やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

プロヴァンス風パスティスで煮込んだ鶏料理

パリ在住のアメリカ人シェフ、David Lebovitzさんの最新レシピです。

あまり出番がないので棚の中で眠っているパスティス(アニス系のリキュール)を使うのにもってこいなので、早速作ってみました。

e0351091_2364942.jpg

骨つきの鶏もも肉、(Lebovitzさんは一羽をさばいていました。)をしっかりソテーしてから、トマトのざく切りとガーリック、パスティス、じゃが芋、パセリで煮込んだボリュームのある料理です。(日本語に訳して二人分の材料のレシピを下に書きました。)

シチューのようではありますが、トマトが沢山入るので、今の時期がお勧めです。

e0351091_237329.jpg

人参とリンゴ、ヨーグルトのドレッシングのサラダを添えて。


プロヴァンス風パスティスで煮込んだ鶏料理
レシピ:David Lebovitz さんのブログを参考
材料(二人分)


鶏もも肉  骨、皮付き 600−700g
塩胡椒  適宜
オリーブオイル 大匙1
パスティス (アニス系のリキュールならパスティス以外のものでも良い) 150ml
トマト  大2個  皮ごとざく切り
ガーリック  2片  みじん切り
じゃが芋  中2個  
イタリアンパセリ  みじん切りで約半カップ
砂糖  (小匙1/2) お好みでなくとも良い

1.鶏肉の両面に塩胡椒する。(一晩おいても、すぐに調理してもどちらでも良い。)

2.厚鍋にオリーブオイルを入れ熱し、中火で鶏肉をソテーする。動かさずに良い焼き色がつくまでじっくり炒める。(片面3分はかかります。)別皿にとる。

3.厚鍋の余分のオイルは捨て、(小匙1くらいは残す)パスティスの半量を入れ、鍋底をこそげるようにする。

4.半量のトマト、鶏肉(皿に残っているジュースも)、ガーリック、残りのトマトの順に加える。残りのパスティスを加え、煮立ったら、水(約500ml、じゃが芋の量によって加減してください。)を加えて、煮立ったら弱火にして、蓋をし15分ほど煮込む。

5.煮ている間に、ジャガイモの皮をむき(お好みで剥かなくとも)1センチの厚さにスライスする。

6.鍋の中のものを一旦かき混ぜてから、じゃが芋、半量のパセリ、砂糖を加え、じゃが芋の上に塩(適宜)を振る。蓋をせずに鶏肉とじゃが芋が煮えるまで約20−30分煮込む。時々汁をじゃが芋や鶏肉にかける。

7.材料が煮えたら、味見をし、足りなければ砂糖や塩を加え、更にお好みでレモン汁を加えても良い。

8.皿に盛り付け、残りのパセリを散らす。

*じゃが芋を入れない場合はご飯やパスタも合います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-08-31 02:38 | レシピ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/26015329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoshi at 2017-08-31 13:38 x
最近DLさんのレシピブログをご無沙汰していました。
うちにも半分飲みかけの古いパスティスが眠っているのを思い出しこれはいい使い道ができたと感謝です。
パスティスはもう少し夏が食前には飲めません。

彼はこまめにレシピや他の興味事をエナジェティックに更新していますね。
食材の事や料理が本当に好きなのでしょう。


Commented by asu at 2017-08-31 16:47 x
pastisは飲んだことはないのです。スペインも、アニスのリコールがあって、これは女性(ご年配の)が飲んでいるシーンが映画やドラマでよくあります。そしてこのリコールを使ったお菓子もスペインでは多いんですよ。
アニスの香りがして美味しそうなお料理ですね〜〜
Commented by jugon at 2017-08-31 19:28 x
Mchappykun2さん、こんばんは。

パスティスを買って来なくっちゃ(^^)
結構いろんなリキュールを飲みますが、パスティスは自分では買ったことがありません。
他のリキュールだったら何だろう、と考えながら・・・。
ジャガイモが入るとそれ一品でも良いくらいのボリュームになりますね。
Commented by Mchappykun2 at 2017-08-31 23:46
yoshiさんへ

リキュールは1回買うと私などもなかなか使い切ることができません。ラム酒はお菓子に大量に使うので、すぐになくなりますが。アニスの独特な香りがチキンにも合いました。フィッシュスープやブイヤーベースにも少量のパスティスを入れると美味しいです。
DLさんのブログは記事もなかなか面白いですね。
Commented by Mchappykun2 at 2017-08-31 23:48
asuさんへ

パスティスはそのままで飲んだことはありません。ムカーシ、カクテルに使うので買ったのだと思います。料理のほか、桃のデザートを作った時ちょっとパスティスを入れると、大人の味になりますね。スペインにもパスティスのお菓子があるんですね。どんなのか興味があります。
Commented by Mchappykun2 at 2017-08-31 23:51
jugonさんへ

パスティスの入ったカクテルも作ろうか、と思ったのですが、面倒になりやめてしまいました。アニス系は独特な香りですから、アニスでないものの代用は難しいですね。
そうなんです。ジャガイモのおかげでボリュームたっぷりでした。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-08-31 23:51
甘くてアルコール度数が高い様ですね。
アルコールが飛んでしまいそうなぐらい放置してる
のが5本ぐらいありました。
見習って成仏させてあげなくっちゃ。

そういえば、最近カクテルの紹介がないような?

イサム・ノグチの書籍は中古しかありませんでした。
変なところが几帳面で、知らないひとが触った本を
バッグに入れることができません。
なので図書館で借りる事もできません。
面倒な性格です。
Commented by Mchappykun2 at 2017-09-01 01:24
ソーニャさんへ

パスティス、そのまま飲んだことがないのですが、それほど甘くないと思います。フランスではとてもポピュラーだとか。タヌ子さんにいつだったか、桃にパスティスが合うことを教えてもらって、試したらスッキリした味わいになりました。最近作った桃のジャムにも入れました。スッキリした味わいなので、そんなに甘くないのでは?と思いました。でも、今度そのまま飲んでみます。

イサム・ノグチの単行本は2000年、文庫本は2003年です。絶版になってしまったのですね。この本でドウス昌代は講談社ノンフィクション賞を受賞しました。
そうですか。人はそれぞれこだわりのようなものがありますものね。