やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ひな祭りのちらし寿司

最近はケーキ寿司とか色々流行のようですが、私にとってひな祭りのちらし寿司は昔ながらの五目寿司。母の味です。

e0351091_27553.jpg

干瓢、人参、干し椎茸、錦糸卵、海老の甘酢、鮪のづけ。と、二口食べた後でイクラをのせるのを忘れていたことに気づきました。

e0351091_272169.jpg

酢飯に鰹出汁とみりん、醤油で薄味に仕立て干瓢と人参を混ぜ、酢蓮をのせます。

e0351091_274139.jpg

少量の塩と砂糖を入れた錦糸卵をたっぷりのせ、戻し汁と砂糖、醤油で煮汁がなくなるまでゆっくり煮込んだ干し椎茸を丸のままのせるのが、母の流儀。

e0351091_275352.jpg

がぶっと噛むと椎茸から煮汁がジュワっと出てきて、とても美味しい。

錦糸卵も一人1個半の卵を使います。

殻をむいて背わたをとった海老は茹でてから甘酢に漬けます。鮪のお刺身は2本串を刺して直火で表面を炙り、煮切り醤油に30分漬けます。

煮切り醤油は醤油(200ml)、日本酒(50ml)、鰹節一掴み、昆布を煮立てて冷ましたものです。(佐川芳枝さんのレシピ)冷蔵庫に保存しておくとかなり日持ちするので便利です。

椎茸はしっかりと味をつけ、イクラも塩味が濃いので、あとは薄味で仕上げます。そうすると、メリハリがありながら後味の良いちらし寿司になります。

三つ葉の千切りを散らし、蛤のお吸い物を添えて。
ハマグリは砂出ししますが、一旦昆布と日本酒を少量入れた水の中で煮て、貝の口が開いたら取り出し、煮汁はペーパータオルで濾します。

身のついていない殻は除いてお椀に入れ、熱い煮汁を注ぎます。貝から出る塩加減だけで十分です。これにも三つ葉を添えて。鉢植えの三つ葉はとても重宝、大活躍です。

桜の花のお猪口に日本酒を添えて、美味しいお一人様のひな祭りでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-06 02:09 | レシピ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/25521759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-03-06 23:19
イクラがあると随分と華やかになりますね。
煮含めた肉厚の椎茸ってかじるとジワっと汁が出て
これがまた美味しいですよのね。ヨダレでちゃう。^^

3日がイベントだつたので、おひなさま弁当を注文するを
忘れてしまうわ、偶然にも女性が有給休暇で揃って
お休み。ジタバタしていて結局はおひなさまらしい
ことができずに一日が終わってしまいました。悲しい。。。
Commented by akdeniz_tk at 2017-03-07 00:46
豪華なちらし寿司ですね。いくらが入って、さらに華やか。
まるごと入ったしいたけもおいしそうですね。
わたしの地方では、旧暦でひな祭りを祝いますので、
これからお雛様を出そうと思っているトコです。
旧暦の桃の節句には、ちらし寿司を作ってみようかしら・・・。
Commented by tanat6 at 2017-03-07 00:53
ちゃんとお雛寿司をお作りになったのですね。
煮含めた椎茸のじゅわ~が口のなかに広がっています。
たまりませんね~
我が家は男の子ばかりなので、昔から雛散らしはないんですよ。
でも母はいつも作ってくれていて、仰るように五目寿司(母は混ぜ寿司と呼んでいましたが)でした。
普通は 残り物を何でも混ぜ込んであるのですが、お雛祭りの時など ちょっと特別の日はごちそう散らしでした。
今でも お寿司とお漬物は、母や姑を越えられません。
Commented by Mchappykun2 at 2017-03-07 02:52
ソーニャさんへ

いくらのツヤツヤした色が華やかになるんですね。
煮含めた椎茸って美味しいですよね。

お忙しかったのですね。私も友達を呼ぼうかとも考えたのですが、日本に帰っていたり、旅行中だったりで、結局一人になってしまいました。お近くだったら仕事帰りに寄っていただいたのですが。
Commented by Mchappykun2 at 2017-03-07 02:54
akdenizさんへ

丸ごとの椎茸が、美味しいのですよ。
夫の母のところ(関西)も旧暦のお雛様で、4月になってもお雛様を飾っていました。私もそれに倣って、というよりずぼらで、4月の初旬まで飾ることにしています。
Commented by Mchappykun2 at 2017-03-07 02:57
tanaさんへ

娘もいつかこのちらし寿司を作ってくれたらなぁ、と思い、今年は少しレシピらしきものをのせました。娘が近くに住んでいないのが残念です。
私も母の味を超えられないもの、いくつかもあります。大体和風の煮物とか、漬物は敵いません。
Commented by fleurdesel at 2017-03-07 05:55 x
本当に丁寧に作られたちらし寿司、じっくり作り方読みました。母料理上手だったけれどほかの料理の記憶はあってもちらし寿司の記憶はありません。私もあまり作ったことないのに気が付きました。娘たちに伝えたいお料理なのに。勉強しなくてはと思います・
Commented by Mchappykun2 at 2017-03-07 07:11
fleur de selさんへ

ひな祭りの時はたとえ一人でも、ちらし寿司を食べたくなります。娘もお料理は好きなのですが、和食は私にかなわないと思っているのか、作ってくれるのは洋風か、エスニックのものばかりです。自分の家ではたまに作っているようですが。