やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

春の日本_2017 (15) ♪金沢のお寿司屋さん♪

4月4日(火) その3

金沢での夕食はお寿司屋さんにしました。金沢ならではのネタと東京よりリーズナブルな値段で食べられると聞いたからです。

私がネットで色々調べて二件に絞り、最終的には姉妹で決めたお寿司屋さんは、ご主人以外は全て女性という乙女寿司

ここへもタクシーで。金沢はコンパクトですし、三人なのでタクシーはとても便利です。乙女寿司は有名店ですから、ほとんどのタクシードライバーさんはご存知らしいです。

e0351091_224335.jpg

早く着きすぎたので、風情ある玄関前で一休み。

e0351091_2241985.jpg

お店お勧めの地酒でまずは一献。

全ておまかせで。

e0351091_2243785.jpg

2種類の海老(ボタン海老とガス海老?)と のど黒(?)

全く記録しなかったので、うろ覚えも良いところです。

e0351091_2245419.jpg

三種のお刺身はバイ貝、平目ともう一つは?

e0351091_2252551.jpg

蛍烏賊の沖漬け

e0351091_2254216.jpg

フグの白子 

e0351091_2261310.jpg

手前の一つは海苔に巻いていただきます。

e0351091_2263666.jpg

確かこのこ(海鼠の卵巣)の入った茶碗蒸し

e0351091_2265058.jpg

何を蕗の薹で和えたのだったか?

e0351091_227864.jpg

焼き物 のど黒

e0351091_2272398.jpg

確か アイナメのお吸い物

ここから握りで

e0351091_2274464.jpg

多分 アカイカ

e0351091_2275746.jpg

のど黒の炙り

e0351091_2281353.jpg

バフン海胆 (これは北海道産)

e0351091_2282530.jpg

マグロトロの巻物

ここまで食べるのに夢中で写真に撮り損ねたもの数種類。

ここから締めた魚になりますが、どうしますか、と聞かれ、もちろん頼みました。

e0351091_2284082.jpg

コハダの酢締め

e0351091_2285221.jpg

のど黒を含む3種類のお魚のアラのお吸い物

e0351091_229286.jpg

しめ鯖

e0351091_2291452.jpg

穴子

どれもとても美味しく、特に日本海で獲れるのど黒を、お刺身、焼き物、炙りの握りでと3種類の料理でいただいて、本当に満足しました。

カウンター席には八人。左端には韓国人男性お一人様。私の右隣の四人がお帰りになって入れ替わりに入ってきたのはアメリカ人の父と息子のような二人連れ。金沢に住んでいらっしゃるのかと思ったら、アトランタから観光でいらしたとのこと。

店のご主人に聞いたら、春のこの時期は外国人のお客様も大勢見えるとか。ここは予約なしではほとんど入れないお店です。ホームページもないし、日本語を喋れない外国人の方が、どうやってこの店を探して予約したのでしょう。

ともあれ、金沢の美味しい料理と暖かく人情味溢れる人々、日本情緒たっぷりの歴史ある街並みが、外国人を魅了しないはずはないと思います。新幹線も開通して、金沢はますます人気のある都市になることでしょう。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-28 02:31 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/25729895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanat6 at 2017-04-28 09:53
Mchappykunさんのアンテナ凄いです!
乙女寿司 なかなか予約が取れないんですよ~
私達も昨年の秋行きたかったのですが、人数が多かったため二ヶ月くらい前でも取れなかったんですよ。
羨ましい、さぞ美味しかったことでしょう。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-04-28 13:06
料理・にぎり、どれもが丁寧。
下処理がいいんでしょうね。

この時期は雪山の雪が溶けて川から海に流れ
お魚の身がしまるんじゃないかなって勝手に想像。
なら、ソーニャも同じコースを泳がねば!?って
云われそう。
Commented by fleur de sel at 2017-04-28 22:25 x
どれもこれも本当に美味しそう。アメリカに帰られて当分はその余韻に浸りそうですね。それにしても日本の食文化は奥が深いです。
下の写真の着物姿の街並み 先日熊井啓監督の海は見ていたという映画を見たのですが東京深川の物語なのですが色町で凄く華やかな色合いの着物なんとなく同じような色合いの着物に家つくり何かイメージが重なりました。現在の若い世代の方々はこのような華やかな着物をお召しになるのかとふと思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2017-04-29 00:22
tanaさんへ

やっぱり、そんなに人気のお店なんですね。かなり予約が難しいとあちこちに書いてあったので、ひと月以上前に、下の姉に頼んで電話で予約してもらったのです。
仕事が丁寧で、とても美味しかったです。私はどちらかというと一仕事したお寿司の方が好きなので、私のツボにはまったという感じです。
はじめに私の隣に座っていたカップルは常連さんらしく、おかえりの時に2ヶ月先の予約をしていきました。
Commented by Mchappykun2 at 2017-04-29 00:25
ソーニャさんへ

写真でも丁寧さがわかりますよね。↑にも書きましたが、一仕事したお寿司が好きなので、私の好みにドンピシャだったのです。
お魚は寒流と暖流が合わさるところが美味しいといいますものね。そういえば、サウナに入っては冷たい水に入り、というのをやるの、ありますよね。
Commented by Mchappykun2 at 2017-04-29 00:29
fleur de selさんへ

本当に日本料理は奥が深いです。料理だけでなく器とか盛り付けとか、外国の料理にも大きな影響を与えましたね。

だいぶん前の話ですが、日本の方に着物の柄や色合いが昔とはとても変わった、と聞いたことがあります。半襟なども大正時代のような柄物だったり。これはレンタルなので、特に外国人にも好まれるように派手めなものが多いのでは?と思います。