やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レシピ( 310 )

豚フィレ肉を使って2品

豚のフィレ肉を1本買うと、一人分だと3回分くらいになります。最初に使った後は冷凍するのですが、冷凍もなるたけ早く食べた方が味が落ちません。

先日冷蔵庫を買い換えたのをきっかけに、冷凍物もなるたけ早く使い切ろうと決意したのですが、いつまで続くか。。。。

さて、この豚フィレ肉を使って二品。一つは出盛りのオレンジとプルーンと共に、赤ワインの合う綺麗な一皿になりました。

e0351091_332585.jpg

プルーンはポートワインにつけて柔らかになるまで煮ます。塩胡椒した豚肉をソテーした後、ポートワインごとプルーンをフライパンに入れ、オレンジマーマレード、ケチャップ、オレンジのゼスト、オレンジジュースでソースを作ります。

最後にセグメントにしたオレンジを飾りにします。

もう一品は和風ラヴィゴットソースをソテーした豚肉に添えました。

e0351091_3331668.jpg

玉ねぎのみじん切りを水で洗い水分を拭き取ったもの、トマトの粗みじん切り、ケイパー、ガーリックのみじん切り、三つ葉のみじん切り、塩、胡椒、醤油、オリーブオイルの調味です。

パセリがなかったので三つ葉を使い、醤油を加えて和風テイストにしてみました。

二品とも簡単ですが彩りの良い料理に仕上がりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-11 03:36 | レシピ | Trackback | Comments(4)

ひな祭りのちらし寿司

最近はケーキ寿司とか色々流行のようですが、私にとってひな祭りのちらし寿司は昔ながらの五目寿司。母の味です。

e0351091_27553.jpg

干瓢、人参、干し椎茸、錦糸卵、海老の甘酢、鮪のづけ。と、二口食べた後でイクラをのせるのを忘れていたことに気づきました。

e0351091_272169.jpg

酢飯に鰹出汁とみりん、醤油で薄味に仕立て干瓢と人参を混ぜ、酢蓮をのせます。

e0351091_274139.jpg

少量の塩と砂糖を入れた錦糸卵をたっぷりのせ、戻し汁と砂糖、醤油で煮汁がなくなるまでゆっくり煮込んだ干し椎茸を丸のままのせるのが、母の流儀。

e0351091_275352.jpg

がぶっと噛むと椎茸から煮汁がジュワっと出てきて、とても美味しい。

錦糸卵も一人1個半の卵を使います。

殻をむいて背わたをとった海老は茹でてから甘酢に漬けます。鮪のお刺身は2本串を刺して直火で表面を炙り、煮切り醤油に30分漬けます。

煮切り醤油は醤油(200ml)、日本酒(50ml)、鰹節一掴み、昆布を煮立てて冷ましたものです。(佐川芳枝さんのレシピ)冷蔵庫に保存しておくとかなり日持ちするので便利です。

椎茸はしっかりと味をつけ、イクラも塩味が濃いので、あとは薄味で仕上げます。そうすると、メリハリがありながら後味の良いちらし寿司になります。

三つ葉の千切りを散らし、蛤のお吸い物を添えて。
ハマグリは砂出ししますが、一旦昆布と日本酒を少量入れた水の中で煮て、貝の口が開いたら取り出し、煮汁はペーパータオルで濾します。

身のついていない殻は除いてお椀に入れ、熱い煮汁を注ぎます。貝から出る塩加減だけで十分です。これにも三つ葉を添えて。鉢植えの三つ葉はとても重宝、大活躍です。

桜の花のお猪口に日本酒を添えて、美味しいお一人様のひな祭りでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-06 02:09 | レシピ | Trackback | Comments(8)

抹茶マドレーヌ ♪ひな祭りのデザートに♪

ひな祭りの前日の合唱のパート練習後のデザートには、抹茶のマドレーヌにしようと決めていました。

e0351091_31852.jpg

桜の塩漬けを飾り、春らしい可愛いマドレーヌになりました。

e0351091_3181966.jpg

到来物のチョコと一緒にお出ししましたが、幸いとても好評で、おしゃべりの花も咲きました。

皆さんに喜んで頂けると作り甲斐があります。

e0351091_3183138.jpg

我が家の桃の花もほころび始めました。今年は摘蕾、摘果をしっかりして、良い実がなるように頑張りましょう。


抹茶マドレーヌ
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING CHEZ MOI」を参考にしてアレンジ
材料 (マドレーヌ型12−14個分)カップはアメリカサイズの250ml

小麦粉 2/3カップ (90g)
ベーキングパウダー  小匙1
海塩  小匙1/4 
抹茶  小匙1と1/2
オーガニックの砂糖 カップ1/4 (約60g)
卵  大2個 室温にする
蜂蜜  大匙1
無塩バター 大匙8 (113g) 溶かしておく
バニラビーン 半本 またはバニラエッセンス小匙1
牛乳  大匙2
桜の花の塩漬け マドレーヌの数の分の本数
キルシュ 適宜

1. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩、抹茶を一緒にしてボウルの中でかき混ぜる。

2. バターを小鍋で溶かし、バニラビーンを縦半分に切って中をこそげ、鞘と一緒にバターの中に入れて、蓋をして15分おいた後、鞘は取り除く。

3. 砂糖と卵をぽってりするまでよく撹拌する。(スタンドミキサーなどを使うと便利です。)

4. 3に粉類を加え、ゴムベラでかき混ぜ、さらにバニラ入りのバターを加えてかき混ぜる。(バニラエッセンスの場合もバターと一緒に加える。)最後に牛乳を加えてかき混ぜる。表面にラップがくっつくようにぴったりおおい、冷蔵庫の中で少なくとも1時間休ませる。

5. マドレーヌの型にバターを塗り、小麦粉を軽く叩く。4を型に入れて、さらに冷蔵庫で1時間休ませる。(ラップはしなくて良い。)

6. オーブンを400度F(200度C)に温める。

7. 生地を休ませている間に桜の花の塩漬けの塩抜きをして、ペーパータオルに挟んで水分を取る。キルシュに漬け、また水分を取り、マドレーヌの上に1本ずつ飾る。

8. オーブンの中段に入れ、11−12分。真ん中に串を刺して何もつかなくなったら出来上がり。途中焦げそうだったら、アルにホイルをふわっとかける。熱いうちに型から取り出し、ラックの上で冷ます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-04 03:20 | レシピ | Trackback | Comments(6)

最近の夕食より ♪海鮮丼、牛肉とパプリカのオイスターソース炒め等♪

今年は思うところがあって、ブログを毎日更新することをやめました。

色々理由はあるのですが、それを書くと長くなりますので、割愛しますが、元気で暮らしておりますので、ご安心ください。

さて、お休みしていた四日間、こんな夕食をいただいておりました。

e0351091_3374578.jpg

海鮮丼。マグロは塩麹に漬け、鯛は昆布締め。熱いご飯の上に刻み海苔をたっぷり、イクラとさっと湯がいた三つ葉をのせて。副菜は豆腐のあんかけ。

e0351091_338166.jpg

銀鱈の茸あんかけ。もやしと生椎茸のカレー風味の酢の物、アスパラの山葵和え。

e0351091_338155.jpg

豚とろろしゃぶしゃぶ。昆布と鰹だし汁に酒とみりん、醤油で味をつけます。具材が煮えたら、摩り下ろしたとろろを加えて、熱々を。

e0351091_33827100.jpg

牛肉とアスパラ、赤いパプリカのオイスターソース炒め。からし菜の辛子和え。

一口大に切った牛肉は酒、醤油、水溶き片栗粉、サラダオイルをまぶして最初に炒めます。別皿に取り、中華鍋を綺麗にして野菜類を炒め別皿に取ります。

新たに生姜とネギの薄切りを炒め、香りが出たら、炒めた牛肉と野菜類を戻し、オイスターソース、砂糖、酒、水溶き片栗粉を混ぜた調味料を加えて混ぜて出来上がり。

牛肉は一度に大量を炒めず、小分けにすること。炒めておいた具材を最後に生姜やネギの香味野菜と炒めると美味しい炒め物になります。火は一貫して強火です。

昨日は激しい雨が一日中降り続き、庭のあちらこちらに水たまりができています。大干ばつの後は洪水になるほどの大雨。自然とはままならないものです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-01 03:39 | レシピ | Trackback | Comments(4)

鮭とホワイトアスパラガスのホワイトソース仕立て

鮭の一切れが小さめだったの、少しボリュームを出そうとホワイトソースでシチューのように仕立ててみました。

ちょうど買ってあったホワイトアスパラガスも加えて、全体に白っぽい色の綺麗な一皿になりました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_3492611.jpg

友達から頂いた芥子菜は1週間経っても葉っぱがピンピンしています。ガーリックとオリーブオイルでソテーしましたが、芯もとても柔かでした。

e0351091_3494097.jpg

サラダは大根とリンゴとパセリ。

天気は良いものの朝晩はぐんと冷え込むサンディエゴです。まだまだこんな温かい夕食が嬉しい季節です。風邪もまだ猛威をふるっているようです。皆様もお気をつけください。


鮭とホワイトアスパラガスのホワイトソース仕立て
材料(一人分


鮭 一切れ(約150g)
ホワイトアスパラガス  5−6本 
野菜だし汁 200−250ml
無塩バター 大匙2
小麦粉   大匙2 
牛乳   100-150ml
パセリ  適宜 みじん切り

鮭は一口大に切り、野菜だし汁で煮る。
バターを鍋に溶かし、小麦粉を振るって加え、1分間木杓子でよくかき混ぜる。
鮭を煮た汁を加えて、泡立て器でダマができないように丁寧にかき混ぜる。牛乳を加える。
一方、アスパラガスは皮をむいて40−50秒電子レンジにかける。
鮭とアスパラガスを加え、一煮立ちさせて皿に盛る。パセリのみじん切りを散らす。

*じゃが芋を加えても良いでしょう。

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-25 03:51 | レシピ | Trackback | Comments(6)

鶏肉とパイナップルのベトナム風サラダ

先週の土曜日、日本食料品店で香りの良さにつられて買ってきた小ぶりのメキシコ産のパイナップル。冷蔵庫の果物のケースに入れてもなお芳香を放っています。

先日作ったチキンのソテーが余っていたので、パイナップルと組み合わせてベトナム風のサラダにしてみました。

e0351091_4492331.jpg

本来は鶏もも肉と玉ねぎ、赤いパプリカなどと一緒に炒めるのですが、今回は鶏肉が調理済みだったこともあり、もっと簡単なサラダに。(ベトナム風の炒め物のレシピはここ☆をご覧ください。)

使った食材は、上記の他に青ネギ、ハラペニョ、香菜、カシューナッツ。ライムジュースとナンプラー、少量の砂糖を入れたドレッシングで、美味しいサラダになりました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_4493963.jpg

最高気温が20度近くまで上がったとはいえ、温かなものも欲しく、キャロットスープを添えて。

キャロットスープは玉ねぎ、人参、じゃがいもをバターで炒め、野菜出汁と牛乳で煮込みました。隠し味は生姜。この生姜がとても良い仕事をしました。


鶏肉とパイナップルのベトナム風サラダ
材料(一人分)


パイナップル  小さめのもの1/3個 皮と芯を除いて、一口大に切る
鶏胸肉  調理済みのもの 小1枚  2センチの角切り
パプリカ(赤) ローストして皮をむき、2センチの角切り 半個分
青葱  1本  小口切り
香菜  10−15本 茎と葉っぱと一緒にみじん切り
ハラペニョ  薄切り 8−10枚
カシューナッツ フライパンで乾煎り  約10個
サラダ菜  適宜

上記の材料を混ぜてサラダ菜の上にのせる。

ドレッシング
ライムジュース 1個ぶん
米酢 小匙1/2
砂糖 適宜
ナンプラー  小匙1−2

上記の材料を混ぜ合わせる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-22 04:50 | レシピ | Trackback | Comments(4)

鯛の昆布締めで二品  ♪カラスミ&翁和え♪

日曜の今朝も雨の音で目が覚めました。今年の冬は本当によく雨が降ります。お陰で大干ばつも解消されたようで何よりです。

昨日は久しぶりに日本食料品店を訪れ、ニュージーランド産の鯛のお刺身を買ってきました。すぐに昆布締めにし、半分は冷凍庫の整理で奥の方から出てきたカラスミを使って。

e0351091_3274648.jpg

あまりにも大事にしすぎて、そのうち忘れてしまっていたカラスミ。少しですが、豪勢に鯛の昆布締めと一緒に盛り付けました。カラスミの程よい塩加減とまったり感が昆布締めとよく合いました。

e0351091_328322.jpg

後の半分はとろろ昆布と翁和え。友達からいただいた三つ葉の株。大きな葉っぱなので下に敷きました。

三つ葉は地植えと鉢植えと両方植えました。いただいた大事な三つ葉ですから、うまく育てないと。

e0351091_328205.jpg

厚揚げは長葱と一緒に甜麺醤と赤味噌、みりん、だし汁でくっつり煮ました。最後に貝割れ大根を散らして。

2−3日洋風やお肉料理が続くと和風の魚料理が恋しくなります。日本食料品店が近くにあり、いつでもこのような食材が手に入る幸せをしみじみ感じたのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-20 03:30 | レシピ | Trackback | Comments(10)

キャロット・オレンジケーキ

擦りおろした人参とオレンジの香りの高いヘルシーなケーキです。

e0351091_3523875.jpg

人参が甘いので、思い切って砂糖を減らしましたので、スナックや朝食にも召し上がれます。

e0351091_3525492.jpg

思ったより人参の色が綺麗に出ました。人参よりオレンジの香りの方が強いので、人参嫌いの方にも大丈夫かもしれません。簡単なレシピですので、是非お試しください。


キャロット・オレンジケーキ
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING CHEZ MOI」を参考
材料:直径23−24センチの丸いケーキ型1個分(1カップはアメリカサイズの250ml)


小麦粉  1カップ (136g)
ベーキングパウダー  小さじ3/4
塩  小匙1/8
人参 中1本(皮をむいて約125g)
生姜 擦り下ろして小匙1
オレンジ 1個 皮とジュースの両方を使うので、無農薬かオーガニック
無塩バター 大さじ9 (128g)室温にする
オーガニックの砂糖 半カップ (100g)
卵 2個 室温にする

1. オーブンのラックを中段にし、350度F(180度C)に温める。

2. 底が抜けないタイプのケーキ型にパーチメントペーパーを敷き、その上からバター(分量外)を塗り、軽く小麦粉(分量外)を叩く。

3. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩を小さなボウルの中で混ぜる。

4. 人参を擦りおろし、生姜の擦りおろし、オレンジのゼストの摺り下ろしと混ぜる。

5. オレンジのジュースを絞る。65mlあれば良い。

6. バターをよくかき混ぜ、砂糖を加えてさらに良くかき混ぜる。(スタンドミキサーを使用の場合は、パドルのアタッチメントを使う。)人参や生姜の擦りおろしのミックスを加えてさらに混ぜる。オレンジジュースを加えて混ぜる。

7. ゴムベラに変えて、粉類を加えてかき混ぜ、ケーキ型に流し込み、オーブンに入れる。

8. オーブンで25−30分、真ん中に串をさして何もつかなくなったら、取り出して、ラックで休ませてから型から取り出す。

タッパーなどに入れれば、室温で3日持ちます。冷凍すれば2ヶ月持ちます。もし、固くなったらトーストしてバターやジャムを塗ってお召し上がりください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-18 03:54 | レシピ | Trackback | Comments(6)

春到来のサンディエゴ  ♪西洋サンザシ&豆ご飯♪

アメリカの東部や日本から大雪のニュースが聞こえて来ましたが、ここサンディエゴは一足早く春を迎えました。

e0351091_3163960.jpg

Hawthorn(西洋サンザシ)の白い花が満開です。

e0351091_3165660.jpg

2月13日、きれいに晴れた青い空に梨の花に似たサンザシの白が映えます。

友達の菜園にお邪魔し、丹精込めた美味しい野菜を沢山頂いて来ました。

e0351091_3171234.jpg

大根と豚肉は梅酒で煮てみました。先日レストランで友達が召し上がった黒豚の頬肉の梅酒煮に触発されて。梅酒の甘酸っぱさが大根にしみて、とても美味しくできました。

e0351091_3173445.jpg

残った大根の皮は昆布と生姜、醤油でさっと煮て箸休め。ラディッシュは甘酢に漬け、水菜はさつま揚げと生姜でさっと炒めました。調味は酒と醤油。

e0351091_3175013.jpg

最後は青豆ご飯。鞘と酒、昆布を15分煮出し(昆布は沸騰したらとります。この昆布を細く切って大根の皮と煮ました。)その汁(冷ましてからお使いください。)でご飯を炊きます。煮出した後の鞘もお茶パックに入れてお米と一緒に。

ご飯が炊けたら、軽く塩もみした青豆を加えて蒸らすか、さっと塩茹でしておいて後で混ぜます。桜の塩漬け(塩を抜きます)をのせて、一層春らしさを演出しました。

新鮮でお美味しい野菜で春を満喫。惜しげもなく沢山のお野菜をくださった友達に感謝し、寒い地域にお住いの方々に少しでも春の暖かさをお届けできたらと願いながら。


大根と豚肉の梅酒煮
材料(2人分)


大根  約300g
豚肉(すき焼き用) 約200g
大根の葉っぱ  適宜 さっと茹でて3センチ位の長さに切っておく
梅酒 大匙5
水  大匙5
醤油 大匙2

大根は皮をむき、1センチ幅の半月に切り、硬めに茹でておく
鍋に茹でた大根、梅酒、水、醤油を入れて、煮立ったら一口大に切った豚肉を入れる。
豚肉が煮えたら、大根の葉っぱを加え、一煮立ちしたら皿に盛る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-15 03:19 | レシピ | Trackback | Comments(6)

バカラオ(塩鱈)を使って二品  ♪シチューとコロッケ♪

ずーっと気になっていた冷凍庫の中のバカラオ。冷蔵庫でも1年はもつものですが、冷凍庫にあまり長いこと置いておくと冷凍焼けを起こします。

恐る恐る取り出してみると、大丈夫そう。水に浸け、水を替えながら冷蔵庫で3−4日。好い加減に塩が抜けました。

大きいので一人では2回分です。最初はトマト味のシチュー。

ざく切りにした玉葱(半個)とガーリックのみじん切りをオリーブオイルで炒め、一つ残っていたイタリアントマト、トマトの缶詰(200ml) を加え更に炒めます。(缶詰だけでも、生のトマトだけでもどちらでも良いです。)

e0351091_3141990.jpg

白ワイン(約150ml)を加え、鱈(約150g)を大きいまま入れ、グリーンオリーブ、ケイパー、じゃが芋を加えて蓋を半分して、じゃが芋が柔らかになるまで煮込みました。(ローリエ、タイム、胡椒入れますが、塩は入れません。)

干したものは野菜でも魚でも旨味が増します。美味しいシチューになりました。

2回目はコロッケ。玉葱のみじん切りと荒微塵にした鱈を炒め、マッシュしたじゃが芋、すりおろしたチーズを加えてコロッケに。

e0351091_3144112.jpg

揚げるのは面倒なので、フライパンに多めのオリーブオイルを入れ、こんがり焼きました。

これで長年の懸案だったスペインから買ってきたバカラオを使い、やれやれ。冷凍庫の整理、少しずつですが継続中です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-09 03:16 | レシピ | Trackback | Comments(12)