やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

烏賊とバジルのガーリック炒め

タイ料理にヒントを得た烏賊の炒め物です。

皮をむいて輪切りにした烏賊の胴をガーリックのみじん切りと鷹の爪、庭になった小さなライムと鉢植えのバジルで炒めてみました。(おおよその分量は下に書きました。)

e0351091_235721.jpg

ちょっとエスニック風で、バジルの香りの高い美味しい一品に仕上がりました。

烏賊の足(ゲソ)は茹でてトマトとオレンジ色のパプリカ、パセリとサラダ。ドレッシングはシェリーヴィネガーと塩胡椒、オリーブオイルです。お手持ちのヴィネガーで良いのですが、ほんのり甘いシェリーヴィネガーが良い味を出しました。

e0351091_241528.jpg

インゲンは軽く茹でてから生ハムと一緒に炒めました。この場合はオイルと塩は使わずに、生ハムから出る旨味で十分です。

この日もよく冷えた白ワインと共に、ゆったりとした週末のお一人様の夕食でした。


烏賊とバジルのガーリック炒め
材料(一人分)


烏賊の胴 1ハイ  皮や骨を取り除き輪切りにする
白ワイン  大匙1
オリーブオイル 大匙1
ガーリック 5片  みじん切り
鷹の爪  1−2本  種を抜く
ライム  普通の大きさのもの半分  皮ごと粗みじん切り
塩胡椒  適宜
バジル  大きい葉っぱ10枚

輪切りにした烏賊の胴は白ワインに漬けて室温にする。
オリーブオイルをフライパンに熱し、ガーリックと鷹の爪を焦げないようによく炒める。
香りが立ったら、烏賊とライムを投入。烏賊に火が通ったら塩胡椒を加えて火を止め、バジルの半量を加えて一混ぜする。
さらに持ってから残りのバジルを散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-31 02:05 | レシピ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/25949034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asu at 2017-07-31 20:44 x
肉厚のあるしっかりした烏賊ですね。ライムが入ると、レモンとはまた違った味になりますよね。私も今度ライムを買ってみよう。
Commented by Mchappykun2 at 2017-07-31 23:27
asuさんへ

このスルメイカは冷凍を解かしたもので、日本食料品店では年中売られています。
ライムってやっぱりレモンとは違いますものね。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-08-02 10:12
手に入りやすい材料でグー(^-^)g""

母は<:ロミの皮を剥かずに輪切りにしていたので
とても食べにくく、皮に絡まったソースがぺチッと
はねると云うと、母はなんて云ったと思いますか?
「真っ白だとだからデザインとして残していた」
絶対に皮を剥くのを横着していたと今でも
疑わない娘です。
Commented by Mchappykun2 at 2017-08-02 12:58
ソーニャさんへ

料理によっては皮をつけたままの方が美味しいのもありますね。母がよく作った烏賊の肝も入れた大根や里芋の煮付けは皮がついたままの方が美味しいです。1度私が皮をむいて料理したらどうなるのか、とやってみたら、全然美味しくなかったのです。