やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

インド料理三品 ♪ポルトガル風鶏肉のカレー&オクラとピスタチオ&りんごとヨーグルト♪

冷凍庫で見つけた鶏胸肉。たまたま買ってあったココナッツクリームとオクラ。常備しているヨーグルト。こんな食材が頭の中で組み合わさり、インド料理を思いつきました。


インドの西海岸にあるゴア州は1961年にインドに合併されるまで450年にわたってポルトガルの植民地だったそうです。そのゴアのポルトガルの影響を受けた鶏胸肉のカレー料理です。

e0351091_02242007.jpg

玉葱、ガーリック、生姜を炒めた後にトマトソースとコリアンダーなどのスパイスを加え、ピュレにします。トマトソースを使うところがポルトガル風なのでしょうか。


そのほかココナッツクリーム、ホワイトヴィネガー、ヨーグルトが入るマイルドな味のカレーです。(レシピは下に書きました。)

e0351091_02244219.jpg

オクラとピスタチオの炒め物。本来はピーナッツを使うのですが、あるとばかり思っていたピーナッツが見つからず、ピスタチオを使いましたが、かえって高級な味になったかもしれません。


コリアンダーシードをサラダオイルで15秒炒め、丸のままのオクラ(12−3本)、粗く刻んだピスタチオ、砂糖(小匙1/2)、塩(少々)、コリアンダー粉(小匙1/4)、クミン粉(小さじ1/4)、ターメリック(小匙1/8)、香菜の粗みじん切り(大匙1−2)を加え、蓋をして蒸し煮にします。


最初、砂糖?と思ったのですが、良い具合にカラメライズされて、カリカリとして良いアクセントになっていました。

e0351091_02250451.jpg

皮付きのりんごは角切りにし、ヨーグルトと塩、カエンヌペッパー、ミントの千切りとで和えます。


スパイスの量を手加減したので、全体的に大分マイルドな味に仕上がりましたが、久しぶりのインド料理、美味しかったです。


ポルトガル風鶏肉のカレー

レシピ:Betty Crocker’s Indianを参考

材料 (二人分)


サラダオイル  大匙1

玉葱 小1個 粗みじん切り

生姜 みじん切りで小匙2

ガーリック 中2片 みじん切り

トマトソース 100ml

コリアンダーシード粉 小匙1−2

クミンシード粉 小匙1/2

カエンヌペッパー 小匙1/4

ターメリック  小匙1/8

鶏胸肉 骨・皮なし 約300g 一口大の薄切り(繊維に直角に切る)

ホワイトワインヴィネガー 30ml

ココナッツミルク 100ml

プレーンーグルト 大匙2


1.フライパンにサラダオイルを熱し、玉葱、生姜、ガーリックを5分ほど炒める。

2.トマトソース、スパイス類を全部加え、更に3−4分炒める。粗熱が取れたらフードプロセッサーにかけ、ピュレにして鍋に戻す。

3.鶏肉を加えて、かき混ぜながら白っぽくなるまで煮る。

4.ヴィネガーとココナッツミルクを入れて、蓋をせずに弱火で、時々かき混ぜながら鶏肉に火が通るまで煮る。

5.プレーンーグルトを加え、1分ほど火を通して、白いご飯と一緒に盛り付ける。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-10-06 02:41 | レシピ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24701768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-10-06 08:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asu at 2016-10-06 20:56 x
インドの一部がポルトガル領だったことがあるとは知りませんでした。
歴史は必ず食文化にも影響するから、知っていると楽しみが増えますよね。スペインとポルトガルは隣国ですが、移民構成が随分違います。ポルトガルにはインド系とアフリカ系、そして勿論ブラジル人が多いです。スペインにはモロッコ、アフリカ諸国、中南米が多いんですよね。話がずれてしまいましたが・・ ポルトガル風のカレー、だなんて、ちょっとワクワクしてしまいます。そして、盛り付けがとってもお洒落ですね♪
Commented by petapeta_adeliae at 2016-10-07 00:27
インドはイギリスだけの植民地ではなかったのですね。
ポルトガル風食べてみたいです。
ゴアカレーがどうも引っかかるので、インド料理教室2カ所のレシピをひっくり返して納得。
同じ日にゴア風海老カレー、鮭のそぼろカレー、
パラタ・ライタでした。
現在エルアターブル?に書いている友だちが前回美味しかったと
いうので、この日は彼女にとって2度目でしたが、
インドで鮭はないのでオリジナルです。
小骨が多く、このメニューは3回目だということでしたが、
友だちはこのメニューを最後に来なくなりました。(涙)
Commented by Mchappykun2 at 2016-10-07 02:59
カギコメさんへ

このカレー、とてもマイルドな味に仕上がりました。作ってくださったら嬉しいです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-10-07 03:02
asuさんへ

ポルトガルが450年にもわたってインドの一部を支配していた、ってあまり知られていませんよね。
以前、スペインからポルトガルへ車で行った時、国境は接しているのに、とても違うことに気づかされました。言葉が違うということは、文化が違うということですものね。

お洒落、といってくださって、ありがとうございます。
Commented by Mchappykun2 at 2016-10-07 03:09
ソーニャさんへ

ソーニャさんは本当に色々な料理教室に通われていたのですね。道理で知識も豊富で腕も確かなんですね。
そう、鮭はインド料理では使いませんね。タイや中華でも出て来ないですよね。
そぼろにしたのに小骨が多かったのは、ちょっと辛かったのでしょうね。