やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レシピ( 418 )

季節はずれの薔薇&洋風豚汁

昨日は何ヶ月かぶりに一日中雨が降りました。こんなにまとまった雨が降ったのは本当に久しぶりのことで、全てが洗い流されて、今朝は曇り空ですが、空気は澄んでいます。

e0351091_3361479.jpg

このザーザーぶりの雨の中、健気に薔薇の花が咲いていました。11月から12月にかけて暖かな日が続いた時に蕾を持ったのです。雨に濡れて折れそうに萎れたバラが気の毒で、切り花にしました。

冬眠のためにそろそろ30センチの長さに切り揃えなくてはいけない時期に、幾つもの花をつけたのは珍しいことです。

さて、昨日の夕食です。お節の残りの食材、牛蒡、蒟蒻、人参、大根、そして豚しゃぶ肉。この材料から思い浮かぶのは豚汁です。

ところが、スーパーからはsole(カレイの一種)のフィレを買ってきてしまったのです。この薄い魚はソテーにするのが一番。

そこで、洋風の豚汁にしてみました。

e0351091_3364079.jpg

具材は炒めず、野菜だし(茅乃舎を使用)で下ごしらえした野菜類を煮た後、豚肉を加えます。最後に西京味噌と生クリーム。

とても美味しくできました。多分ポイントは薄味にすること。また、赤味噌より白味噌や西京味噌の方が合うのでは?と思います。

e0351091_3374664.jpg

soleは水分を拭き取った後、卵の黄身を塗り、アーモンドプードルと少量の小麦粉、塩、白胡椒を混ぜたものをまぶし、バターとサラダオイルでソテー。最後にアーモンドのスライスを軽くローストしたものを散らします。

e0351091_3375836.jpg

薔薇のおかげで一気に春が訪れたような食卓になりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-11 03:40 | レシピ | Trackback | Comments(12)

里芋と豆腐のポタージュ ♪お煮しめの残り物のリメイク♪

お節料理の煮物に里芋の白煮を作りましたが、3個ほど余ってしまいました。

この残り物の里芋と4分の1ばかり余っていたお豆腐と一緒にポタージュにしてみました。

薄味のついている里芋はざっと水をかけて表面の味を落とします。だし汁の中で煮て、水切りした豆腐(ペーパータオルに包んで1分ほど電子レンジにかけます。)と一緒にミキサーにかけます。鍋に移して温めて、最後に白胡椒と生クリームで味を整えます。

e0351091_4113157.jpg

里芋に下味がついているので塩加減はお好みで。器に盛ってから青葱のみじん切りを浮かせました。

里芋のぬめりがとろっとして、熱々の美味しいポタージュになりました。

e0351091_4114525.jpg

メインはローストビーフのサラダ。ローストビーフもお節の一品として作った残り物です。水菜、ルッコラ、さらし玉葱、貝割れ大根、真ん中には卵の黄身の塩麹漬け(これもお重に入れた残りです。)。ドレッシングはモデナのバルサミコ酢とオリーブオイル、塩胡椒。

ビーフが美味しいので、これも美味しいサラダでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-06 04:12 | レシピ | Trackback | Comments(14)

スパイシーな鮪のステーキ

お節のお重に詰めようと塩麹につけておいた鮪の中トロのお刺身。二日漬けておいたら、表面が茶色になっていました。本当は棒状に切って海苔で巻こうと考えていたのです。悪くなってはいませんが、人様にお出しするのはためらわれて、次の日に別の料理にしました。

白・黒・グリーンペッパーの粒、コリアンダー、カルダモンを潰して、生姜のすりおろしを加え水分を拭いた鮪にまぶして、20分ほど置きます。

オリーブオイルをフライパンに熱し、鮪の表面を片面約30秒ずつ焼きました。

e0351091_422048.jpg

一方大事にとっておいた最後の柿、アボカド、柚子胡椒、塩、ライムの汁、オリーブオイル、パセリも香菜もなかったので、三つ葉の千切りを加えてサルサ風にして添えました。

e0351091_424590.jpg

中はまだレアーの状態で、スパイシーな鮪と甘い柿ののサルサがよく合いました。

e0351091_43299.jpg

お節の残りと一緒に。今年はたたき牛蒡が美味しくできました。多分、縦半分に切ったゴボウのスの入っている部分を取り除いたからかもしれません。柔らかでありながら、シャキシャキとした歯ざわりも残っていました。

2−3日はお節の残りを変身させながら料理するのもまた楽しみです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-05 04:04 | レシピ | Trackback | Comments(2)

2018年 元旦

明けましておめでとうございます。

昨年は私のブログに沢山の方々にお越しいただき、本当にありがとうございました。今年もマイペースですが、できる限り続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

大晦日は友達と二人でお節を作りながらおしゃべり三昧。夜は録画した紅白歌合戦を楽しく批評しながらシャンペンを飲んで年を越しました。

そして元旦の今日は日本人の友達を招いてお正月のお祝い。飲んで、食べて、お喋りして、またまた楽しいひと時を過ごしました。

お重はいつものように母から受け継いだ春慶の茶懐石用の小さなお重に一人ずつ詰めました

e0351091_103559100.jpg

お重の外側の左下から酢だこ(鰹出汁、酢、砂糖、醤油)、鯛の昆布締めの翁和え、桜茶、煮物(里芋の白煮、蒟蒻、筍、椎茸、人参、絹さや、銀杏)。里芋の白煮は水、砂糖、塩。筍は鰹だし汁、醤油、みりん。干し椎茸はつけ汁と鰹出汁、砂糖、醤油。こんにゃくは鰹だし汁、砂糖、醤油。絹さやは塩茹で、人参は鰹出し汁、砂糖、少量の酢と塩。そして塩銀杏。なます(自家製干し柿入り)。黒豆。

e0351091_10362739.jpg

お重は左上から、蒲鉾、伊達巻、鮭の照り焼き、蓮根のたらこ詰、八幡巻き、ローストビーフの貝割れ巻き、鶏肉の照り焼き、海老のうま煮、鴨のロース煮、卵の黄身の塩麹漬け、華頂山きんとん、たたきごぼう、ゆり根の甘煮(桜の花びら添え)、数の子の塩麹漬け、田作り。

e0351091_10372968.jpg

蒲鉾だけは市販品ですが、後は全部手作りです。

e0351091_10374661.jpg

お雑煮は鰹出汁の吸い物に大根と人参の千切り。鶏肉は酒と塩だけで別に煮ておきます。鉢植えのミツバ、柚子の皮、いくらを添えて。

e0351091_1038420.jpg

デザートはさっぱりと洋梨を白ワインとグレナディン(石榴のシロップ)でポーチしました。薄紅色の優しい色がお正月にふさわしく仕上がりました。

e0351091_10381938.jpg

お花やワインやお酒をお土産にいただき、誠にありがとうございました。

今年も美味しく楽しい幕開けとなりました。

皆様にとっても健康で良い年になりますようにお祈りしています。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-02 10:44 | レシピ | Trackback | Comments(14)

野菜たっぷりの和風シーフード・ポトフ ♪冷凍冷蔵庫の整理を兼ねて♪

冷蔵庫に少しずつ残ってしまった野菜を投入し、冷凍庫から先月茹でたロブスターの茹で汁と帆立、海老を加えて、味噌味のポトフにしてみました。

使った野菜は玉葱、長葱、人参、じゃが芋、カリフラワー、黄色いズッキーニ、インゲン。生姜の薄切りも加えて、煮えにくい野菜から茹で汁に加えていきます。

e0351091_405138.jpg

少しコクが足りなかったので、茅乃舎の野菜出しも少し加え、最後にホタテとエビを加え、西京味噌で調味。

たくさん作って夕食と次の日のお昼と2食に、とても美味しくいただきました。

e0351091_41681.jpg

副菜は友達の自家製高菜と油揚げの炒め煮。

野菜もお汁もたっぷり。体の芯から温まるスープでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-30 04:01 | レシピ | Trackback | Comments(6)

テンダーロインのローストビーフ トリュフソース添え

今年は娘夫婦や友達をお招きしたクリスマスディナーを考えていたので、オーガニックの牛フィレ肉の塊やトリュフの瓶詰めなども用意していました。

が、インフルエンザの蔓延で予期せぬ一人クリスマス。それでも元気になった私は、折角揃えた食材ですから、お一人様でも少しばかり豪華にしてみました。

e0351091_443818.jpg

まず、前菜は塩麹に漬けておいたマグロの中トロと味噌ドレッシング。自家製味噌の素にレモン汁、柚子胡椒、オリーブオイルを加えました。

室温にした牛のフィレ肉は筋や脂身を取り、しっかり水分を拭き取り、タコ糸でハムのような形に成形し、塩胡椒、酒、醤油に20−30分つけておきます。(塊は1キロですが、一人・2回分350gにし、あとは冷凍。)

水分を拭き取り、フライパンにオリーブオイルを熱し、全面に焼き色をつけ、蓋をして蒸し煮にすること約7分。別皿に取り出し、アルミホイルをかけて10分ほどおきます。

一方、赤ワイン1カップを大匙2になるまで煮詰めておきます。エシャロット(ひとかけ)のみじん切りをオリーブオイルで2−3分炒め、トリュフ(半分)のみじん切りを加え、更に少し炒めたあと、塩胡椒、煮詰めた赤ワインと一緒にします。

e0351091_451197.jpg

さて、牛肉から出てきた肉汁をワインのソースに加えて一煮立ち、スライスした肉の上にかけます。そして残りのトリュフの薄切りをたっぷりのせます。

マッシュポテトにはバターの他にマスカルポーネとトリュフオイルを加えておきます。ポテトの上にもトリュフのスライスを2枚ばかりのせました。

トマトは横半分に切り、オリーブオイルを切り口に塗って、200度のオーブンで15−18分。

e0351091_452644.jpg

サラダは黄色いズッキーニと人参をピーラーで薄くむいておきます。緑がなかったので鉢植えからルッコラを加えました。ドレッシングはレモン汁、オリーブオイル、塩、バニラエッセンス。

バニラエッセンスはほんのり香る程度に入れてください。でも、その甘い香りがなんとも言えず素敵になります。

e0351091_454129.jpg

鮪も、お肉もサラダもとても美味しかったです。こういうご馳走を作って食べて美味しいと感じるようになったということは、私の風邪は全快したということですので、それが何より嬉しいことでした。

健康のありがたさをつくづく感じた今年のクリスマスでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-28 04:07 | レシピ | Trackback | Comments(2)

オレンジババロア

皆様のクリスマスはいかがでしたか?

私も周囲の友達も体調不良が多く、今年も去年に引き続き一人のクリスマスでした。でも、去年と違い風邪も治ったので、少しはクリスマスらしいご馳走を作りました。

いきなりデザートからのご紹介です。最近ずっと食べたかったオレンジババロア。本当に久しぶりに作りました。

e0351091_3151049.jpg

ジュリア・チャイルドのレシピが基本ですが、少しアレンジしました。

e0351091_3152652.jpg

ババロアの中身はネーブルオレンジ、表面はカラカラオレンジ、外の飾りはブラッドオレンジと三種類のオレンジを使いました。別に意味はなく、たまたま買ってあったからです。

とても美味しくでき、1回で4分の1ほど食べてしまいました。オレンジの美味しいこの季節、どうぞお試しください。


オレンジババロア
レシピ:Julia Childのレシピをアレンジ
材料:約800mlの容器1個分(崩れやすいのでリング型が望ましい)


オレンジ ババロアの中身に1個 (ゼストとジュース)
     ババロアの表面の飾りに2個
     外側に半個
粉ゼラチン 7g
卵の黄身 3.5個
砂糖   60g 
コーンフラワー  小匙1
牛乳  178ml
卵の白身  2.5個
塩 少々
砂糖  大匙1/2
生クリーム  60ml
オレンジリカー  大匙1

オレンジ1個の皮をすりおろし、砂糖(60g)と指でするように混ぜておく。オレンジの身はジュースにする。60mlあれば良い。オレンジジュースに粉ゼラチンを振り入れてかき混ぜておく。

ババロアの表面に飾るオレンジをセグメントにし、残りの袋から絞ったジュースとオレンジリカー(分量外)に漬けておく。

卵の黄身と上記の砂糖を白っぽくなるまで泡立て器(又はスタンドミキサー)でかき混ぜる。コーンフラワーを加えてかき混ぜる。

牛乳を温め、上記の卵の黄身の中に少しずつ加えてかき混ぜる。鍋に移し、かき混ぜながらトロッとするまで火を通す。ここで熱くなりすぎると卵が固まるので、注意する。オレンジジュースでふやかしたゼラチンを加え、完全に溶けるようにする。

卵の白身と塩を一緒にピンと立つまでかき混ぜる。砂糖(大匙1/2)を加えてかき混ぜ、温かい黄身のカスタードに加えてかき混ぜる。冷蔵庫、または氷水の入ったボウルの中で冷やす。時々かき混ぜ、完全に固まらないように注意する。

ババロアの型の内側を水でさっと濡らし、底にオレンジのセグメントを綺麗に並べる。

生クリームを7分立てにし、冷えたババロアの生地に混ぜ、オレンジリカーを加える。並べたオレンジの上に静かに注ぎ、表面をならす。ラップをして冷蔵庫で完全に固まるまで冷やす。(4時間以上、一晩が望ましい。)

暖かな湯を張ったボウルに型をつけ、皿の上ににひっくり返す。

*残ったオレンジのジュースにオレンジリカーを加え、シロップにしてかけると一層美味しくなります。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-27 03:16 | レシピ | Trackback | Comments(4)

ちょっと豪華な鮪の漬け丼&体調不良の時の夕食2品

風邪もほぼ完治。そうなると真っ先に食べたくなるのはお刺身類。早速日本食料品店に赴き買って参りました。

実は数の子が大好きな婿さんのために早々に塩数の子を買って塩を抜き、塩麹につけていたのです。彼らには私が100%元気な時に改めてくることにしてもらったので、この数の子と一緒に鮪をヅケにし、いくらも加えて、ちょっと豪華な海鮮丼です。

e0351091_322352.jpg

すし飯にはせず、温かなご飯の上に直接のせました。1週間ぶりに日本酒もお猪口に2杯ほど。久しぶりに心から美味しいと思えました。

味覚も嗅覚も戻り、やっぱり健康なことは嬉しい!

風邪をひいていた間に作ったものは、肉団子と野菜たっぷりの中華風スープ。ライオンズヘッド・ミートボールの簡単版といったところです。

e0351091_3222263.jpg

玉ねぎと生姜のすりおろしを入れた豚ひき肉のお団子を両面焼き、白菜、干し椎茸、人参、葱を炒めてから野菜だしで煮込みました。とろとろの白菜とスープがとても美味しいです。

また、ある日は鶏肉の蒸し物。鶏モモ肉に塩を擦り込み、酒、潰した葱(10cm ) と生姜(一かけ)と一緒に20分ほど浸けておきます。そのまま湯気の上がった蒸し器で15−6分。(途中で上下を返します)

e0351091_322374.jpg

蒸しあがった鶏肉をお刺身のようにスライスし皿に盛ります。フライパンで熱々にしたサラダオイルを上からかけ、かけた油をまたフライパンに戻し熱します。鶏肉の上に葱と生姜の千切りを乗せ、再度熱したオイルをかけて出来上がり。

沢山あったミントを散らしましたが、香菜でもパセリでも良いでしょう。鶏肉がジューシーで柔らか。風邪をひいて腫れている喉でも食べやすい料理です。

塩気が足りなかったら醤油でなく塩やレモン汁でお召し上がりください。余ったら、ラーメンのトッピングにも最適です。

年末年始、くれぐれも体調に気をつけてお過ごしください。でも、万が一ご自身や家族のどなたかが体調不良になった時は、上記のような簡単で食べやすい料理を思い出して、ちょっと頑張って作ってみてください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-25 03:24 | レシピ | Trackback | Comments(9)

鮭とカリフラワーのクリームシチュー

この忙しい時期に風邪をひいてしまいました。どんなに気をつけていても病気になるときはなる、と自らを慰めながら、よりによって2年も続けて忙しい年末に風邪をひくとはついていません。

熱はないので、体は比較的元気なのですが、喉が痛くて声が出ない。職業柄か、声が出ないと元気も出ないのです。

このところ体が温まり、栄養のバランスが良く簡単なのでお鍋ばかりでしたが、いささかそれにも飽きましたので、昨夜は鮭のクリームシチューにしてみました。

鮭は常時どこでも手に入る便利な食材です。しかも、ヘルシーです。今が旬なので、スーパーに裸のまま山積みになっていた真っ白なカリフラワーも一緒に。

e0351091_3305799.jpg

まず、ベシャメルソースを作っておきます。

野菜だし汁(私は茅乃舎を使用)で人参を茹で、出来上がる頃カリフラワーを入れ固めに茹でてザルに取ります。この野菜を茹でただし汁に一口大に切り、塩胡椒をして数分置き、水分を拭いた鮭を茹でます。

茹で汁にベシャメルソースを合わせ、白味噌と白胡椒で調味し、鮭と野菜類を戻し、最後に生クリームを少々。

パセリがなかったので青葱を散らしましたが、ちょっとインパクトにかけました。

e0351091_3311670.jpg

サラダはキヌア、マンゴー、ルッコラ、ソレル、ドライフルーツ(ゴールデンレーズン、クランベリー)、ローストした胡桃とピーカン、ミントです。

ドレッシングはプレーンヨーグルト、生姜のみじん切り、塩胡椒、オリーブオイル、レモン汁。ミントの爽やかさと生姜が喉のあたりをスッキリさせてくれました。

風の特効薬は睡眠と食事。そのほか、良いと思われるもの、加湿器、蜂蜜レモン、ちょっと熱めのお茶でのうがい、塩水での鼻洗浄、思いつくものすべてを試しています。

そういえば、葱を焼いて縦に切り手ぬぐいに包んで首に巻くのも効果的と聞いたことがあり、試したことがあります。ネギの匂いがきつすぎて、却って喉が痛くなりやめてしまいました。

子供の頃はニンニクの汁をガーゼに染み込ませ、喉に直接塗ったこともありますし、温湿布や辛子湿布というのもありました。

でも、やはり基本的には休息と食事が一番大切なのでは?と思っています。皆さんの風邪対策、これは効く、というのがありましたら是非ご伝授ください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-21 03:32 | レシピ | Trackback | Comments(10)

フライパンで作る豚フィレ肉のロースト バルサミコ酢風味

豚のフィレ肉は脂肪分もなく、焼き過ぎなければ柔らかで好きな部位です。

昨日はローストポークが食べたくなり、きっとこんな風に調理してみたら、と頭の中で想像し作ってみました。想像した通りとても美味しくでき、嬉しくなりました。

e0351091_431944.jpg

先日レストランで前菜に出てきたりんごのチャツネを真似して添えましたが、これもポークによく合いました。

e0351091_433273.jpg

副菜はベーコンとラディッキョ・トルソの炒め物。ベーコンはできたら厚切りの方が美味しくできます。ベーコンを気長に脂が出るまでじっくり炒めた後、ラディッキョと炒め、最後に塩胡椒、ローズマリー、白ワインヴィネガーで調味します。(ベーコンに塩気があるので塩の量は加減してください。)


フライパンで作る豚フィレ肉のロースト バルサミコ酢風味
レシピ:オリジナル
材料(二人分)


りんごのチャツネ
りんご 大1個
ブラウンシュガー 小匙1
白レーズン  大匙1
カルバドスまたはアップルブランデーかブランデー  小匙1

りんごは皮と芯を取り、角切り。ブラウンシュガーをまぶし、水分が出るまで少し置く。火にかけて柔らかになるまで煮る。途中で白レーズンを加える。最後にカルバドスを加え、アルコール分を飛ばす。

豚フィレ肉のロースト
豚フィレ肉  250−300g (長かったら、フライパンに収まるように半分に切り、しっかり水分を拭き取る。)
ガーリック 1片 縦にスライスする
塩胡椒  適宜
クミン粉  適宜
ローズマリー  適宜
オリーブオイル  小匙2
バルサミコ酢  大匙1

1.豚肉に数カ所切り込みを入れ、ガーリックのスライスを埋め込む。

2.塩胡椒、クミン、ローズマリーをすり込み、タコ糸で形良く縛る。

3.オリーブオイルをフライパンに熱し、豚肉の全面に焼き色をつける。
蓋をして弱火で時々返しながら、蒸し焼きにする。

4.串を真ん中にさして、汁が少しピンクがかっている時に豚肉を引き上げ、別皿に取りアルミホイルをかぶせる。たこ糸を取り除く。

5.フライパンに小匙1ほどの油を残して残りは捨て、バルサミコ酢を加え、フライパンの底をこそげるようにして少し煮詰め、豚肉に汁を絡める。

6.豚肉を6−7ミリの厚さにスライスし皿に盛り、残りの煮汁をかける。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-15 04:04 | レシピ | Trackback | Comments(6)