やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ハーブ風味の鶏もも肉のオーブン焼き

皮をカリッと焼いたローストチキンが食べたくなりました。とは言っても一人暮らしですから、一羽丸のままの鶏肉は多すぎます。

そこで、骨つきの鶏もも肉をオーブンで焼くことにしました。以前はよく作った料理ですが、このところご無沙汰しています。

溶かしたバターを絡めて、途中でフレッシュなハーブ(パセリ、ロズマリー、タイム)、パン粉、パルメザンチーズ、ガーリック、エシャロットのみじん切りを混ぜたものをのせ、最後は白ワインを注ぎます。

e0351091_2165649.jpg

少し焦げてしまいましたが、一緒に野菜もローストして(これも少し焼きすぎ)、美味しくできました。食べたかったものが食べられて満足。

e0351091_217839.jpg

サラダはこのところ美味しくなってきた地物のエアルーム・トマト。スィートオニオンとパセリを散らして。これは塩とオリーブオイルだけ。

きりっと冷えたカリフォルニアの白ワインが合いました。

ところで、二晩続けてテレビジャパンで放映していた「世界ソムリエコンクール」。香りと舌で産地と種類と年代を当てるのは神業です。12種類もの香りをきき分ける方がいましたが、私などせいぜい2−3種類の香りが分かれば良い方です。才能と努力の賜物なのでしょうね。


ハーブ風味の鶏もも肉のオーブン焼き
レシピ:Craig Claiborne’s New York Times Cookbookを参考にしてアレンジ
材料(一人分)


骨つき鶏のもも肉 1本 (約300g)
塩胡椒  適宜
バター 小匙2 とかす
生パン粉  大匙2
エシャロット 1片  みじん切り
ガーリック  1片  みじん切り
パセリ  みじん切りで大匙1
フレッシュなタイム みじん切り 小匙1
フレッシュなロズマリー みじん切り 小匙1
パルメザンチーズ  大匙1
辛口白ワイン  大匙3

⒈ オーブンを425度F(220度C)に温めておく。

⒉ 耐熱皿に溶かしバターを入れ、塩胡椒した鶏肉にまぶす。皮の方を下にして25〜30分オーブンで焼く。

⒊ ひっくり返し、皮の付いた方にパン粉、パルメザンチーズ、ハーブ類、エシャロット、ガーリックを混ぜて押し付けるようにして載せる。

⒋ 更に25−30分オーブンで焼く。

⒌ 白ワインを注ぎ(鶏肉にはかけないように)更に5分焼く。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-02 02:18 | レシピ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24498797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dreamyeyes at 2016-07-02 04:19
こんにちわ,
ソムリエコンクールの内容、凄かったですね。私はあまり飲めないのにワイナリー巡りや、ワイン選びが大好きです。でも香りやテイスティングの違いなどまったくもって解りません。最近やっと自分好みのワインが見つかったレベルです。
鶏もも肉のオーブン焼き、素晴らしです。骨付きの鶏ももは料理したことが無かったので是非レシピ参考にさせていただきます。この画像を見ているだけで幸せな気持ちになりますね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-07-02 06:33
骨付きだと、豪快な感じが良いですね。
食べごたえもあって、とっても満足なさったコトでしょう。
ほんと、おいしそうです。
Commented at 2016-07-02 09:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fleur de sel at 2016-07-02 22:35 x
鶏肉のハーブオーブン焼きよく作りますがパン粉を入れたことありません、そしていつもオリーブオイル。次回作ってみます。トマトのサラダは私も塩にオリーブオイル少しだけです。トマトの酸味でビネグレットソースは要りませんよね。いつもまめにお料理をなさっていて素敵の一言のみです。
Commented by jugon at 2016-07-02 22:47 x
Mchappykun2さん、こんばんは。

鶏の骨付きもも肉、普段は余り手が出ませんが、とっても美味しそうで、食べてみたくなりました。
最初からではなく、ある程度焼いてから載せるのですね。

世界ソムリエコンクール、石田さんが最終まで残ると思っていたのに、ちょっと残念でした。次回また、森さんに頑張っていただきたいです。
Commented by tanat6 at 2016-07-03 00:00
鶏の皮のパリパリが とても美味しそうですね。
足だけでも けっこう食べ応えがありそうですね。

絶対音感があるように 絶対味覚なんていうのもあるのでしょうか‥
それとも鍛錬と努力で培われるものなのでしょうか‥
歳と共に 感覚が鈍ってくるような気がして心配です。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-07-03 00:52
骨付き鶏肉のオーブン焼きというと
良き60年代のアメリカドラマの食卓のイメージです。
なので家庭団らんって感じです。
午後から休日出勤をし、帰りに歌舞伎座の前の岩手の
アンテナショップに行ったのですが、人を追い越すことの
出来ないぐらいの人出でした。31度湿度65%もあるのに
世の中の人、元気だぁワ。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-03 03:17
dreamyeyesさんへ

ソムリエコンクール、ご覧になったのですね。凄かったですね。日本人のお二人は残念でしたが、トラップのある出題もすごいですね。私も強くないのに、ワインは好きです。
お褒めいただきありがとうございます。鶏の骨つきは簡単ですが、ちょっと豪華なので、是非おためしください。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-03 03:19
akdenizさんへ

骨つきは確かに豪快ですね。ご馳走感がありますね。お値段は安いのですけれどね。
せめて2本作って、次の日のサラダとかサンドイッチにすればよかったと思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-03 03:21
カギコメさんへ

骨つきは火が通るのにちょっと時間はかかりますが、美味しいと思います。
やっとトマトの地物が出てきました。トマトの味がしっかりして美味しかったです。

私も普段家で飲む、外でもそうですが、高いものは飲みません。ワインは沢山ありすぎて、選ぶのは難しいです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-03 03:23
fleur de selさんへ

パン粉を入れるとカリッとするかもしれません。ちょっと温度が高すぎて焦げてしまいましたが。私のオーブンは本に書いてあるより少し低めの方が良いみたいなのです。
私は後で、オリーブオイルの方がさっぱりするかもしれない、と思って、次はオリーブオイルにしようと思っていました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-03 03:26
jugonさんへ

jugonさんもコンクールご覧になったのですね。石田さんのサーヴィスは素晴らしかったですね。筆記試験というのはどんなものが出されたのでしょうね。あういう場で香りや舌でワインの産地や年代を当てるのですから、みなさん本当に素晴らしいですね。

私も滅多に骨つきチキンは料理しないのですが、たまだとても美味しく思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-03 03:30
tanaさんへ

骨つきの足1本は結構食べ応えがあります。鶏の皮はパリパリさせないと美味しくないですものね。

絶対音感も訓練である程度つくようになりますから、味覚も訓練で随分つくと思います。でも、おっしゃるように、年とともに感覚鈍ってくるのでしょうか。そうは思いたくないですけれど。。。
Commented by Mchappykun2 at 2016-07-03 03:32
ソーニャさんへ

食卓にデーンとのる感じが、確かに古き良き時代のアメリカ的かもしれませんね。
気温、湿度ともにすごいですね。それなのにその人ごみ。日本人は皆さん元気ですね。