やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カマスの風干し

珍しく日本食料品店で生のカマスを見つけました。日本からの空輸でしょう。しかも、丁寧に背開きになっています。


もちろん買い求め、風干しにしました。海水より少し濃いめの塩水に昆布の切れ端を入れ、その中にカマスを30分浸けます。水分を拭いて、笊にのせ、室内で強風の扇風機に当てること3時間。途中で何度かひっくり返します。

e0351091_02095680.jpg

料理の本も見ずにやったのですが、後で本を見たら、カマスは日に当てずに風干しが良い、と書いてあり、ホッとしました。


副菜は苦瓜のお浸し。この日もゴーヤのワタと種を使いました。でも、それだけでは足りなかったので干し海老と鉢植えのニラを加えて、チヂミ風。卵、小麦粉、片栗粉、塩のつなぎです。


残っていたお豆腐は水切りをして(ペーパータオルに包んで電子レンジで1分)、小麦粉、卵、乾煎りした鰹節の順にまぶして、多めのサラダオイルで焼いた土佐豆腐。

e0351091_02102504.jpg


1個の卵を無駄にしたくなく、これら二つの料理を作りました。


もう一品はサラダ感覚の水茄子と胡瓜と生姜の即席塩漬け。

e0351091_02104213.jpg

残ったカマスの風干しは翌日のお昼です。ほぐして梅干しと紫蘇の実で混ぜご飯。


私はアメリカに暮らし始めて31年になりますが、こちらでカマスを食べたのは初めてです。さっぱりしたカマスの風干し、久しぶりに堪能しました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-09-20 02:13 | レシピ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24668977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanat6 at 2016-09-20 21:50
お魚の風干し 美味しいですよね。
開いたカマスまで売っているのですね。
翌日のカマスご飯がとってもおいしそうです。

土佐豆腐 作ったことがありませんでしたが、お豆腐が余った時にも目先が変わっていいですね。
つい揚げ出しにしてしまいますが、これも作ってみたいと思います。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-21 01:10
tanaさんへ

カマスまで背開きで売っているなんて、私もびっくりしました。翌日のご飯も美味しかったです。

私もつい揚げだし豆腐にしますが、これも目先が変わって美味しかったです。この日はポン酢で食べましたが、揚げだしのような汁をかけても良いですね。そして、本当は揚げだしのように油で揚げるのです。でも、揚げるのは後の油の処理が面倒なので、多めのオイルでソテーしました。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-09-22 22:46
カマスご飯は程よい塩分で美味しそう。

カマスって面白い顔してるんだぁーと。
でもいつもと違う・・・何だろうとハテ?
ほとんどの干物は腹開き、鯛は背開きです。
理由は見栄えが良いからだそうです。
それと干物には頭も2つに割るのほスズメ開き、
頭はそのままで身だけ開いたものを片袖開きと云い、
カマス・サヨリなどは片袖開きです。
父とお魚料理教室からの情報でした。^^


Commented by Mchappykun2 at 2016-09-23 00:30
ソーニャさんへ

流石ソーニャさん、よくご存知ですね。つまり、普通、カマスは片袖開きにするものなのですね。頭は一つで。カマスの干物なんて、何年も見ていませんので、分かりませんでした。
私の本ではキンキも背開きです。なので、干物にするには全部背開きの方が格好が良いのかと思っていました。魚によって違うのですね。で、このカマスもひょっとして腹開き?