やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

しめじの炊き込みご飯&蕪と豚肉の味噌仕立て

半分残っている蒟蒻を使い切りたく、表題の献立にしました。


まずは濃いめの鰹出汁を作ります。昆布を水に入れて煮立ったら、昆布は引き上げ、鰹節を入れて数分。漉して、しっかり絞ります。


蒟蒻は数分茹でておきます。人参、蒟蒻、油揚げは千切りにし、しめじはほぐしておき、米は研いで笊に上げておきます。冷めただし汁(熱いまま使ってはいけません。)に少量のみりんと醤油を加え、米と炊飯器に入れ、野菜類を上にのせて、普通に炊き上げます。

e0351091_02184997.jpg

途中で良い出汁の香りが漂ってきました。これがなんとも言えず美味しそうなのです。炊き上がったらご飯と野菜類を混ぜて少し蒸らして出来上がり。


一方、蕪はよく洗い、茎を少し残して皮をむきます。茎のすぐ近くのところは捨てますが、後の皮は取っておき、実を二つか四つに縦に切ります。


茹でた蒟蒻は短冊切り、人参は乱切りにして、蕪と一緒にだし汁で煮ます。煮上がったらしゃぶしゃぶ用の薄切り豚肉を入れ、灰汁を取り、白と赤味噌を混ぜて調味。

e0351091_02191591.jpg

あれば最後に三つ葉をのせます。山椒粉や七味唐辛子をふりかけてもよいでしょう。


取り置いた蕪の皮は小さく切って、柔らかな蕪の葉っぱとレモン(皮ごと)と一緒に塩もみ。良い箸休めになります。

e0351091_02192886.jpg

蕪の葉っぱはざく切りにして油揚げと炒め煮。酒と醤油だけの調味です。


同じ材料を使って4品が出来上がりました。香り松茸味しめじ。昨夜も美味しい和のお惣菜でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-10-26 02:21 | レシピ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24752170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asu at 2016-10-26 20:36 x
美味しそうな炊き込みご飯!私も炊き込みご飯大好きでよく炊きます。蕪の煮物、優しいお味がしそうですね。。
キノコの季節ですね。美味しいキノコを探してこなくては!!
Commented by Mchappykun2 at 2016-10-27 02:57
asuさんは野生のキノコだから、また美味しいでしょうね。ここのはどこかで栽培しているので、一年中ありますが、その代わり香りは少ないと思います。
蕪って煮ると全体が優しい味になりますよね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-10-27 15:14
高校生の頃i北海道出身の友達んちの炊き込みご飯が好きで
おばさんに作り方を教えてもらいました。
おばさんに具を煮て、冷めた煮汁に水を足して炊き、
炊きあがってから具を炊飯器のご飯の上に乗せるようにと
云われましたが、そういえば、熱い出汁のまま炊くと
どうなるのですか?
Commented by Mchappykun2 at 2016-10-28 03:02
ソーニャさんへ

熱い出汁で炊くと、お米に芯が残るのだそうです。米粒の表面が糊化し、澱粉粒が繋がって、くっついてしまうのだということです。
私のこの炊き込みご飯のレシピは、柴田書店の「だし」という、瓢亭やつきじ田村、などの方が監修した本を参考にしたものです。