やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

独立記念日のディナー

7月4日のアメリカの独立記念日は、我が家で友達4人と一緒に夕食を作って食べる会を催しました。

献立を考えて材料を揃え、下ごしらえまでは私の役目。皆さんエプロン持参で後片付けまでやって下さいました。

最初はコーンの冷製スープ。知野ファームの玉蜀黍はそれだけで甘みがあって美味しいので、スープには調味料を使いません。

e0351091_228960.jpg

玉ねぎ(3/4個)のみじん切りを無塩バターで炒め、トウモロコシ(3本)の粒をしっかりこそげ取り、(これが大事)炒め、牛乳(600ml)と玉蜀黍の芯を加えて15−6分沸騰させないように煮ます。

粗熱が取れたらミキサーでピュレにし、裏ごしをして冷やします。グラスに盛ってから、クレーム・フレシェ、ローストしたパプリカ粉をふりかけ、パセリを飾りました。

e0351091_2282627.jpg

ブッラータとトマトと苺、バジルのカプレーセ。ピンクペッパーとトリュフ・オイルをかけて。

e0351091_2284025.jpg

ローストしたビーツのマリネ。

皮をつけたまま1時間近くオーブンで(220度C)ローストしたビーツは、蜂蜜(大匙2)、りんご酢(大匙2)、オリーブオイル(大匙2)、ライムジュースと皮のすりおろし(半個分)、チャイブのみじん切り(適宜)でマリネしました。少なくとも2時間はマリネして下さい。サーヴする直前に塩胡椒で調味します。

e0351091_2294883.jpg

知野ファームのサラダ。グリルしたヤングコーン、蒸したズッキーニ、生のままのスベリヒユとラディッシュは自家製味噌マヨネーズで。

メインはフランクステーキのグリル。(レシピは下に書きました。)牛肉の部位の名称は国によって違い、日本では”トモバラ”と呼ばれる部位のようです。脂身が少なく味わいのある部位です。

e0351091_2291531.jpg

皆さんのお好みのミディアムレアーに焼き上げることができて、やれやれ。付け合わせはマッシュルームとエシャロットのソテー。オリーブオイルで中火で10分以上かけて気長にソテーするのがコツです。(出てくる水分が全て蒸発して、マッシュルームに少しシワが寄るくらいの方が美味しいです。)

最後にパセリのみじん切りとバターをひとかけ、そして塩胡椒。

e0351091_2303172.jpg

どれもとても美味しく,また皆さんとのおしゃべりも楽しく、あっという間に時が過ぎました。

e0351091_230978.jpg

デザートのご紹介はまた今度にしますが、夜9時からは歩いて5分の絶景の場所での花火見物。

ワインやお花や果物を携えていらしてくださった友達。誠にありがとうございました。一晩経った今朝もまだ楽しさの余韻が残っている、それくらい素敵なひと時でした。


フランクステーキのグリル
レシピ:Jacques Pepin’s Tableより
材料(4人分)


フランクステーキ (トモバラ)約600gの塊1枚

マリネ液
醤油(大匙2)、蜂蜜(大匙1)、ガーリックのみじん切り(5-6片)、コリアンダー・シードを石臼で潰したもの(小匙1)、カエンヌペッパー(小匙1/4)

牛肉を上記の液に2時間以上、できれば数時間から一晩マリネする。

牛肉の水分を拭き取り、よく熱した魚網器(なかったらテフロン加工のフライパンでも良い)で、片面数分ずつ焼く。(これでミディアムレアー。時間を調節してお好きな焼き加減にしてください。)

200度F(100度c)のオーブンの中でお肉を休ませる。(10分−40分)15分以上休ませる場合はオーブンを消した方が良い。

削ぎ切りにして皿に盛る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-06 02:32 | レシピ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24508164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yoshi at 2016-07-06 04:41 x
今年のトウモロコシのスープ、色が白っぽくないですか?
Machappykunの料理食べてもみたいけれどかたわらで腕並を拝見したいものです。






Commented at 2016-07-06 06:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-07-06 12:50
苦手な教授が「わしはアメリカ独立記念日生まれ」と
口癖のように云っていたので、一生忘れることがないのでは
と思います。(^_^;)
なので、今年の独立記念日は何が出てくるかと
o(^-^)oワクワクしていました。
すでに目はフランクステーキに釘付けです。
テーブルクロスと食器の白がお料理を映えさせてますね。
今週末は持ち寄りパーチーなのにお料理が未定。
当日は夕方まで休日出勤なので。
昨日ペルノーを見つけました。
伊勢丹では¥3、500でしたが、何しろ瓶が大きすぎて
持ち帰りが困難。ビックカメラでもペルノーしか扱いが
ないそうです。ここでは1000円ほど安い上にボトルが
750mlだったのでお買い上げ~。
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-06 19:52
お肉がとってもおいしそうです。
きっと柔らかくて、ジューシーなのでしょうね。。。
お野菜そのものがおいしいなら、豪快にシンプルにっていう食べ方がよいですよね。
バジルのグリーンとイチゴの赤が鮮やかで目に楽しいです。
Commented by asu at 2016-07-06 23:00 x
楽しさの余韻が残るご友人たちとの食事会・・ ^^
美味しいご馳走と楽しい時間。。 最高ですね!!
そして夜景がとても綺麗⭐︎

コーンの冷製スープ、美味しそうですね〜。
私も最近冷製スープばかり作っています。^^;
Commented by tanat6 at 2016-07-07 02:09
まぁ何て綺麗で豪華なお料理の数々。
お友だちとの楽しいディナーだったのですね。

コーンの冷製スープ、白いコーンでしょうか。
こちらでも見かけるようになりました。
黄色のコーンとはまた違って涼しそうなスープですね。

ビーツのマリネも綺麗で美味しそうですが、こちらではたまにしか見かけないんですよ。
トモバラのグリル、これはお肉の日に是非作ってみたいです。

↓↓「くらしのアンテナ」の掲載おめでとうございます。

shinさんが私のブログのコメント欄に Mchappykunさんのお尋ねに答えてくださっています。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-07 02:56
Yoshiさんへ

よくお気づきですね。以前のコーンスープの写真も見てみましたが、確かに今回の方が白っぽいです。違ったのは前回はオーガニックの生クリーム、今回はクレームフレシェで、こちらの方が白いのです。コーンはどちらもホワイトコーンなので、コーンの違いではないと思います。
黄色やバイカラーのコーンで作ると、もっと黄色になりますが。

Yoshiさんなら見ているだけでなく、作るのにも参加していただかなければ。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-07 02:58
カギコメさんへ

お褒めいただきありがとうございます。盛り付けは友達と私の合作です。盛り付けは楽しいですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-07 03:01
ソーニャさんへ

独立記念日生まれの教授でしたか。アメリカ関連のことが専門だったのでしょうか?
焼き加減が心配だったのですが、いつもの私のやり方、指で押してみて、その感覚だけですが、うまくいきました。

ビックカメラってアルコール類も売っているのですか?ビックリです。750mlで2500円。やっぱり日本は高いと思います。今度こちらではいくらか調べてみます。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-07 03:03
akdenizさんへ

フランクステーキの部位はフィレのような柔らかさではありませんが、味のある美味しいところです。生のままの時の写真も撮ればよかったです。見た目がちょっと変わっているのです。

お野菜は新鮮なものはシンプルが一番ですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-07 03:05
asuさんへ

花火をやった会場はいろいろな催し物をするところで、競馬場としても有名なのです。6月初旬からやっていたフェアーもこの日でおしまい。もう少ししたら競馬が始まります。

夏は冷製スープが美味しいですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-07 03:08
tanaさんへ

お褒めいただきありがとうございます。
白いコーンです。知野ファームには3種類のコーンがあり、白、黄色、その2色のバイカラーです。確かに冷製スープの時は白い方が涼しげですね。

丁寧なShinさんのレシピに感激しました。先ほど、Shinさんのブログにも訪問してお礼のコメントを入れさせていただきました。
Commented by fleur de sel at 2016-07-09 23:36 x
コーンの芯まで入れるスープは本当に柔らかくておいしいコーンなのでしょうね。色々なお野菜と取り合わせたヤングコーンよりは大き目なものですよね。こちらはあまり生のコーンは市場には出ていません。昔おやつに食べた蒸しコーンが懐かしいです。お肉おいしそうですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-10 03:15
fleur de selさんへ

コーンの芯からはとても良い出汁が出るのです。髭とか薄皮からも出て、髭は食べられます。(あまり食べませんが)知野ファームのコーンは朝どりなので、この日はお休みだったので1日経っていますが。
昔はトウモロコシはおやつでしたね。