夏らしい食卓になり美味しく頂きました。


鮭のグリル チェリーのレリッシュ添え
材料(一人分)

鮭 約150g  骨を取り、塩胡椒、オリーブオイルをまぶしてグリル

チェリーのレリッシュ

紫玉ねぎ(普通の玉ねぎでも良い) みじん切りで大匙2
赤いパプリカ 角切りで大匙2
レッドチェリー  数粒
レニアーチェリー 数粒  どちらか一種類でも良いですが、軸と種を取っておく
パセリ みじん切り 大匙2
バジル 千切り  大匙1
オリーブオイル  適宜
塩胡椒  適宜
バルサミコ酢 小匙1
赤ワイン  大匙1

オリーブオイルで紫玉ねぎを炒める。しんなりしたらパプリカを加えて、さらに炒める。(約2−3分)
チェリーとパセリ(半量)、バジル(半量)を加え、塩胡椒、バルサミコ、赤ワインを加えて一煮立ちしたら火を止める。
皿に盛ってから残りのパセリとバジルをふりかける。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-16 02:38 | レシピ | Trackback | Comments(8)

トマトのお皿で和風セヴィチェ

先日、スペイン、クエンカにお住いのasuさんがマドリッドのバルの美味しそうなタパをアップされました。

メニューの名前はチュレン デ トマテ。 日本語に直訳するとトマトのステーキ、となるようです。普通アメリカでトマトのステーキというと、厚切りトマトをソテーしたものですが、これは生のままをお皿がわりにしています。

美味しそうだったので、早速真似させていただきました。私は大葉を敷いて、冷たいトマトの厚切りの上に和風蛸のセヴィチェをのせました。ナイフとフォークで切りながらいただきます。

冷たく甘いトマト(知野ファームのエアルーム)が美味しくて、いくらでも食べられそうでした。

e0351091_2562267.jpg


私が使った材料は下に書きましたが、マドリッドのバルでは、パパイヤ、マンゴー、胡瓜、アボカド、松の実、ミント、ドライトマト、紫玉ねぎが入っていたそうです。

そのうちこの材料でも試してみようと思いました。トマトが美味しい夏に、皆様もぜひ色々な材料で試してみてください。

e0351091_2563954.jpg


その他のメニューは蛸とじゃが芋のガリシア風(トレドで食べた料理の再現)、インゲンと生ハムのソテー、つぶ貝と青ネギの巣篭もり 味噌ドレッシング。

トマトのお皿で和風セヴィチェ
材料(一人分)

トマト 大1個
大葉 10枚
アボカド 半個
蛸 約50g
ミニトマト なるたけカラフルなもの 数個
紫玉ねぎ みじん切り大さじ2 洗って水分を取る
ライムのゼストとジュース 半個
塩胡椒  適宜
柚子胡椒  適宜
オリーブオイル  大匙1

トマトは横に2枚は2センチ厚さになるように切る。残りは角切り
大葉は下に敷く4枚を残して残りは千切り。
アボカドはトマトと同じ大きさの角切り。ライムの汁をまぶす。
蛸も角切りにする。
ミニトマトは縦か横に半分に切る。
上記のものと残りの材料を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
皿に大葉、2センチ厚さのトマトをのせ、セヴィチェをのせる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-14 02:58 | レシピ | Trackback | Comments(6)

最近三日間の夕食から ♪鮪のカルパッチョ&梅干しと釜揚げしらすご飯&コーンスープ♪

日本もヨーロッパもアメリカの各地も30度を超える真夏日のようですが、いかがお過ごしですか?

こちらの今日の最高気温は24度C。日差しが強いので散歩をすれば汗だくになりますが、日陰に入れば涼しい海風が心地よいです。でも、内陸に15キロも行けば、最高気温は30度を超えます。

カリフォルニアほど地域によって気温の差があるところもないのかもしれません。

さて、最近の三日分の夕食の一部をご紹介します。

鮪のカルパッチョ。鮪のお刺身は山葵醤油でいただくのが一番。でも、この日は色々残り物も片付けなくてはいけなくて、少しだけ洋風にしました。

e0351091_374411.jpg


たっぷりの晒し玉葱と貝割れと一緒に、ドレッシングは山葵、醤油、オリーブオイルを加えたものです。

e0351091_39252.jpg


梅干しと釜揚げしらすは、ご飯が炊き上がってから入れて蒸らします。本当は紫蘇が欲しかったのですが、まだ育っておらず、元気な三ツ葉を千切りにしてのせました。

最後はコーンスープ。時間がなくて冷製スープにできず、熱いスープです。知野ファームのコーン、今年は例年より幾分甘みが足りないように思いましたが、それでも十分に美味しかったです。(レシピは以前のサイト⭐️をご覧ください。ただし今回は最後にクレームフレシェではなく生クリームを加えました。)

e0351091_394724.jpg


コーンの粒を少しだけ取り除いて、最後に入れ、コーンチャウダーのようにしました。粒は下に沈んでしまいましたので、写真では分かりませんが、ローストパプリカ粉をかけて。

使ったコーンは黄色と白の混ざったバイカラーです。たくさん作ったので、翌日のお昼には冷製で頂きました。冷たい方が少し甘みを強く感じました。

e0351091_310441.jpg


鉢植えのzinnia uproar rose(日本語ではなんと言うのでしょう?)が元気に花を咲かせています。太陽に向かってすくっと背筋を伸ばした姿に、暑さにめげない心意気を感じ、元気をもらっています。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-12 03:11 | レシピ | Trackback | Comments(6)

オヒョウのグリル ラヴィゴットソースとクスクス添え

三日前の夕食ですが、夏らしい彩りで美味しくできましたので、アップします。

近くのスーパーで安売りだったオヒョウ(Halibut)。先日は低温でローストしたのですが、今回は普通にグリルしてみました。

e0351091_2354031.jpg


ラヴィゴットソースとハーブ類(イタリアンパセリ、香菜、タラゴン)を加えたクスクスを添えて、爽やかな色になりました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_235569.jpg

サラダは最近お目見えした知野ファームの水茄子と胡瓜、ミニトマト。日本の水茄子より皮は固いですが、ジューシーでえぐみがなく、そのまま生で食べるのが好きです。

水茄子は金気を嫌いますので、ウテナを切ったら縦に切れ目を入れて、手で裂いて塩水に浸けておきます。

夏は野菜や果物が美味しくなる嬉しい季節です。ただし、あまり暑くならなければ、の話ですが。


オヒョウのグリル ラヴィゴットソースとクスクス添え

オヒョウは軽く塩胡椒してグリルする。

ラヴィゴットソース(一人分)
トマト 半個 またはミニトマト5−6個  角切り
ケイパー  小匙1
玉葱 みじん切りで大匙1 水で洗って水分を拭く
ガーリック 小1片 みじん切り
パセリ みじん切りで大匙1−2
塩胡椒  適宜
オリーブオイル  大匙1
レモン汁  小匙2

上記のものを混ぜ合わせる

グリーンクスクス
パッケージの箱の説明に従ってクスクスを調理。その際にハーブ類のみじん切り(お手持ちのもので良いです。私が今回使ったのはパセリ、香菜、タラゴンですが、そのほかバジルやチャイブも良いです。)を1/3カップ(一人分)ほど加えます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-10 02:39 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ブルーベリー・ブラマンジェ&ピーチゼリー

今週は毎日のようにデザートを作っています。お菓子作りは大好きなので楽しいのですが、流石に少し疲れましたので、この週末は小休止。

昨日作ったのはブルーベリーのブラマンジェ。合唱のパート練習の後にお出ししました。一生懸命歌った後の冷たいデザートは何よりのご馳走だったようで、皆さんに大好評。綺麗になくなりました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_2284090.jpg


赤いラズベリーソースをかけてお出ししたのですが、切り分けてからかけたので、写真はありません。

その代わりと言ってはなんですが、一昨日作った我が家の桃のゼリーにはラズベリーソースをかけました。

e0351091_229821.jpg


毎日食後に丸のまま食べるだけでは追いつかないほど収穫したので、10個はポーチした後、その汁でゼリーにしました。見た目もそしてもちろん食べても涼やかなゼリーです。(これは以前のサイト⭐️を参考になさって下さい。ただし、今回は汁を煮立てるときにヴァニラビーンを入れ、リキュールはパスティスを使いました。)

今朝は我が家の辺りも9時で24度と高い気温になっています。今日はワンちゃんのお散歩はスキップ。家の中の方が涼しいので、ゆったりと溜まっている片付けでもして過ごしましょうか。


ブルーベリー・ブラマンジェ
レシピ:Dorie Greenspan「Baking」を参考にして私がアレンジ
材料:9インチ、22.5cmの丸いケーキ型、底が抜けないタイプ
        1カップは250mlのアメリカサイズ


冷たい生クリーム 1と1/2カップ 
牛乳 3/4カップ (私は脂肪分1%を使用、手持ちのもので良いです。)
アーモンドフラワー(アーモンドプードル) 3/4カップ
砂糖 1/3カップ (私はオーガニックを使用)
ゼラチン 約7g (アメリカの1/4オンス、市販品の一袋):大きな型に作るのでしっかり目に作ります
冷水  大匙3
キルシュ 大匙1
ブルーベリー 約1カップ
ミント (飾りなのでなくとも良い)

ラズベリーソース
ラズベリー  約1カップ
砂糖 小匙2
キルシュ  小匙2

1.生クリームを8分だてにして、使うまで冷蔵庫で冷やす。

2.ゼラチンを冷水に振り入れてふやかしておく。(約5分)

3.牛乳、アーモンドフラワー、砂糖を入れて火にかけ、砂糖を溶かす。煮立たせないように注意。

4.ゼラチンを2分ほど湯煎にかけ透明になるまでとかす。あるいは電子レンジで15秒加熱する。

5.溶けたゼラチンを牛乳の中に入れて完全に溶けるようにかき混ぜる。キルシュを加えて混ぜ、別のボウルに移し、氷水で冷やす。

6.5を時々かき混ぜながらとろみがついて来たら(このとき固まってしまわないように注意)ゴムベラで冷えた生クリームを少しずつ加えてかき混ぜる。ブルーベリー(飾りを除く)を加えて優しくかき混ぜ、型(水で洗って拭かずに水を切る)に入れて、表面をならし、ラップをして冷蔵庫に入れる。(4時間から一晩置く。)

7. ブラマンジェの型をお湯(手を入れられるけれど熱いと感じるくらい)に10−12秒つけて、型についた水分を拭き、サーヴする皿に逆さに置いて型から出す。(お皿と型をしっかり持ち、上下に振ると型から抜けます。)

8. 残りのブルーベリーとミントで飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-08 02:31 | レシピ | Trackback | Comments(4)

サラダ・ニソワーズ  ♪残り物を使って♪

ポットラックで残った美味しいBBQの牛肉を頂いて参りました。冷蔵庫の中の野菜を使ってサラダ・ニソワーズに。

使った野菜はじゃが芋(丸のまま茹でる)、玉ねぎの薄切り(水にさらす)、青葱(薄い輪切り)、ミニパプリカ(薄い輪切り)、トマト(櫛切り)、カリフラワーの花、ゆで卵、ソレル、バジル。

e0351091_2214417.jpg

ドレッシングはディジョンマスタード、レモン汁、オリーブオイル、塩胡椒。

黒オリーブを入れるつもりで出しておいたのに、忘れてしまい、食べている途中で気がついたので写真には写っていません。

久しぶりに作ったサラダ・ニソワーズ。牛肉のおかげで、とても美味しく、ちょっと花火を連想させる華やかさに仕上がりました。

お肉類をいれなくとも、また、お刺身用の鮪の表面を軽くあぶったものを入れたり、アンチョビを入れたり、いろいろ楽しめます。
e0351091_222184.jpg


温かなものも欲しくて、冷凍してあった海老の頭で取っただし汁にエンジェルヘアーのパスタを折って5分煮てスープに。チャイブをアクセントにして、これも美味しいスープになりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-07 02:23 | レシピ | Trackback | Comments(4)

独立記念日_2017

日本では大雨の特別警報が出された地域があるようですが、これ以上の被害が出ないように、そして皆様のご無事を祈っています。

さて、昨日の7月4日、アメリカでは独立記念日でした。

各地で花火が打ち上げられたのですが、2階のベランダから数カ所の花火を一堂に見ることのできる友達の素敵な家で、ポットラックの夕食を楽しみました。

e0351091_2303585.jpg


夏らしい向日葵の花をあしらった洒落たテーブルセッティングです。カリフラワーもブロッコリもさっと茹でてあって食べやすく、日本人らしい気配りです。ポテトサラダも美味しかった。

e0351091_2305218.jpg

白身魚とホタテの和風カルパッチョ。この日のために昆布入りの煎り酒を作り、白身魚は一晩昆布締めにしたそうです。赤と黄色のパプリカとロズマリーの花を添えて華やかに。
e0351091_231810.jpg


牛のフィレ肉のBBQ。お肉が柔らかで焼き加減もバッチリ。塩レモンで調味し、ひよこ豆やコーン、胡瓜など具沢山の中東風サラダを作っていらした方も。

このほか鮭のホイル焼きもありましたが、写真を撮り忘れました。

そして、デザート担当の私が作ったタルトとフルーツサラダ。

e0351091_2315936.jpg


タルトのフィリングはクリームチーズと生クリーム。アメリカの国旗の白、赤、青を使った4th of Julyの私の定番タルトです。

e0351091_2321558.jpg


西瓜を器にして、西瓜、チェリー、キウイ、オレンジ、ブルーベリーにオレンジのしぼり汁とコアントローを加えて2−3時間味をなじませます。

残りの西瓜はブレンダーでジュースに。最後にキルシュを小匙2ほど。(青臭さを消すためですから、何かリキュールが必要です。)

e0351091_2323695.jpg


シャンペンをお供に飲んで、食べて、お喋りをして、9時過ぎからは2階のベランダに所を変えて、花火見物。

e0351091_2325030.jpg


今年も良い友達と楽しい独立記念日を祝うことができたことに感謝。


クリームチーズとベリー類のタルト(独立記念日のタルト)
材料(9インチ:22.5cmのタルト型1個分)


焼いたタルト(材料とレシピは以前のサイト⭐️をご覧ください。)

ただし、今回は完全に焼くので、190度C(375度F)のオーブンで最初はアルミホイルをかぶせて25分。アルミホイルをとって8分焼きます。

フィリング
冷たい生クリーム 120ml
クリームチーズ 226g 室温にしておく 1箱 (私は脂肪分のないものを使いました。)
オーガニックの砂糖 60g 
蜂蜜 大匙2
塩 ひとつまみ
バニラエッセンス  小匙1
水切りヨーグルトまたはグリークヨーグルト  大匙2

トッピングとグレーズ
ブルーベリー、ラズベリー  適宜
アップルジェリー 大匙2 
キルシュ 小匙1

1.生クリームを泡立てて、別のボウルに移す。同じボウルに(洗う必要はありません。)クリームチーズを柔らかになるまで泡立て、砂糖、蜂蜜、塩を加えてかき混ぜる。最後にヨーグルトとバニラエッセンスを加える。 

2.ゴムベラで生クリームを加えてかき混ぜる。

3.完全に冷めたタルトにクリームチーズと生クリームのフィリングを敷き詰め、表面を平らにする。洗ったブルーベリーとラズベリーの水分を拭きながらを飾る。

4. アップルジェリーとキルシュを混ぜて、電子レンジか湯せんで柔らかにする。冷めてから刷毛でベリー類に塗る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-06 02:36 | レシピ | Trackback | Comments(4)

ブルーベリー・クランブルパイ

日曜日に友達にお出ししたデザートはブルーベリーがたっぷり入ったクランブルパイ。

旬の果物を使ったデザートを作りたくて、そして、余ったものを持ち帰りし易いようにと考えました。

e0351091_2212183.jpg

以前のブログにはレシピが載っていますが、大分変えましたので、新たに下に書きました。

甘酸っぱいブルーベリーとミントの爽やかさ、クランブルに入れた塩味が相俟って、美味しいパイになりました。

e0351091_2213867.jpg


今日7月4日はアメリカの独立記念日で、夜にはあちらこちらで花火が打ち上げられます。私もこれからポットラック用のデザートを作ります。アメリカにお住いの皆様、良い祝日をお過ごしください。


ブルーベリー・クランブルパイ
材料(9インチ、22.5センチのパイ皿):カップはアメリカサイズの250ml

クラスト
無漂白小麦粉 1と1/4カップ
アーモンドプードル 1/4カップ
冷たい無塩バター 大匙9 1センチ角に切っておく
塩 小匙1/4 
卵の黄身 冷たいもの1個

フィリング
砂糖  1/3カップ
コーンスターチ  大匙2と1/2
レモンの皮の摩り下ろし 小匙1
レモンジュース  大匙2
ブルーベリー  約500g
ミントの葉の千切り 大匙1ー2

クランブル
無漂白小麦粉 大匙3
アーモンド 粗みじん切り 大匙3
ライト・ブラウンシュガー  大匙3
塩 小匙1/4
無塩バター 大匙2 室温

クラスト
1.小麦粉、アーモンドプードル、塩、バターをフードプロセッサーにかけて、粒々になったら、黄身を少しずつ入れて攪拌する。生地がまとまってきたら、ラップにとり、一つにまとめて冷蔵庫で冷やす。

2.二枚のラップにはさんで麺棒で伸ばし、バターを塗ったパイ皿に敷く。端は少したれるくらいにして皺をつけて織り込むようにする。

3.アルミホイルのピカピカの面にバターを塗り、生地にかぶせて、冷蔵庫か冷凍庫で充分に冷やす。

4.オーブンを375度F(190度C)に温めて、パイの重石をして20分焼く。丁寧にアルミと重石を取り、更に10分焼き、ラックに置いて室温になるまで冷ます。

フィリングとトッピングのクランブル
1.ブルーベリー、砂糖、コーンスターチ、レモンの皮の摩り下ろし、レモンジュース、ミントを丁寧にかき混ぜて、20-30分おく。

2.小麦粉、アーモンド、砂糖大匙3、ブラウンシュガー大匙3、塩を混ぜ、バターを加えて手で混ぜ、使うまで冷蔵庫に入れる。

3.オーブンを375度F(190度 C)に温める。クラストにブルーベリーのフィリングを入れ、約20分焼く。

4.オーブンからいったん取り出し、アーモンドの入ったクランブルをちぎって乗せ、更に15分、上が狐色になるまで焼く。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-05 02:22 | レシピ | Trackback | Comments(0)

友達との家ランチはピンチョス風

久しぶりに友達とランチをご一緒しました。

彼女は亡夫の手打ち蕎麦も召し上がって頂いたことがありますし、先住犬のジョーイーも知っています。そして、何より音楽談義ができる貴重な友人です。

とにかく忙しい方で、この日も数ヶ月ぶりの休日ということで、ゆっくりできる家ランチにしました。(全てレシピは下に書きました。)

e0351091_2272697.jpg


まずは冷たいサルモレホ。スペインのトマトスープです。スペインのクエンカにお住いのasuさんから教わったトマトの冷製スープで、簡単なのにとても美味しいのです。生ハムと卵の彩りも綺麗で、トマトとあいます。

e0351091_229196.jpg


ピンチョスの鶏つくね。もも肉をガーリックやエシャロット、クミン、カエンヌペッパーでマリネしてそのままひき肉にしたお団子です。ミント入りのヨーグルトソースをつけて頂きます。

e0351091_2293954.jpg


じゃが芋と蛸のムルシア風サラダ。玉ねぎ、青ネギ、パセリの入ったドレッシングをかけて。

e0351091_2295530.jpg


茄子とミニパプリカとカリフラワーの花の即席マリネ。茄子を茹でてからマリネするのですが、これがなかなか良いのです。

健啖家の彼女、この日をとても楽しみにしていたと言って、たくさん召し上がってくださいました。

e0351091_2301657.jpg


沢山食べて、沢山お喋りして、チャー君も沢山撫でてもらって、楽しい7月最初の日曜日でした。

デザートのご紹介はまた後日に。

サルモレホ (トマトの冷製スープ)
レシピ: asuさんのレシピを参考
材料(二人分)


完熟トマト 約500g
ガーリック 1片 みじん切り
パン 薄切り食パン1/2枚 (耳は除く) 水に浸しておく
オリーブオイル  大匙1−2
シェリーヴィネガー 大匙1
塩 ほんの少量
生ハム 1枚 角切り
固ゆで卵 1個 白身と黄身に分けてみじん切り

トマトは芯を取り除き、皮と種と一緒にガーリックと共にブレンダーにかける。
パンを絞り、ちぎって、オリーブオイル、シェリーヴィネガー、塩を加えて更にブレンダーにかける。冷蔵庫で冷やす。
皿に盛ってから、生ハムとゆで卵のトッピングをする。


鶏つくねとヨーグルト・ミントのディップ

ヨーグルト・ミントのディップ
プレーンヨーグルト 1/2カップ
フレッシュミント みじん切り 大匙3
砂糖 小匙2 
カエンヌペッパー (小匙1/4)
レモンジュース 小匙2

上記の材料をすべて入れて混ぜる。

鶏つくね
クミン  小匙1/4
コリアンダー  小匙1/4

鶏もも肉 (骨・皮なし)300g 一口に切る
エシャロット  薄切りで大匙2
ガーリック 1片 薄切り
フレッシュタイム  みじん切り 小匙1/2
カエンヌペッパー 2−3つまみ
レモンのゼスト擂り下ろして 半個分
塩 適宜

スパイス類と上記の物を混ぜ、冷蔵庫に4時間から一晩置いてマリネする。
卵 1個 
生パン粉 大匙3
サフラワーオイル 適宜

マリネした鶏肉(マリネごと)、卵、パン粉を加えてフードプロセッサーでひき肉にする。
小さいフットボール型のつくねにして、オイルでソテーする。
2つずつ短い串に刺してヨーグルトのディップと共にサーブする。


タコとポテトのムルシア風

 ポテトは皮のついた丸のまま柔らかになるまで茹でる。手で触れるようになったら皮をむき、スライスする。

 小さなボウルにエシャロット(大匙1のみじん切り)、レモンジュース(大匙2)、オリーブオイル(50ml)、パセリ(半カップ)、塩、胡椒でヴィネグレットを作る。

タコをスライスして、温かいポテトと盛りつけ、ヴィネグレットをかける。そのままぴったりラップして室温に置く。

茄子、ミニパプリカ、カリフラワーの即席ピクルス

茄子(4本)はへたをつけたまま 2ー3センチのスリットを入れて、塩を入れて煮立ったお湯で10ー12分柔らかになるまで茹でて冷ます。
ミニパプリカも柔らかになるまで茹で、カリフラワーの花は2分くらい茹で、熱いうちにピクルス液につける。

ピクルス液の割合
赤ワインヴィネガー(半カッップ)、水(1カップ)、オリーブオイル(1/6カップ)、塩(小匙1/2)、黒胡椒(適宜)、鷹の爪(1本)、ガーリック(2片、みじん切り)、クミン(小匙1)、オレガノ(小匙1/4)をボウルに入れて混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-04 02:32 | レシピ | Trackback | Comments(6)