やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

桃のチャツネ ♪豚フィレ肉のグリルに添えて♪

今年は我が家の桃は大豊作。昨日は3回目の収穫をしました。それでもまだ熟しきらない桃が沢山なっています。

これらの桃で昨日はコンポート、ジャム、チャツネを作りました。コンポートは毎年作っていますが、チャツネは初めて作ったので、ご紹介します。(コンポートのレシピは以前のブログのこちらです。今回は最後に加えるリキュールはパスティスを使いました。)

e0351091_2481591.jpg

チャツネはマーサ・スチュアートのレシピを元に、玉ねぎ、ガーリック、ドライ・クランベリー、白レーズン、リンゴ酢、ブラウンシュガー等が材料です。(レシピは下に書きました。)

e0351091_2483051.jpg

きっと豚肉に合うと思い、この日の夕食は豚のフィレ肉を塩胡椒、ローズマリー、オリーブオイルにマリネしてグリルしました。

e0351091_2484526.jpg

思った通り、美味しい付け合わせになりました。副菜はローストしたパプリカをオリーブオイルとハーブにマリネしたものと、アボカドとトマト、香菜のサラダです。

e0351091_2485697.jpg

今朝は桃のコンポートにヨーグルト、チェリーの赤ワイン煮をかけていただきました。甘くないパスティスのアニスの香りがすっきりした、大人の味わいです。



桃のチャツネ
材料


桃   皮、種を取って約300g
オリーブオイル 適宜
玉ねぎ 中1/3個 みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
鷹の爪 1本 半分に切って種を取る
リンゴ酢 約50ml
ブラウンシュガー 約50ml
レーズンまたはドライクランベリーやドライチェリー等 ひとつかみ(私はドライクランベリーと白レーズンを半々に使いましたが、色がある方が綺麗です。)
塩胡椒 適宜

桃を熱湯に20−30秒入れて、すぐに氷水にとり、皮をむき、角切りにする。

鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒め、ガーリックと鷹の爪を加え、更に1分炒める。

リンゴ酢とブラウンシュガー、ドライクランベリー等と塩胡椒を加えて、弱火でトロッとなるまで煮詰める。桃を加え、5−10分、桃に火が通ってきたら、マッシャーで桃を潰し、かきまぜながら煮る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-24 02:52 | レシピ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24479851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-06-24 06:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanat6 at 2016-06-24 10:26
桃が大豊作なんて羨ましいこと!
チャツネを作るほど桃は買えませんが、もう少し安くなったらコンポートは作りたいと思っているのですが‥‥
頂き物を待っているtana家です(笑)
Commented by akdeniz_tk at 2016-06-24 12:02
たくさんの桃、うれしいですね。
モモのチャツネですか?
さっぱりとおいしそうですね。
豚肉との相性、とってもよさそう。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-06-24 13:39
お肉に桃のチャツネ・・・確かに合いそう♡
桃の価格が落ち着く8月まで待たないと。。。

前記事のタイトルの鯛のアラ煮に見る度に顔がゆがみます。
だって、ア・ラ・煮ってフランス語みたいだから 
(*^_^*)

Commented by asu at 2016-06-24 16:37 x
大豊作ですね〜!!!!^^
コンポート、とても美味しそうですね。
小ぶりで、とても、可愛らしい♪♪
フルーツが家に沢山あると、嬉しいですよね〜
ローズマリーと豚。そして、チャツネ。味が混ざり合ってとても美味しそう!チャツネ、やってみます!
Commented by fleur de sel at 2016-06-25 00:54 x
無花果のチャツネーは作るのですが桃のは。酸味もあり美味しいでしょうね。昔スモモの木がありそれは沢山の実を提供してくれていたのですが嵐の日に風の通り道で根こそぎにされてしまいました。パスティス
とは美味しそう。これからのアペリティフに良いですね。購入したくなりました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-25 01:56
カギコメさんへ

ありがとうございます。自家製ん果物があると、なんだか豊かな気持ちになります。でも沢山採れすぎると、嬉しい悲鳴です。
お褒めいただきありがとうございます。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-25 01:57
tanaさんへ

これが白桃だったら、と思う時もありますが、黄色い桃も色が綺麗なので、文句は言えませんね。
日本の桃は美味しいけれどお値段も良いですものね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-25 01:59
akdenizさんへ

桃が沢山採れたので、保存食を考えねばならず、でも、作ったら案外美味しくて、良かったです。鶏肉にも合うと書かれていたので、そのうち試してみます。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-25 02:04
ソーニャさんへ

自分の家でとれたから惜しげもなく使えますが、日本の高い桃なら、そのまま食べた方が美味しいのでは、と思います。チャツネなんかにしたらもったいないというか。。。

ア・ラ・ニ、イントネーションを違えれば、イタリア語風にも聞こえますね。でも、そんなこと考えてもみなかった。ソーニャさんの発想、楽しい!
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-25 02:06
asuさんへ

小ぶりなのもまた使い勝手が良く楽しいのですが、種だけは一人前に大きいので、そこのところがなんとも釈然としません。
ローズマリーと豚肉は合うんですよね。甘酸っぱいチャツネもまた、合いましたよ。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-25 02:09
fleur de selさんへ

fleur de selさんの無花果のチャツネ、覚えています。いつだったか無花果の大豊作で色々なものを作っておられましたよね。上にも書いたように、桃の実は小さいのに種だけは大きい桃と同じ大きさなので、それが加工する時に面倒なところです。
桃にパスティスの相性が良いのを教えてくださったのはタヌ子さんなのです。流石です。