やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 04日 ( 1 )

抹茶マドレーヌ ♪ひな祭りのデザートに♪

ひな祭りの前日の合唱のパート練習後のデザートには、抹茶のマドレーヌにしようと決めていました。

e0351091_31852.jpg

桜の塩漬けを飾り、春らしい可愛いマドレーヌになりました。

e0351091_3181966.jpg

到来物のチョコと一緒にお出ししましたが、幸いとても好評で、おしゃべりの花も咲きました。

皆さんに喜んで頂けると作り甲斐があります。

e0351091_3183138.jpg

我が家の桃の花もほころび始めました。今年は摘蕾、摘果をしっかりして、良い実がなるように頑張りましょう。


抹茶マドレーヌ
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING CHEZ MOI」を参考にしてアレンジ
材料 (マドレーヌ型12−14個分)カップはアメリカサイズの250ml

小麦粉 2/3カップ (90g)
ベーキングパウダー  小匙1
海塩  小匙1/4 
抹茶  小匙1と1/2
オーガニックの砂糖 カップ1/4 (約60g)
卵  大2個 室温にする
蜂蜜  大匙1
無塩バター 大匙8 (113g) 溶かしておく
バニラビーン 半本 またはバニラエッセンス小匙1
牛乳  大匙2
桜の花の塩漬け マドレーヌの数の分の本数
キルシュ 適宜

1. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩、抹茶を一緒にしてボウルの中でかき混ぜる。

2. バターを小鍋で溶かし、バニラビーンを縦半分に切って中をこそげ、鞘と一緒にバターの中に入れて、蓋をして15分おいた後、鞘は取り除く。

3. 砂糖と卵をぽってりするまでよく撹拌する。(スタンドミキサーなどを使うと便利です。)

4. 3に粉類を加え、ゴムベラでかき混ぜ、さらにバニラ入りのバターを加えてかき混ぜる。(バニラエッセンスの場合もバターと一緒に加える。)最後に牛乳を加えてかき混ぜる。表面にラップがくっつくようにぴったりおおい、冷蔵庫の中で少なくとも1時間休ませる。

5. マドレーヌの型にバターを塗り、小麦粉を軽く叩く。4を型に入れて、さらに冷蔵庫で1時間休ませる。(ラップはしなくて良い。)

6. オーブンを400度F(200度C)に温める。

7. 生地を休ませている間に桜の花の塩漬けの塩抜きをして、ペーパータオルに挟んで水分を取る。キルシュに漬け、また水分を取り、マドレーヌの上に1本ずつ飾る。

8. オーブンの中段に入れ、11−12分。真ん中に串を刺して何もつかなくなったら出来上がり。途中焦げそうだったら、アルにホイルをふわっとかける。熱いうちに型から取り出し、ラックの上で冷ます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-04 03:20 | レシピ | Trackback | Comments(6)