やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

無花果の田楽

友達から頂いた無花果の最後の一つ。さて、どうしましょう。そのままムシャムシャ食べてしまうのはもったいない。

たった一つなので、作り置きの味噌の元を塗って田楽に。芥子の実を散らしてオーブントースターで数分。

e0351091_3354382.jpg

果物なのにお酒のアテになるのです。

昨夜の献立から、カンパチを塩で締めてから米酢に3分つけて、若布や茗荷などと一緒に。

ヒラメはお刺身で板ずりの胡瓜と茗荷、紫蘇、レモンと。

e0351091_336732.jpg

7月の末からやっと出てきた万願寺唐辛子は厚揚げと炒め煮。胡麻油で炒めてから、酒、だし汁、みりん、醤油で色は悪くなりますが、くっつり煮ました。

やっぱり和食は美味しい。今年は小さいながら茗荷を今まで7本くらい収穫しました。まだいくつか採れそうです。それが、この夏の嬉しいご馳走です。


味噌の元
吉兆さんのレシピを参考


白味噌(カップ3/4)、酒(カップ1/2)、砂糖(カップ1/4)、玉子の黄身(1個)をすり鉢でスムーズにしてから、火にかけて、練り上げます。

*冷蔵庫で2週間は持ちます。

これに米酢、和がらしを加えると酢味噌になります。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-08-07 03:37 | レシピ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24579028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-08-07 07:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akdeniz_tk at 2016-08-07 20:53
イチジクの田楽。初めて聞きました。
お酒のアテになるフルーツ・・・食べてみたいです。
お庭では収穫シーズンが始まっているのですね。
植物の成長も楽しみでしょうし、
和に必要なお野菜が手に入るのが良いですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-08-08 00:43
精進料理を習って間もなく、タイプは違いますが、
蒸した無花果田楽がありました。
一時無花果が頻繁にでてきたのでレシピをひっくり返した
しところ、無花果の赤出し、無花果揚げ、
無花果の揚げ出し胡麻味噌ソース、干し無花果の黒砂糖煮が
ありました。
そう云えば、無花果デビューはMchappykunさんの
無花果と生ハムだったと思います。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-08 02:40
カギコメさんへ

イチジクは色々な料理にも使える便利な食材です。天ぷらも美味しいですし。

やっと万願寺唐辛子が出てきました。大好きなので嬉しいです。

茗荷は根っこを友達からいただいたのです。年々収穫が増えていっています。ぜひお育てになってみてください。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-08 02:42
akdenizさんへ

イチジクの田楽は確か、ソーニャさんが教えてくださったのではないかと思います。
今年は7月がとても暑く、鉢植えのものは皆元気が無くなったのですが、また少し涼しくなったので、元気になりつつあります。和の食材が手に入るのは嬉しいですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-08 02:45
ソーニャさんへ

イチジクの田楽はソーニャさんがこんな食べ方もあると教えていただいたような気がします。胡麻味噌ソースというのも美味しそうですね。揚げ物は面倒なのでほとんどしませんが、ローストしてからでも良いかも。
干しイチジクは赤ワインで煮てチーズと一緒に洋風仕立てにしたことはあります。
イチジクは色々な料理に応用できて、楽しい食材ですね。