やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レシピ( 293 )

キャロット・オレンジケーキ

擦りおろした人参とオレンジの香りの高いヘルシーなケーキです。

e0351091_3523875.jpg

人参が甘いので、思い切って砂糖を減らしましたので、スナックや朝食にも召し上がれます。

e0351091_3525492.jpg

思ったより人参の色が綺麗に出ました。人参よりオレンジの香りの方が強いので、人参嫌いの方にも大丈夫かもしれません。簡単なレシピですので、是非お試しください。


キャロット・オレンジケーキ
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING CHEZ MOI」を参考
材料:直径23−24センチの丸いケーキ型1個分(1カップはアメリカサイズの250ml)


小麦粉  1カップ (136g)
ベーキングパウダー  小さじ3/4
塩  小匙1/8
人参 中1本(皮をむいて約125g)
生姜 擦り下ろして小匙1
オレンジ 1個 皮とジュースの両方を使うので、無農薬かオーガニック
無塩バター 大さじ9 (128g)室温にする
オーガニックの砂糖 半カップ (100g)
卵 2個 室温にする

1. オーブンのラックを中段にし、350度F(180度C)に温める。

2. 底が抜けないタイプのケーキ型にパーチメントペーパーを敷き、その上からバター(分量外)を塗り、軽く小麦粉(分量外)を叩く。

3. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩を小さなボウルの中で混ぜる。

4. 人参を擦りおろし、生姜の擦りおろし、オレンジのゼストの摺り下ろしと混ぜる。

5. オレンジのジュースを絞る。65mlあれば良い。

6. バターをよくかき混ぜ、砂糖を加えてさらに良くかき混ぜる。(スタンドミキサーを使用の場合は、パドルのアタッチメントを使う。)人参や生姜の擦りおろしのミックスを加えてさらに混ぜる。オレンジジュースを加えて混ぜる。

7. ゴムベラに変えて、粉類を加えてかき混ぜ、ケーキ型に流し込み、オーブンに入れる。

8. オーブンで25−30分、真ん中に串をさして何もつかなくなったら、取り出して、ラックで休ませてから型から取り出す。

タッパーなどに入れれば、室温で3日持ちます。冷凍すれば2ヶ月持ちます。もし、固くなったらトーストしてバターやジャムを塗ってお召し上がりください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-18 03:54 | レシピ | Trackback | Comments(6)

春到来のサンディエゴ  ♪西洋サンザシ&豆ご飯♪

アメリカの東部や日本から大雪のニュースが聞こえて来ましたが、ここサンディエゴは一足早く春を迎えました。

e0351091_3163960.jpg

Hawthorn(西洋サンザシ)の白い花が満開です。

e0351091_3165660.jpg

2月13日、きれいに晴れた青い空に梨の花に似たサンザシの白が映えます。

友達の菜園にお邪魔し、丹精込めた美味しい野菜を沢山頂いて来ました。

e0351091_3171234.jpg

大根と豚肉は梅酒で煮てみました。先日レストランで友達が召し上がった黒豚の頬肉の梅酒煮に触発されて。梅酒の甘酸っぱさが大根にしみて、とても美味しくできました。

e0351091_3173445.jpg

残った大根の皮は昆布と生姜、醤油でさっと煮て箸休め。ラディッシュは甘酢に漬け、水菜はさつま揚げと生姜でさっと炒めました。調味は酒と醤油。

e0351091_3175013.jpg

最後は青豆ご飯。鞘と酒、昆布を15分煮出し(昆布は沸騰したらとります。この昆布を細く切って大根の皮と煮ました。)その汁(冷ましてからお使いください。)でご飯を炊きます。煮出した後の鞘もお茶パックに入れてお米と一緒に。

ご飯が炊けたら、軽く塩もみした青豆を加えて蒸らすか、さっと塩茹でしておいて後で混ぜます。桜の塩漬け(塩を抜きます)をのせて、一層春らしさを演出しました。

新鮮でお美味しい野菜で春を満喫。惜しげもなく沢山のお野菜をくださった友達に感謝し、寒い地域にお住いの方々に少しでも春の暖かさをお届けできたらと願いながら。


大根と豚肉の梅酒煮
材料(2人分)


大根  約300g
豚肉(すき焼き用) 約200g
大根の葉っぱ  適宜 さっと茹でて3センチ位の長さに切っておく
梅酒 大匙5
水  大匙5
醤油 大匙2

大根は皮をむき、1センチ幅の半月に切り、硬めに茹でておく
鍋に茹でた大根、梅酒、水、醤油を入れて、煮立ったら一口大に切った豚肉を入れる。
豚肉が煮えたら、大根の葉っぱを加え、一煮立ちしたら皿に盛る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-15 03:19 | レシピ | Trackback | Comments(6)

バカラオ(塩鱈)を使って二品  ♪シチューとコロッケ♪

ずーっと気になっていた冷凍庫の中のバカラオ。冷蔵庫でも1年はもつものですが、冷凍庫にあまり長いこと置いておくと冷凍焼けを起こします。

恐る恐る取り出してみると、大丈夫そう。水に浸け、水を替えながら冷蔵庫で3−4日。好い加減に塩が抜けました。

大きいので一人では2回分です。最初はトマト味のシチュー。

ざく切りにした玉葱(半個)とガーリックのみじん切りをオリーブオイルで炒め、一つ残っていたイタリアントマト、トマトの缶詰(200ml) を加え更に炒めます。(缶詰だけでも、生のトマトだけでもどちらでも良いです。)

e0351091_3141990.jpg

白ワイン(約150ml)を加え、鱈(約150g)を大きいまま入れ、グリーンオリーブ、ケイパー、じゃが芋を加えて蓋を半分して、じゃが芋が柔らかになるまで煮込みました。(ローリエ、タイム、胡椒入れますが、塩は入れません。)

干したものは野菜でも魚でも旨味が増します。美味しいシチューになりました。

2回目はコロッケ。玉葱のみじん切りと荒微塵にした鱈を炒め、マッシュしたじゃが芋、すりおろしたチーズを加えてコロッケに。

e0351091_3144112.jpg

揚げるのは面倒なので、フライパンに多めのオリーブオイルを入れ、こんがり焼きました。

これで長年の懸案だったスペインから買ってきたバカラオを使い、やれやれ。冷凍庫の整理、少しずつですが継続中です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-09 03:16 | レシピ | Trackback | Comments(12)

無花果と生姜のしっとりブラウニー  ❤️バレンタインデーに

2月の声を聞くと、チョコレートのお菓子を作りたくなります。

ちょうど買い置きのチョコレートがあったので、合唱のパート練習の後にお出しするために、ブラウニーを焼いてみました。

友達はご自宅の庭で沢山とれた無花果をドライにして、ラム酒に漬けておき、それを一瓶くださったのです。

e0351091_8143835.jpg

この無花果をたっぷり中に入れて、美味しいブラウニーができました。

無花果は小指の先ほどに切ったのですが、プチプチした食感が素晴らしいと、とても好評であっという間になくなりました。

e0351091_814598.jpg

自分のために4つほど残しておいたブラウニーを翌日は紅茶と共に。次の日もしっとりと美味しかったです。


無花果と生姜のしっとりブラウニー
レシピ:Dorie Greenspan著「Baking」を参考にして私がアレンジ
材料(20センチ四方の正方形の型 1個分):1カップはアメリカサイズの250ml


オーガニックの小麦粉  1/2カップ (アメリカではKing Authur)
塩   小匙1/8
シナモンの粉  小匙1/8
ドライ無花果 1/2カップ (私は既にラム酒に漬けてあるものを使いました。ラム酒に漬けていない場合は水大匙1と1/2と一緒に水がほとんど無くなるまで煮て、ラム酒大匙1と1/2を加え、火をつけてアルコール分を飛ばします。)
生姜 一かけ 皮をむいて擂り下ろす
ラム酒  小匙2
ビタースィートチョコレート 170g (私はリンツのダーク・スムーズ カカオ分70%を使用)
オーガニックの無塩バター 大匙12 室温にして指先大に切っておく
卵  大3個 室温にしておく
オーガニックの砂糖 1/2カップ

1.オーブンを300度F(160度C)に温めておく。

2.正方形の型にアルミホイルを敷き、バターを塗る(分量外)。

3.小麦粉、塩、シナモンをボウルに入れてかき混ぜる。

4.無花果を小指の先の大きさに切り、生姜のすりおろしを加えて良くかき混ぜる。

5.チョコレートをボウルに入れ湯煎にして溶かし、バターを少しずつ加えて、かき混ぜてスムーズにする。あまり熱くならないように気をつける。

6.スタンドミキサーかハンドミキサーで卵と砂糖を良くかき混ぜ、チョコレートとバターのミックスを加えて、更にかき混ぜる。

7.粉類を加え、更にかき混ぜ(最後はゴムベラにする)、無花果と生姜、ラム酒を加えて型に流し入れ、表面を平らにならす。

8.オーブンの中段に入れ、20ー25分。真ん中は少し生煮えで良いです。余熱で丁度良い仕上がりになります。しっかり焼いてしまわない方が美味しいです。(本には50ー60分焼くとあります。)

9.型のままラックに置いて冷ます。型から取り出して16個に切り分ける。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-05 08:15 | レシピ | Trackback | Comments(8)

金目鯛のお鍋&ふろふき大根とクルミ味噌

冷凍庫の一掃はまだ半分も終わっていませんが、新鮮なものが食べたくなって日本食料品店へ買い出しに行きました。

そこで見つけた新鮮な金目鯛のアラ。簡単にお鍋にしました。

アラは適当な大きさに切ってから80度Cくらいのお湯をかけ、冷水の中で、丁寧に鱗をとります。昆布と酒と水の中で煮て、アクを取って野菜類を入れて、ポン酢と柚子胡椒でいただきます。(昆布は煮立ったら引き上げましょう。)

e0351091_3121166.jpg

ポン酢は昆布醤油(醤油の中に昆布の切れ端を入れておきます。)とレモン汁を加えたものです。

残ったお汁と野菜類はうどんを入れて味をつけてお昼に。

金目鯛は子供の頃から好きなお魚です。お鍋もうどんも体が温まり、美味しかった!

さて、次の日の夕食はふろふきが食べたくて買ってきた大根。見た目は良かったのですが、切ってみると皮に近いところが黒ずんでおり、イマイチでしたが、クルミ味噌が美味しくできました。(大根が綺麗な丸になっていないのは、黒ずんだところを取ったからです。)

e0351091_3123122.jpg

メインは銀鱈のソテーと茸類(生椎茸、シメジ、エノキ)。

余った大根の皮は生姜と醤油煮。そして、大根の葉は干し海老と炒め煮にして。

毎日のように嵐模様だった天気も、今日はようやく青空を見せましたが、それも束の間、また雨が降り出しました。今日一日は不安定な天気のようです。本格的な青空が待たれる今日この頃です。

くるみ味噌のレシピ

胡桃一掴みをフライパンで乾煎りし、すり鉢で潰しながら荒く摺る。
小鍋に赤味噌(約大匙2)とみりん(約大匙2)、砂糖(約小匙1)を入れて弱火で練り上げ、くるみと混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-25 03:23 | レシピ | Trackback | Comments(8)

冷蔵・冷凍庫一掃作戦 ③ ♪海老とトマトソースのパスタ&煮込みうどん&鶏肉のクリームシチュー♪

このところ雨ばかり続いているサンディエゴです。昨日の土曜日(21日)と今日は雨が上がりましたが、また午後から明日、明後日と雨が続く予報です。

冷凍庫を片付けながら、新たに冷凍したり、冷凍ものを買うことはできないので、中々難しいものです。

常備している冷凍エビを使って、冷凍してあったトマトソースとパスタ。新たにガーリックとオリーブオイルを加えました。

e0351091_4305465.jpg

冷凍海老は以前も書いたことがありますが、殻を剥いたら海水くらいの塩水の中で揉むように洗います。水が灰色に濁りますから、今度は水が綺麗になるまで真水で洗い流し、水分をしっかりとって調理すると、プリプリ感が戻ります。

e0351091_4312674.jpg

次の日のお昼は冷凍うどんと冷凍してあった竹輪、冷蔵庫から白菜、葱、シメジで煮込みうどん。

e0351091_4313860.jpg

翌日の夕食は鶏肉のクリームシチュー。今回の冷凍ものは生クリームです。玉葱、人参、里芋、鶏もも肉を炒め、茅乃舎の野菜のだし汁を使い、最後に解凍した生クリームとバター。パセリのみじん切りを散らして。

最近は雨と風で近くへ車を出すのも躊躇する日が多いので、冷凍庫一掃作戦、少しずつ続いています。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-23 04:32 | レシピ | Trackback | Comments(6)

冷蔵・冷凍庫一掃作戦 ② ♪納豆のおにぎらず等♪

3パック一緒になって売られている納豆は全部を賞味期限内には食べられないので、どうしても冷凍に頼らざるを得ません。そのようなわけで、冷凍庫には必ず納豆が入っています。

e0351091_313220.jpg

この冷凍された納豆とやはり冷凍庫の中で1枚残っていた焼き海苔を使って、お昼はおにぎらず。納豆に組み合わせる良い材料が見つからなかったので、またまた鉢植えの水菜を入れました。お豆腐とわかめのお味噌汁を添えて。

夜は冷蔵庫に残っている少しばかりの豚肉と野菜(牛蒡、大根、人参)の切れ端をかき集め、冷凍庫の中からは油揚げを取り出し、さつま汁。蒟蒻はありませんでしたが、野菜からのお出汁で十分美味しかったです。

e0351091_3132216.jpg

メインはきじ焼き丼。鶏のもも肉だけは買ってきました。みりんと醤油(2:1の割合)を半量になるくらい煮詰めてタレを作ります。一口大に切った鶏のもも肉(皮なし)を串に刺して焼き、タレを塗りながら焼きます。

ご飯の上にタレを少しかけ、錦糸卵をのせ、焼きあがった鶏肉をのせます。青味に三つ葉をのせましたが、絹さやでもインゲンでも、あるものをお使いください。

きじ焼き丼、親子丼と同じくらい私の好きな丼です。

箸休めはインゲンの胡麻和え。胡麻ダレは先日一人しゃぶしゃぶをした時の余りのタレに米酢を足しました。

冷蔵・冷凍庫一掃作戦、なかなか一気には進みそうにありませんが、一歩ずつ。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-20 03:14 | レシピ | Trackback | Comments(12)

冷蔵・冷凍庫一掃作戦 ① ♪スモークサーモンのパスタ&鴨とチェリーの赤ワイン煮♪

本当はお節料理を作る前にしたかった冷蔵・冷凍庫一掃。年を越しましたが、徐々に開始することにしました。

お昼は冷凍庫の中からスモークサーモンとルッコラのジェノヴェーゼを取り出してパスタ。

e0351091_319981.jpg

先日、スモークサーモンに水菜が合うことを発見したので、水菜も入れて。友達から戴いた鉢植えの水菜はとても重宝です。根元に近いところから切ると、2週間もすると、また新しい葉っぱが生えてきます。

食べる直前に収穫した水菜はシャキシャキしてとても美味しいのです。

冷蔵庫の中で長いこと眠っていたゴボウはささがきにして水に放し、水気を切って更にペーパータオルでしっかり水分を取り、オリーブオイルで素揚げ。塩とパセリのみじん切りをパラパラと振りました。

冷蔵庫の中で熟してしまった柿は大根と水菜とサラダ。ブラッドオレンジの香りのついたオリーブオイルをかけて。

e0351091_319243.jpg

メインは鴨のソテー。冷凍庫からチェリーの赤ワイン煮を解凍し、鴨のソテーに添えました。

冷蔵庫のものは大体頭に入っていますが、冷凍庫のものは整理しているうちに、忘れていたものが飛び出しそうです。それに、しっかり冷凍されているものは解凍するまで中身が分からないものもあり、なかなかスリリングな仕事になりそうです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-17 03:22 | レシピ | Trackback | Comments(6)

スモークサーモンの押し寿司&干し柿の箸休め

昨年いただいた大きな半身のスモークサーモンを1回分ずつラップして冷凍したのが気になっていました。冷凍したとはいえ、早めに食べた方が美味しいからです。

夕べ、やっと押し寿司にしました。レモンと鉢植えの三つ葉をのせて、簀で3回巻いてみました。

e0351091_3181584.jpg

毎年作りますがサーモンそのものが美味しいので、とても美味しくできました。

押し寿司は型を使うより、簀の方がご飯と具、両方の量の加減ができて便利です。

箸休めは干し柿を使って。このお正月にご実家の富山県に帰っていらした方から戴いた干し柿です。

私が作った干し柿とどう違うのかが、興味津々でした。やはり、プロの味でした。負け惜しみでなく、私の作った干し柿も美味しいのですが、私のは家庭の味。

e0351091_3183873.jpg

干し柿は5ミリ程の厚さにスライスし、みりん(小さじ1−2)に10−15分つけておきます。その上に大根おろしを乗せて。ちょっとした酒のアテや箸休めになります。

そのほかは海老のスパイシーなソテーと九条葱の巣篭もり風、そして長芋のソテー。

やっとこのような夕食を作りたいと思い、楽しみながら作ることのできる体調と心の余裕が出てきました。
心身ともに健康であることが、料理するものの第一条件であることを今更ながら思い知ったのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-15 03:20 | レシピ | Trackback | Comments(12)

鰤と大根の粕煮&大根の葉っぱと胡桃の炒め煮

日本レストランでの合唱の仕事始めも無事終わり、長引いた風邪も90%治癒し、やっと普段のペースに戻ってきました。

合唱団のピアニストの指の怪我で、急遽私がピアノを弾きながら指揮をすることになり、毎日4−5時間ピアノの練習をして1週間、やっと目処がついたと安心した途端にひいた風邪。

怒涛のような年末年始が過ぎ、やれやれ、今年はどんな一年になるのでしょうか。

さて、そんなホッと一息の夕ご飯は鰤と大根の粕煮。

e0351091_324073.jpg

鰤は大きめの乱切りにし、熱湯をかけて臭みをとります。大根も乱切り。両方をだし汁で落し蓋をして茹でて、大根が柔らかになったら酒粕に味噌(赤味噌と西京味噌の合わせ味噌)を一緒にすり鉢であたり、汁で伸ばしながら、加えます。

最後に香りづけに醤油をたらして出来上がり。春菊とゆずを添えて。

大根の葉っぱは胡桃と一緒に炒め煮。調味は酒と砂糖と醤油。最後に削り節を加えましたが、ご飯のお供に最適です。

たまたま買ってあり、まだ封を切っていない胡桃を目にして思いついたのですが、これが大正解。多分お弁当の脇役にもいいのでは、と思います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-12 03:24 | レシピ | Trackback | Comments(12)