やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

牛肉のソテーとチミチュリ

チミチュリはアルゼンチンやウルグアイなどの南米でよく食べられているハーブのソースです。

今回使ったハーブはフレッシュなチャイブ、イタリアンパセリ、オレガノ。ガーリックの代わりにエシャロット、調味はシェリーヴィネガー、塩胡椒、オリーブオイルです。(分量は下に書きました。)

ほんの少し鷹の爪も入れて、ピリッとさせました。あったらハラペニョも良いでしょう。

e0351091_374759.jpg

本来はステーキやグリルした肉や魚に付け合わせますが、昨夜は冷蔵庫にあったすき焼き用の牛肉をガーリックと鷹の爪とオリーブオイルでマリネして、ソテーしました。

爽やかなハーブのソースがお肉をさっぱりとさせて、夏にぴったりです。鉢植えで元気に育っているハーブ類を使うことができて、満足。

e0351091_38579.jpg

その他の献立はサルモレホ(冷製トマトスープ。今回はゆで卵は無しで、生ハムとバジル)、黄色とオレンジのローストしたパプリカのサラダ、生椎茸とマッシュルームのソテー。

昨日は一日中曇っていたので、最高気温は24度C。今日は22度Cの予報ですが、多分24度にはなるでしょう。このまま涼しい日が続くと良いのですが。


チミチュリ
レシピ:Gerald Hirigoyen著「PINTXOS」を参考
材料 (4人分)

フレッシュなチャイブ みじん切り 大匙2
エシャロット  みじん切り 大匙1と1/2
フレッシュなイタリアンパセリ  粗みじん切り 大匙2と1/2
フレッシュなオレガノ  粗みじん切り 大匙1
シェリーヴィネガー  大匙3
オリーブオイル  大匙1
塩胡椒  適宜
鷹の爪またはハラペニョ  粗みじん切り 適宜

上記の材料を混ぜ合わせる。ヴィネガーは食卓に出す寸前に加える。(早くに加えるとハーブの色が悪くなります。)


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-08-09 03:09 | レシピ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24583523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-08-09 06:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-08-09 09:44
チミチュリって初めて聞きました。
魅力的な味付けですね。
ライオンさんチームのソーニャんちにピッタリです。
お寿司を食べる量が減りましたが、ご飯のないお肉なら
食べてくれそう。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-10 02:39
カギコメさんへ

ちょっとしたことなのですが、お肉をオリーブオイルやサラダオイルにつけてから焼くと、美味しいのですよね。これは確か、たいめいけん、という洋食屋さんの初代ご主人の茂木さんから教わったのだと思います。

チミチュリは色々なハーブが使えるので、以前人参の葉っぱで作ったこともあり、それも美味しかったです。本来はエシャロットでなくガーリックのようです。

日本は暑い日が続いているようですので、カギコメさんも体調にお気をつけください。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-10 02:41
ソーニャさんへ

ここは地理上、そして移民が多いので南米のものがいつの間にか入ってきているのですね。牛や豚のステーキに合うのです。フレッシュなハーブでないとダメですが、手に入るハーブを幾つか組み合わせれば良いと思います。