やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

最近二日間の夕食  ♪キョフテ&宮保鶏丁♪

先日娘のところに滞在してわかったのですが、娘は1週間分の献立を考えてから買い物に行きます。無駄な材料を買わないようにしっかり計画を立てるのです。

私はあまり献立を考えることなく、お店で美味しそうなものや安売りを見て食材を買います。買いながら献立が浮かぶこともありますが、作る直前になって気が変わることもしょっちゅうあるので、大体が毎日出たとこ勝負です。

さて、そんな風にとりあえず買っておいた牛ひき肉でキョフテ。鶏の胸肉で中華料理の宮保鶏丁を作りました。

e0351091_2255632.jpg

キョフテは牛ひき肉(220g)にすりおろした玉葱(大匙1)とすりおろしたガーリック(1片)、塩胡椒、カエンヌペッパー、クミンを加えて混ぜ、小さめの俵型にして、オリーブオイルでソテー。ヨーグルトと千切り胡瓜のディップ(ザジキ:tzatziki))をつけて頂きます。(これにも塩胡椒、クミンを加えます。)

付け合わせはレモン・スピナッチと人参とりんごと香菜のサラダ。

e0351091_226981.jpg

宮保鶏丁はクン・パオ・チキンのことで、元来はピーナッツとの炒め物ですが、カシューナッツにしました。日本ではカシューナッツの方がおなじみだと思います。レシピは旧ブログのここ⭐️をご覧ください。

洋風にするつもりだった鶏胸肉が直前になって中華に変わりました。

娘と私では大分性格が違うと思っているのですが、きっと似ているところも沢山あるのでしょうね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-09-23 02:27 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/26064755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タヌ子 at 2017-09-23 06:04 x
私は翌日の献立ぐらいは考えて買い物に行きますが、お店で見てから決める方が多いです。
特にお魚は新鮮そうな物があったら買うようにしてます。
フランスは元々お魚が高めなのですが、最近更にその傾向が強くなり、特にサーモンはどんどん値上がりしてます。
前記事のサーモンはアメリカではどのぐらいのお値段ですか?
フランスではこのぐらいのサーモン2切れで10ユーロぐらい。
日本はもう少し安い気がするのですが…
鶏肉のカシューナッツ炒め、宮保鶏丁という名前だったんですね。
大好きでよく作るのに、正式名称を知りませんでした(汗)
Commented by Mchappykun2 at 2017-09-23 08:30
タヌ子さんへ

お客様がいらっしゃる時は献立を少しは考えてから買いに行きますが、普段は考えて行ってもない時もありますし、思いがけずに珍しいものや新鮮なものや、その時次第ですものね。
↓のサーモンはこの日安売りで、1ポンド(450g)17ドルでした。写真の倍の大きさ(全部で$11)を買って二日食べました。アラスカのキングサーモンは26ドルでした。本当にお魚は高いです。$26というと、牛のフィレステーキとほぼ同じ値段です。
Commented by jugon at 2017-09-23 16:20 x
Mchappykun2さん、こんにちはII

鶏肉のカシューナッツ炒めの名前、読めません(^^;
ずっと前に作ったことがありますが、どう作ったのか忘れてしまいました。レシピを参考にさせていただきますね~。
キョフテも、ソースも両方が美味しそうです。

私も何も考えないで買い物に行くタイプ。
見てその時々で二日分くらい決めます。
決めていてもあるとは限らないので、お客さまの時には絶対あるお店へ出かけたり。
後、ここ数年前からはネット・スーパーをよく利用しますが、それでも二日分くらいですね。
1週間分のメニューを決めて食材を購入されるお嬢さんを尊敬してしまいます。冷蔵庫も小さいので入れきれないのもありますが。
Commented by melocoton1 at 2017-09-23 19:56
献立を考えてお買い物、って見習いたいですが、絶対できません。 

その上夫が興味のあるもの全部買ってきてしまうので、無駄にしないよう冷凍したりで冷凍庫もパンパン。

シンプルなキョフテ、美味しそう。 

Kun Paoチキン、日本のカシューナッツ炒めはこれからきているんですね。 なんでカシューになったのかしら。
Commented by asu at 2017-09-23 21:06 x
1週間分の献立を立ててそれを実行するというのは素晴らしいですね〜。私は、最高その日の夕飯ぐらいまでしか考えられません・・あとは食べたいものと、あるもので、その日の気分で、コロコロと変えていきます。。 そうですよね。母と娘。真逆なことも多いですよね。私なんかまさにそれです。でも、もちろん似ているところもありますね。^^

キョフテっていう名前なんですね〜食べたことはあっても名前は知りませんでした。
こちらでも、肉団子は、小麦粉をつけて、油で炒め揚げるだけで食べることも多いです。
肉団子自体が、イスラム圏から来たという話を聞いたことがあります。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-09-23 22:00
いつの頃からかどこもピーナッツからカシューナッツに
取って変わられました。
中国の家庭で円卓を囲んで、お互いのお茶碗におかずを乗せて食べますよね。それがしたくて上海の友だちたくで
経験させてもらいました。父上が日本で喜ばれる
中華料理を調べてくれて作ってくれたんですよ。
茶碗に口をつけてワシワシと食べられない私に
父上がスプーンを渡してくれたのが忘れられません。

Commented by Mchappykun2 at 2017-09-24 02:54
jugonさんへ

宮保鶏丁は中国読みにするとgong bao ji dingと読みます。って誰も読めないですよね。kung pao(クン・パオ)の方が一般的ですね。四川料理なので、本来はかなり辛いのですが、だいぶんマイルドにしました。今回使った鷹の爪は1本です。
私は週2回買い物に行きます。なので、買うときは一応頭の中で、これにしようと思っているのですが、作る段になると、まったく変わってしまうのです。
娘はフルタイムで仕事をしているので、買い物は1週間に1回だし、疲れて帰ってきたら献立を考えるのも面倒なのでは?と思います。アメリカの冷蔵庫は大きいですから、それができるのですが。
Commented by Mchappykun2 at 2017-09-24 03:02
meloさんへ

娘の冷蔵庫も冷凍庫も計画的に買っているにしては、パンパンです。私は冷蔵庫を変えてから、収納スペースが効率的にできているので、スペースに余裕ができるようになりました。
ピーナッツの方が伝統的なそうですが、カシューナッツも使うそうです。その方がちょっと高級感があるので、日本では好まれるのでしょう。
Commented by Mchappykun2 at 2017-09-24 03:07
asuさんへ

多分娘は仕事から帰ってきて献立を考えるのが面倒なのだと思います。母と娘って、なんだか不思議だなと思います。娘は18歳で親元を離れたので、私が知らないうちに大人になり、へーそうなんだ、と思うこともたくさんあります。
キョフテはトルコや中東のもので、それこそ何種類もあるそうです。私のはなんちゃってキョフテ、だと思います。
Commented by Mchappykun2 at 2017-09-24 03:09
ソーニャさんへ

カシューナッツの方が高級感があるから、(実際にお値段高いですし)日本人の好みに合っているのでしょうね。
そう、中国人はお茶碗に口をつけてかき込むようにして食べますね。
ソーニャさん、上海にも行かれたことがあるんですね。私は中国にはいったことがありません。現地の方の食卓に招かれるって、素敵ですね。