やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

Fleur de selさんの ♪メイベルのガレット♪

私は常に簡単で美味しいデザートのレシピを探しています。月2回合唱のパート練習の後にお出しするためです。

しかも10人ぐらいで分けることができ、人数に多少増減があっても対処できたら言うことなしです。

e0351091_1542947.jpg

そんな条件にぴったりのデザートをFleur de selさんがアップして下さいました。今まで何度もこの方のレシピをお借りしてきましたから、味に関しては疑う余地がありません。

e0351091_1544694.jpg

そして、やはり、とても美味しくでき、皆さんにも大好評でした。

Fleur de selさんのブログには丁寧なレシピが載っていますが、私の備忘録として、一応下に書いておきました。

Fleur de selさん、また美味しいレシピをありがとうございました。

e0351091_1551495.jpg

e0351091_1554320.jpg

さて、今年はクジャクサボテンの当たり年らしく、たくさんの花が咲いています。4輪一度に咲いた日もあれば、黄色も咲きました。

e0351091_1555473.jpg

暗くなると開花するこの花。昼間より暗闇の方が妖艶です。昼間になると魔法が解けたようになると思いませんか?

なお、写真は雨が降る前の5日に撮影したものです。


Fleur de selさんの ♪メイベルのガレット♪
材料 (5センチ四方のガレットが約30枚分)

小麦粉  250g
オーガニックの砂糖  100g
有塩バター 125g 無塩バターを使用の際は塩を適宜加える
ラム酒に漬けたドライフルーツ  ドライの時の重さで300g
バニラエッセンス  小匙1/2−1

私はドライフルーツをラム酒に漬けたものを常備しています。古いものは2年ものもあり、フルーツケーキなどに使うと、とても美味しいです。室温で保つことができますので、常備しておくと便利です。

今回使ったドライフルーツは、レーズン、白ぶどう、ザンテ(レーズンの一種)、クランベリー、友達から頂いたイチジク、アプリコットです。


レシピ
1.バターは冷蔵庫から出して、美容のアイクリームくらいの固さにしておく。

2.オーブンを180度C(360度F)に温めておく。

3.無塩バターの場合は塩と小麦粉を一緒によくかき混ぜておく。

4.バターと砂糖を手でよく混ぜる。オートミールくらいの粒になったら、小麦粉を加えて、さらに両手で細かいパン粉くらいの大きさになるまでよくかき混ぜる。(ゴムベラや泡立て器を使うより、手の方がよく混ざると思います。)

5.ラム酒に漬けたドライフルーツを加えて、さらに混ぜ、ひとかたまりにする。(ラム酒に漬けたドライフルーツは笊に置いて水分を切りました。)

6.まな板にラップを敷き、5をその上に置き、ラップをかけて、2枚のラップに挟んで、麺棒で5ミリ厚さに伸ばす。

7.上のラップを取り、パーチメントペーパーを敷いた鉄板にもう一方のラップを上にして置き、ラップを丁寧に剥がす。

8.オーブンの中段に入れ、20−23分、表面がうっすらと狐色になるまで焼く。熱いうちに好みの大きさに切り、ラックで冷ます。

*ドライフルーツの他にナッツやチョコレートを入れても美味しいのだそうです。次回は試してみたいと思いました。

*タッパーなどに入れると、1週間は持つと、Fleur de selさんのブログにあります。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-10 01:57 | レシピ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/25759989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fleur de sel at 2017-05-10 04:28 x
作ってくだっさりそしてご紹介有難うございます。ラム酒漬けの果物2年なんてすごいですね。さぞかし美味だと思います。我が家は季節のリキュール頻繁に作りますが 2年など寝かせることはできません。サボテンの花は本当にはっとする美しさですね。
Commented by Mchappykun2 at 2017-05-10 14:18
fleur de selさんへ

簡単なのに、とても美味しくできました。ありがとうございました。作ったその日は結構お酒の香りが強く、お酒の弱い方にはお持ち帰りにしてもらいました。車を運転して夜道を帰るので、余計な心配はしたくないので。
ラム酒漬け、最初はたまたま2年経ったものがあり、恐る恐る開けてみたら、悪くなるどころか、とても良い味になっていました。その後は計画的に長年漬けるようにしています。

クジャクサボテン、直径20センチはある大きさなのです。蠱惑的というか、ちょっと薔薇などとは違った美しさですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-05-11 12:17
合唱のメンバーにお出しするから作り甲斐があるけど、
いつも同じというわけにはいかないからレパーリーを
常に探すのは大変。
でも味覚の合う、味に信頼のおける人を見つけられ、
その上、交流があると作る楽しみ倍増ですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2017-05-12 00:49
ソーニャさんへ

Fleur de selさんがいつも素敵なレシピを載せてくださるのは、本当にありがたいです。味に信頼のおける人、というのはこれでいて、結構難しいものがありますものね。