やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タラゴンがたっぷり入ったハンバーグ

今日もハーブを使った料理のご紹介です。これは旧ブログには何度かアップした料理ですが、このブログには載せたことがないので、登場させることにしました。

タラゴン(フランス語ではエストラゴン。これは英仏語似ているので、語感にあまり違いはありませんね。)とイタリアンパセリをたっぷり混ぜ込んだハンバーグです。

e0351091_234377.jpg

その他、オリーブオイルに漬けてあるドライトマト、ケイパー、コーニション(小さいキュウリのピクルス)が入ります。牛のひき肉は脂身の少ない新鮮なもの(できればオーガニック)が必須です。

卵もパン粉も玉ねぎも入れません。紫玉ねぎはバターとコリアンダー粉、塩胡椒、少量の水でマーマレードのように作っておき、パルメザンチーズのスライスと一緒に後でのせます。

タラゴン風味のちょっと洒落た大人のハンバーグです。


タラゴンがたっぷり入ったハンバーガー
レシピ:Dorie Greenspan 著「Around my French Table」を参考
材料(4人分)


オニオン・マーマレード
紫玉ねぎ 中1個 みじん切り
水 1カップ
コリアンダーの粉 小匙1
無塩バター 大匙1
塩、胡椒

バーガー
サン・ドライド・トマトのオイル漬け 1/3カップ 粗みじん切り
ケイパー ¼カップ
コーニション 6個
フレッシュなタラゴン ¼カップ
パセリ ½カップ (できればイタリアンパセリ)
牛ひき肉 600g(出来ればサーロインの部分)
塩、胡椒 (ケイパーやコーニションに塩気があるので、塩は入れなくともよい。)
グレープシードオイル又はピーナッツオイル 大匙1
パルメザンチーズ ピーラーで薄くシェイブして1/2カップ

1.オニオン・マーマレードの材料を鍋に入れ、弱火で約20分、柔らかでジャムのようになるまで煮詰める。(2日まで冷蔵庫で保存できる。)

2.ミニ・フードプロセッサーで、トマト、ケイパー、コーニション、タラゴン、パセリを細かくする。

3.2と牛のひき肉をあわせてこね、厚さ2センチの4つのバーガーを形作る。

4.フライパンを非常に熱くし、オイルを入れ、中火でバーガーを焼く。片側2分でミディアムレアー。3分でミディアム。

5.オニオン・マーマレード、パルメザンチーズ、と一緒にサーヴする。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-11 02:35 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24449358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-06-11 06:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jugon at 2016-06-11 17:00 x
Mchappykun2さん、こんにちは!

これ、絶対に私好みです。で、また携帯から(^^)
エストラゴンがなかなか手に入らなくて、種も見たことがありませんし、作れる可能性は低いのですが、あ〜、食べてみたい!
Commented by asu at 2016-06-11 20:30 x
エストラゴンを入れるとは・・なるほど。。!!
卵もパン粉も玉ねぎも入っていないハンバーグ、まだ作ったことがありません。作ってみます!
Commented by tanat6 at 2016-06-12 01:08
まぁ なんてお洒落なハンバーグなんでしょう。
大人のハンバーグですね。
これは初めてのレシピ、是非いただいてみたいです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-06-12 13:43
ロシアのハンバーグも卵とパン粉を使いませんでした。
でもナチンカにタラゴン、コーニション、ケイパーと
大人仕様で興味深いです。
ホワイトアスパラのマスタードソースといい、
アルコールが欲しくなりますね。
挽肉は冷蔵庫にあるものの、賞味期限ヤバヤバな
生クリームとタヒニをどうにかせねば!
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-13 00:59
カギコメさんへ

タラゴンは日本ではあまり一般的ではないのでしょうか?
日本でも育てられると良いですね。
ミニトマトも収穫できるのですね。素晴らしいです!
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-13 01:01
jugonさんへ

エストラゴン、種も入手困難ですか!牛のフィレステーキにも合うのですが。私は鉢植えで毎年育てるのですが、結構難しく、しょっちゅう枯らしてしまうので、元気なうちに使おうと思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-13 01:02
asuさんへ

エストラゴンの香りや、つなぎがないので、お肉を食べた、という気になります。
是非お試しください。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-13 01:03
tanaさんへ

普通、ハンバーグというと子供の食べ物になりがちですが、これは赤ワインが合う大人のハンバーグです。
是非お試しください。
Commented by Mchappykun2 at 2016-06-13 01:07
ソーニャさんへ

アメリカのハンバーグも、実はパン粉や卵は使わなかったと思います。パン粉が入るのも柔らかになって美味しいですが、ないのもまた、ガッツリお肉になって良いものですね。そうなんで。この料理にはワインが合います。
タヒニはごまペーストの代わりによく使っていました。しゃぶしゃぶのタレとか胡麻和えとか。。。