やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

骨つき鶏もも肉と野菜の簡単ロースト

夕食はそそくさと食べるより、少し遅くなってもゆっくり食べたいと思います。でも、遅くなることが分かっている時は時間のあるときに作っておけるものを、と考えて、少しばかり頭を悩ませます。


そのようなわけで、ほんの少し温めなおすだけで良いような、鶏もも肉のローストを作ってみました。野菜類も一緒にオーブンで焼いてしまう手のかからない簡単料理です。

e0351091_02281070.jpg

野菜をたっぷり加えれば、あとはサラダだけで良いのも嬉しいです。

e0351091_02284050.jpg

野菜は手持ちのもので良いのですが、今回使ったのは、じゃが芋、人参、生椎茸、エシャロット、ガーリック。


残った鶏肉は翌日ほぐして、サラダにしても、サンドイッチにしても美味しくいただけます。もちろんそのまま温めるだけでも美味しいです。



骨つき鶏もも肉と野菜の簡単ロースト

材料(二人分)


骨つき鶏もも肉 2本

バター 約大匙1 室温にする

ハーブ類 (ロズマリー、タイム、オレガノなど) 適宜

塩胡椒

じゃが芋 1個 皮の付いたまま一口大に切る

人参  中1本 皮をむいて大きめの拍子木に切る

エシャロット 6片 皮をむいて丸のまま

生椎茸 いしずきの下の方だけ削って、大きいものは半分に切る

ガーリック 6片 皮が付いたまま潰す

オリーブオイル 適宜


1.オーブンを450℉(230度C)に温めておく。

2.鶏のもも肉は皮と肉の間にバターにみじん切りのハーブを加えて手で塗る。塩胡椒を全体にしっかり振り付け、残りのバターを塗る。

3.野菜類とハーブ類は全部をボウルに入れ塩胡椒、オリーブオイルをまぶす。

4.耐熱皿またはアルミのしっかりした皿に鶏肉の皮目を下にして、野菜類と一緒に、オーブンの中段で20−25分焼く。

5.鶏肉に良い焼き色がついたら、ひっくり返し、野菜類もスプーンでかき混ぜ、出てきたオイルを鶏肉にかける。

6.更に20−25分焼く。鶏肉の関節の部分にフォークを突き刺して、透明な液が出てきたら焼き上がり。

7.オーブンから出し、アルミホイルをかぶせておく。(すぐ食べるときでも、数分鶏肉を休ませます。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-09-25 02:32 | レシピ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24679196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-09-25 06:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jugon at 2016-09-25 09:08 x
Mchappykun2さん、おはようございます。

私もお肉とお野菜を一緒にオーヴンへ、は重宝している料理法です。
じゃがいももこのくらいの大きさにしたら、オーヴンだけでホコホコになりますね。いつもじゃがいもだけ先にフライパンで焼いているのが手間でした(^^)
このアルミの容器、とってもいいですね。使い捨てにできるのでしょう?
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-25 13:07
カギコメさんへ

ワー、いいですね。またいらしたのですね。お帰りになってからのブログのアップ、楽しみにしています。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-25 13:09
jugonさんへ

野菜も一緒にオーブンで焼くのは、簡単なのにおいしくて、重宝ですよね。
このアルミの深いお皿、とてもしっかりしていて使い易いです。ローストチキンやターキーなど丸のまま焼くときにはとても便利で、色々な大きさのがあります。もちろん使い捨てです。でも、あまり汚れていなかったら洗って(結構きれいになるので)また使うこともあります。
Commented by fleur de sel at 2016-09-25 16:23 x
私もお野菜と一緒にお魚やお肉一緒に焼くお料理好きです。鶏肉は本当に良いお味が出ますね。あまり脂の出る素材は避けますが。お食事はやはりゆっくり食べたいですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-26 01:50
fleur de selさんへ

食事はゆっくり食べたい、けれど遅いと余り胃に負担はかけたくない、しかも温め直しのきくもの、というと結構限定されるので、そこが難しいところですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-09-27 02:33
骨つき鶏肉ってクリスマス以外で見た事ないかも。
父が母の実家に行くと鶏を潰してまで色々調理
していました。
就学前に「鶏が可哀相と泣いていたくせにパクパクと
食べてる」と云ったことをクリスマスになると
云われていました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-27 03:05
ソーニャさんへ

私がアメリカにきたばかりの30年前はお店で鶏肉は骨なしが売られていませんでした。なので、骨つきもも肉を自分で捌いていましたが、これが結構面倒でした。そのうち骨なしが売られるようになったのですが、今度は骨なしだと皮までないのです。骨なし皮有りの鶏肉は日本食料品店で買わねばなりません。
一羽の鶏肉を自分で捌くのが一番経済的で美味しいと思います。でも、手間ですよね。