やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ししゃもの南蛮漬け

日本食料品店で目玉商品だった生干しのししゃも。もちろん冷凍を溶かしたものです。何年かぶりに買ってみました。


1パックに12尾入っていたので、5尾は焼いてそのまま頂き、残りは南蛮漬けに。

e0351091_02490225.jpg

青葱とミニパプリカの千切りと一緒に。南蛮漬けにした方が塩気をストレートに感じないので、私の好みでした。


株は増えないのに葉っぱだけ大きくなった鉢植えの三つ葉を千切りにして、添えてみたけれど、あまり香りはしませんでした。青葱の強さに負けてしまったのですね。


ともあれ、お酒の肴にぴったりのししゃもの夕食でした。




ししゃもの南蛮漬け


ししゃもは水分を拭き取り、熱した魚網で気長に焼く。

焼いている間につけ汁を作る。

米酢(大匙3)、醤油(小匙1)、サラダオイル(小匙2)、砂糖(小匙1/2)、鷹の爪(1本、種を抜いて薄切り)を混ぜておく。(つけ汁の量はししゃも7尾分)

青葱(1本)、ミニパプリカ(1個)を千切りにする。

焼けて熱いうちにつけ汁に漬ける。(約10分)ししゃもを皿に盛り、残りの汁に青葱とパプリカを絡ませて、ししゃもの上に乗せる。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-09-06 02:49 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24640060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三十路オンナ at 2016-09-06 05:47 x
Mchappykunさん、おはようございます♪

生干しのししゃもって、あるのですね。
生干しのシシャモの存在を知らなかったので、今度買ってみたいと思います♪

シシャモに使われた三つ葉がとても新鮮で歯触りもよさそうなのが
画像から伝わってきます♪♪♪

ししゃもはカルシウムが豊富なので、いいですね♪
最近、シシャモをいただいてなかったので食べてみます♪

↓生ハムに無花果、バジルのお料理もとてもワインが進みそうですね♪♪♪

ではでは♪
Commented by asu at 2016-09-06 17:59 x
シシャモの南蛮漬け 美味しそうですね♪
塩味がマイルドになるのわかります。
シシャモではないのですが・・この前、小鯵が売っていたんですよー鯵は売ってるんですが、小鯵はみたことがなくて、あー南蛮漬けにしたいなーって思ったのですがでも旅行前で買えなかったんです。私も南蛮漬け作ろうかな〜♪♪ 今日は38度の予報・・
Commented by akdeniz_tk at 2016-09-06 21:02
ししゃもという魚の存在を忘れるぐらい、
ずいぶん久しく食べていないです。
日本食材店でお買いになったということは、
アメリカでもあんまり食べない魚なのでしょうか?
(トルコでは見たことないです)
そのまま焼いただけじゃなくて、ひと手間かけてさらにおいしくなさるのが、
Mchappykunさんらしいですね。
Commented by tanat6 at 2016-09-06 23:47
まぁ シシャモまで手に入るのですね。
ししゃもの南蛮漬けとは思い浮かびませんでした。
日本では朝食のお供…というのが一般的ですものね。

↓↓果物が年中手に入る環境というのは羨ましいです。
鮭にブランデーをふりかけるのですか~
ブランデーって一度封を切ると なかなか飲みきれなくて余ってしまいます。
お料理にも使うといいですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-07 03:35
三十路オンナさんへ

こちらではシシャモは日本からの輸入ものですので、生のものは手に入らないのです。日本でも丸干しや生干しに近いものの方がよく出回っているように思いますが、どうなのでしょう?
シシャモは丸ごと食べられるのでカルシウムは豊富ですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-07 03:38
asuさんへ

鯵は大きいのも小さいのも、アメリカでは売られていないので、鯵があるのは羨ましいです。お刺身用のサクだとありますが、ニュージーランド産です。小アジも南蛮漬けにしたら美味しいですよね。
38度ですか!それは厳しいですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-07 03:39
akdenizさんへ

シシャモは日本からの輸入ものです。アメリカ人はきっと食べないでしょうね。お魚を丸ごと食べるということには抵抗があると思います。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-07 03:43
tanaさんへ

ここの日本食料品店は、なまじの日本にあるスーパーより品揃えは豊富かもしれません。日本からの直輸入に加えて、カリフォルニアで作っているもの(お豆腐や納豆、ラーメン等)もありますし。

インスタントのグラブラックスを作るときにブランデーをふりかけると、早く締まるみたいです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-09-08 13:08
ししゃも一尾でご飯一膳食べられます。
塩分が強いので南蛮漬けにすると塩分がちょっと
抜けて、美味しくなりますね。

一度だけ猫を飼ったことがあります。
シャワーを浴びている間にししゃもを焼き、
裏返しに行くと5尾あったのに真ん中の一尾が
無くなっていました。バルコニーの前で背中を向いて
いた猫が振り返ったら髭がチリチリになってました。
なにも一番熱いところを取らなくても・・・。
Commented by Mchappykun2 at 2016-09-09 02:49
ソーニャさんへ

その猫ちゃん、真ん中が一番大きかったから取ったとか?
しかし、猫も犬も油断ならないですよね。ちょっとした隙にやられますから。我が家も何度もやられています。前の犬はがっついていたので、お皿ごと壊したこともあります。チャー君はあっという間にさっと取っていきます。

ししゃもの南蛮漬け、美味しいですよね。でも最近のものは昔に比べると低塩分になりましたね。