やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

金柑の甘煮と苺ジャム

日曜日の母の日、近くのファーマーズマーケットを訪れました。

期待したほどの収穫はありませんでしたが、ローカルの苺と金柑、分厚いステーキ用の鮪を買い求めました。

苺はジャム。私は苺の重さの約3分の1のオーガニックの砂糖を使います。そして、最後にキルシュを少々。日本の農林規格ではジャムの糖度は45%以上、国際規格では65%なそうですから、市販品よりずっと低糖度です。

e0351091_2171788.jpg

その代わり日持ちはしませんから、沢山作らず冷蔵庫で保存し、早めに食べきるようにしています。

e0351091_2162793.jpg

金柑はマーマレードと甘煮を作りました。金柑は1ポンド(450g)3ドルとスーパーの半値でお買い得でした。

母は金柑の甘煮をお正月のお節として作っていました。洗った金柑の一つ一つにを編み棒でいくつか穴を開け、何度か茹でこぼしてふっくらと仕上げていました。(私のレシピは下に書きました。)

e0351091_2164494.jpg

作った甘煮は早速マグロのスパイシーなステーキに添えました。ほんの少しほろ苦く甘い金柑は、スパイシーなステーキによく合いました。(マグロのスパイシーなステーキのレシピはこちら⭐️)

さて、次は何に合わせてみましょうか。

金柑の甘煮
材料


金柑 200g 
ライトブラウン・シュガー(オーガニック)80g
蜂蜜  大匙1
水  100ml
ラム酒  小匙1

金柑はよく洗い、ヘタを竹串で取る。
縦に2箇所切り込みを入れ、上下を少し潰すようにして竹串で種を取った後、成型し直す。
1度茹でこぼす。
金柑、砂糖、蜂蜜、水を鍋に入れ、煮詰める。少し汁気が残る程度で金柑が半透明になるまで。(15分くらいです。)
ラム酒を加えて、つぶれないようにかき混ぜ、熱いうちに清潔なビンに詰める。(瓶は熱い湯で綺麗に洗って拭いた後、ウオッカで湿らせたペーパータオルで丁寧に拭きます。)


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-17 02:18 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/25778539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fleur de sel at 2017-05-17 05:48 x
金柑は市場から消えてしまいました。マーマレードはさぞかしおいしいと思います。マグロはこのような厚いもの買うのはちょっと無理です。現在小さいカツオ一匹のまま1㎏半位のものがその日により安く出回っているのですが2人家族では使い切れないと横目で眺めています。それでなくとも保存食はたくさんあるので。
このような厚さのステーキはパサつかずしっとり美味しいでしょうね。金柑との組み合わせも。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-05-17 12:56
アルコールのススム、スパイシーなモノ大好き♡

こちらも金柑終わってしまいました。
でも苺がまだ並んでいます。
小学生の頃は1月~3月中旬だったと記憶していますが、
いまは12月~半年以上は出てます。
苺のお値段は¥390~¥1300と幅広いけど
ジャムにするにはプルプルっ。
Commented by Mchappykun2 at 2017-05-18 02:08
fleur de selさんへ

私もまだ金柑が売られていてびっくりしました。オレンジなどもここは一年中売られているのですが、普通金柑は季節ものですよね。
アメリカのスーパーだと、マグロは大体この厚さです。お刺身ようではないので、かなり火を通さなければいけないのは残念ですがでも、確かにパサつきませんでした。

カツオ、ですか。でも小さくとも1キロ半は大きいですね。先日日本食料品店で、日本からの直輸入のカツオのお刺身が売られていました。一人分が22ドル、横目でちらと見ただけです。
Commented by Mchappykun2 at 2017-05-18 02:11
ソーニャさんへ

お刺身ようの鮪なら、表面をシアーしただけで良いのですが。。。
下の姉も苺が高すぎてジャムを作れないと言っていました。日本の苺は粒ぞろいで美味しいけれど、高いですね。ファーマーズマーケットでは3パック、約1.2キロで8ドルでした。粒も大きいの小さいの様々でしたが、アメリカものとしては甘かったので、ジャムにはちょうど良かったです。
Commented by tanat6 at 2017-05-18 02:21
そちらでは まだ金柑があるのですね。
日本では冬以外は見かけません(たぶん…)
金柑小さいので ヘタをとって穴開けて 結構大変ですよね。
母はよく炊いていて、風邪をひくと食べさせられていた記憶があります。
私も大好きなんですが 面倒でなかなか多くは炊けません。
マーマレードに甘煮、沢山の金柑で羨ましい~
Commented by タヌ子 at 2017-05-18 07:12 x
我が家の自家製ジャムも砂糖はかなり少な目なので、大量には作れません。
金柑はこちらでもたまに見かけることがあるけれど、今頃だったかしら?
フランス人はどうやって食べているのかしら…
ヘタや種を取るのが大変だから、これも一度に沢山は作れませんね。
お魚だけじゃなく、鶏肉や豚肉との相性も良さそうですね。
Commented by Mchappykun2 at 2017-05-18 23:57
tanasさんへ

普通金柑は冬のものですよね。私も未だにローカルのものがあるのでびっくりしました。お値段も安いし。
確かに小さいので種を取るのは面倒で、途中で投げ出したくなりました。
母のようにふっくら炊けなかったので、もう少し研究しなくてはいけません。煮詰めすぎたのかもしれません。
Commented by Mchappykun2 at 2017-05-19 00:00
タヌ子さんへ

ジャムを作っているとお砂糖の量にギョッとしますよね。私は自分の舌でも、30%以上の砂糖はどうしても入れることができません。
私もアメリカ人がどうやって金柑を食べるのか謎です。レストランでも出てきたことありませんし。でも、普通にスーパーで売られているのですよね。面倒がり屋のアメリカ人がマーマレードを作るとは思えないし。。。
Commented by asu at 2017-05-19 04:24 x
私も30%の砂糖で作ります!でも、果物の甘みで十分甘いですよね。金柑、美味しいですよね〜。日本でちょうど母が何度も作ってくれました。お料理にも合いますよね〜。
こちらでもたまに金柑が売ってるんですよー。
Commented by Mchappykun2 at 2017-05-20 00:53
asuさんへ

ジャムだから甘くないと美味しくないですが、30%でも十分に甘いですよね。特によく熟した果物だと。
そうですか。お母様、金柑を作ってくださったのですね。スペインでは金柑をどうやって食べるのでしょう?やはりマーマレードでしょうか?