やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

帆立とざく切りトマトのセヴィチェ

この数年、スーパーに出回るようになったエアルームのトマトはとても美味しい。


色も形も様々なのが、かえって好きなものが選べるので、それも嬉しい。アメリカのスーパーの多くの野菜や果物は自分で好きなものを好きな量だけ選んで袋に詰めます。(もちろん、はじめからパックに入っているものもありますが。)


夏になると一層美味しくなる真っ赤なトマトをざく切りにして、帆立のセヴィチェと組み合わせました。

e0351091_02320129.jpg

ライムのゼストとジュース、たっぷりの香菜、そしてハラペニョ。夏をそのまま食べているような清涼感のある一品になりました。(レシピは下に書きました。)


もう一品は蛸の薄切り(波切りにしてみました)を串に刺して、オリーブオイルで両面さっと(5秒くらい)炙って、ローストしたパプリカ粉をふりかけたピンチョス。スペインのサン・セバスチャンのバルで出てきたものです。

e0351091_02322316.jpg

付け合せは万願寺唐辛子のソテー。これもスペインのタパの真似。


日が落ちると窓から入る風が冷たく感じる今日この頃。生姜風味の南瓜のスープは冷静ではなく温かなものにしました。トッピングはローストした胡桃と香菜。

e0351091_02324504.jpg

セヴィチェの残りの半分のトマトはすりおろして、少量の塩とオリーブオイルで調味。これもスペインのバルでは必ずと言って良いほど出てきたもの。

擂り下ろしたトマトは、ざく切りとは全く違った味になるのが不思議です。そのままスープのようにスプーンですくって飲んでも、バゲットにつけてもとても美味しい。


ほんの少しスペインの風を感じた夕食でした。


帆立とざく切りトマトのセヴィチェ

材料(一人分)


刺身用帆立 大2個

ライムのゼストとジュース 半個

香菜  みじん切りで大匙2

ハラペニョ 薄い輪切り 5−6枚

塩 適宜

オリーブオイル  大匙1

トマト 中1個


帆立は水分を拭き取り、横に薄くスライスする。(繊維に沿って縦に切ると、コリコリ感が増すそうです。お好みの切り方でどうぞ。)

トマト以外の材料を帆立に加え、冷蔵庫で冷やす。

皿の真ん中に帆立を置き、周りにトマトのざく切りを乗せる。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-08-28 02:34 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24621371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-08-28 06:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-08-28 08:31
残り少なくなってきた、「夏」を楽しめるセヴィチェですね。
Mchappykunさんのセヴィチェを見るたびに、作りたくなるのですが、
思っているだけで、すでに1年以上経ってしまっています。。。
タコのタパもおいしそうですね。
Commented by tanat6 at 2016-08-29 00:05
今日は赤い色がとても綺麗なメニューですね。
帆立のセビィチェも蛸のピンチョスもビールが進みそうです。

こちらも台風の影響のためか先日から少し涼しい日が続いています。
そろそろ温かいスープで胃腸をいたわってやらなければいけませんね。
Commented by fleur de sel at 2016-08-29 01:07 x
エアールームトマトとはどのようなものなのか調べたらこちらでいう古代トマトのことなのですね。土地のトマトは今までお値段も高かったのですが少し下がりやっと美味しくなってきました、こちらでは9月のトマトが一番美味しいかもしれません。今日もとても美味しそうなお料理ご相伴いたしたいです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-29 03:13
カギコメさんへ

まぁ、いいですね!

コリアンダーはベランダでお作りになっていないのですか?こちらはコリアンダーはとても安いのですが、日本では高いと聞いたことがあります。これもベランダガーデンに加えてみては如何でしょう?
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-29 03:15
akdenizさんへ

セヴィチェは新鮮な魚介類でないといけないので、トルコでは難しいかもしれませんね。海老などは茹でてからマリネしていますが、海老も確かトルコでは高いのですよね。本当にここはなんでも手に入り幸せなことです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-29 03:16
tanaさんへ

トマトは最近は色々な色がありますが、やはり赤が私は一番鮮やかで好きです。ミニトマトなんかはカラフルだと綺麗ですが。
台風、心配ですね。大きな被害がないと良いですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-29 03:18
fleur de selさんへ

実はエアルームの後に括弧で古代種と書いたのを、消したのです。書いておけばよかったですね。
こちらも地物のトマトは9月が一番美味しいかもしれません。だいたい11月のおわり頃まで収穫できるみたいです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-08-29 12:51
このセビッチェだと美味しそうで沢山食べられますね。
夏休みに祖母宅に預けられては早どりのトマト、茄子、
胡瓜のサイズ、卸せない不細工野菜を仕分けする手伝いを
し、お八つに井戸水で冷やして塩を振っていとこらと食べて
いたものです。こんなオシャレな食べ方があるなんて
想像も出来ませんでしたね。
帆立とざく切りトマトを”帆立のうざく”読んでしまいました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-30 00:25
ソーニャさんへ

子供の頃、夏を田舎で過ごした経験は貴重ですね。井戸水で冷やしたくらいの冷たさが、一番なのですよね。冷たさも丁度良いし、あまり冷たくない方が味もわかります。取りがけの野菜をおやつって最高ですね。

頭の隅で、うなぎが食べたいと思っていたのかな?