やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 16日 ( 1 )

春の日本_2017 ⑸  ♪江戸東京博物館♪

3月29日(水)

東京に行ったら訪れたい所がありました。それは江戸東京博物館。博物館ができてからもう24年経つのですが、今まで一度も行ったことがありませんでした。

以前、江戸東京博物館が外国人にとても人気があるというのをどこかで読み、興味を持ちました。そして、私は江戸物の小説が大好きなのです。

宮部みゆきに始まり、浅田次郎、しゃばけシリーズの畠中恵、料理人が主人公の高田郁や和田はつ子の小説等々。

一人で行くのは寂しいので、小学校以来の親友にお供を頼みました。月曜日にもお会いしたのですが、やはり個別に会わないと。

博物館に行く前に近くの有名なお蕎麦やさん、ほそ川で食事をしたのですが、ここは撮影はご法度なので、写真がありません。ちなみに、二人とも穴子天せいろを頼みました。

お蕎麦も天ぷらもとても美味しかったです。

さて、江戸東京博物館はとても楽しい所でした。

e0351091_2264989.jpg

e0351091_22801.jpg

e0351091_228172.jpg

実物大の物や精巧なミニアチュア

e0351091_2284089.jpg

e0351091_2285814.jpg

e0351091_2291770.jpg

当時の庶民の暮らしぶりが分かるディスプレー

e0351091_230462.jpg

e0351091_2311560.jpg

本やテレビのセットがかなり当時の風景に忠実に描かれていることに改めて感心。

e0351091_2302956.jpg

e0351091_2304843.jpg

天秤棒や千両箱は実際に持って見ることができますし、籠にも乗ってみることができます。
当時の生活ぶりを実際に目で見て確かめることができ、非常に面白い博物館でした。

e0351091_2313878.jpg

帰りはJRの両国駅の西口で貴乃花など歴代の横綱の手形をパチリ。

一旦友達の家に寄り、一息入れた後は、夕食をしに和風の(というより多国籍)創作料理のお店、KICHIRI SHINJUKU WESTへ。

夕食は彼女のご主人、二人のお嬢さん、お嬢さんのお子さん、総勢6人の個室でした。

6歳の時から今に至るまでの親友ですし、ワシントンに住んでいた時は二人のお嬢さんを連れ、またサンディエゴにも遊びに来てくれた仲ですから、家族中で親しいのです。

おしゃべりに夢中でお料理の写真はカメラに収めませんでしたが、一つだけ、インパクトがあったので、撮ってもらいました。

e0351091_232779.jpg

それはグラナ・パダーノのチーズをお皿にしたリゾットです。濃厚で、沢山は食べられませんが、美味しいリゾットでした。

久しぶりに彼女のご家族にもお会いし、本当に楽しい一日でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-16 02:39 | レシピ | Trackback | Comments(2)