やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ニューヨークでオペラ三昧 ⑦

4月4日(月)_夕食とオペラ

寒い雨の中、WTCから地下鉄の駅まで歩いて7−8分。サンディエゴに住んでいると、一桁台の気温でしかも雨の中を歩く事など全くありません。少しめげそうになりながら、でも東海岸に住んでいた時のことを懐かしく思い出しながら、ホテルにたどり着きました。

この日は夜の7時半からオペラです。ニューヨークはオペラやミュージカルを見る人たちのために、多くのレストランでは5時からのpre theater のメニューが充実しています。

この日のレストランは地中海料理のBoulud SUD。娘のお勧めです。

e0351091_310157.jpg

フォッカッチャとオリーブオイルが美味しい。そして、ザジキも。

e0351091_3103269.jpg

5時からのメニューはpre theater の3コースのプリフィックスのみ。

e0351091_3105013.jpg

6種類のアペタイザーから散々迷って決めた蛸。octopus a la plancha。美味しかったのだけれど、あまり味は覚えていないのです。

e0351091_311463.jpg

メインはレバノン風スパイシーなシーバス。鶏肉のタジンと迷った挙句、またも前日と同じシーバスにしてしまいました。でもこの料理はカリッと焼き上げているので、前日とは全く違った味わい。とても美味しかったです。

e0351091_3112078.jpg

デザートはピスタチオのPavlova(メレンゲスタイル)。白いメレンゲを割ると、中にはブラッドオレンジのシャーベット。とても美味しい!

e0351091_3113559.jpg

友達は自家製の3種類のアイスクリームとシャーベット。美味しいけれど食べきれない、というので大半は私が頂きました。こんなに軽くて美味しいものが一口しか入らないというのが私には不思議ですが、お腹の小さな友達の恩恵に預かったわけです。

雨も上がり、レストランから歩いて1分のリンカーンセンターへ。

この日のオペラはRoberto Devereux。ドニゼッティの作品で、私は1度も見たことがないので、とても楽しみにしていました。

e0351091_312649.jpg

このオペラは1599年から1601年の間のイギリスの史実に基づいた作品で、タイトルは「ロバート・デヴルー」ですが、主役はエリザベス1世。

演じたのはアメリカ人のソプラノ、Sondra Radvanovsky。47歳というソプラノとしてピークと思われる彼女の強い声と声量は、まさにエリザベス一世にぴったり。

時の最高権力者としての頑固さと驕り、女性として年老いてもなお燃やす恋心。彼女の演技も素晴らしいものでした。

この演目だけは少し奮発して良い席でしたので、演技する人の顔の表情を肉眼で見ることができ、迫力がありました。

e0351091_3122589.jpg

一つ残念だったのはロバート・デヴルー役が病気のために代役だった事。声量も他のキャストに比べると小さく、ちょっと一本調子でしたが、他の脇役は皆素晴らしい声の持ち主でした。

舞台も衣装も豪華でさすがメトロポリタン。素晴らしいオペラを満喫してホテルへと夜道を急いだのでした。

     〜続く〜



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-04-14 03:15 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(9)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24301290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-08-14 17:19
タイトル : オペラ・ブッファの傑作で楽しいオペラ
ドニゼッティ「愛の妙薬」Donizetti "Elixir of Love"  オペラ・ブッファは,18世紀前半に生まれモーツアルトなどによって高い芸術レベルまで発展してロッシーニの「セビリアの理髪師」で頂点を迎えます。ドニゼッティは70作ものオペラを作曲しており「ルチア」が一番有名ですが、「ルチア」は陰惨な話で、私はオペラ・ブッファの最後の傑作と言われる「愛の妙薬」がドニゼッティの作品では一番好きです。... more
Commented by タヌ子 at 2016-04-14 06:10 x
オペラ三昧、美味しい物三昧のNY。
アメリカに旨いものなしと言われたのはひと昔前のこと。
今では美味しいものを食べたければアメリカに行けと言う割れるぐらい、美味しいレストランだらけですね。
どのレストランも美しい盛り付けの繊細なお料理ですね。
体の大きなアメリカ人だと、この量ではちょっと物足りないかもしれませんね。
代役とは言え、主役なのだから脇役には負けて欲しくなかったですね。

Commented by asu at 2016-04-15 00:20 x
いろいろな国の料理が混ざり合って・・本当に地中海料理ですね!とても美味しそう♪
NYには美味しいレストランが沢山あるんでしょうねぇ。。

↓ 911からもうずいぶん経ったのに、状況は悪化していますね。。テロや戦争がない世の中になる日は来るのでしょうか・・ 
マンハッタンの眺め、いいですね!
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-15 02:03
タヌ子さんへ

NYは世界の首都、という感じですから、なんでも一流のものが揃っているのですね。世界中からあらゆる分野の一流が集まってくるのでしょう。
3コースだと私でちょうど良いので、普通のアメリカ人には物足りないかもしれませんね。

そうなんですよ。他の脇役が全て素晴らしかったので、かなり残念でした。拍手が代役の方だけ少なかったので、それはそれで、ちょっと気の毒でしたが、観客は正直ですから。厳しい世界ですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-15 02:08
asuさんへ

NYには美味しいレストランが沢山あって、選ぶのが大変でした。逆にサンディエゴが田舎なのを思い知らされました。

歴史は元に戻れませんが、911以前のセキュリティーのゆるい当時が懐かしいです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-04-15 11:04
蛸が気になります。
今回のデザート、σ(・・*)でも気になります。

学生の頃にヘンリー8世を読み、エリザベス1世の母親が
アンブーリンとの子どもで、映画では叔母の手元で育てられて
めでたしめでたしで完となっていたので、その後のエリザベスは歴史の教科書程度しか知らなくて、その後の彼女を読もうと思って20年以上経っています。
それもオペラになっていたとは。
オペラのほとんどがイタリア語だと聞きましたが、イギリスの
話だから英語なのですか?
Commented by tanat6 at 2016-04-15 21:32
綺麗な盛り付けに美味しそうなお料理のオンパレードですね。
ザジキ‥しりませんでした。
水切りヨーグルトで作られるのですね。
デザートのブラッドオレンジが入ったメレンゲ仕立て、美味しそうですね。
今年初めてブラッドオレンジを食べましたが、味の濃さにビックリでした。

そして その後はお楽しみのオペラだったのですね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-16 00:56
ソーニャさんへ

情けないことに、蛸の味、覚えていないのですよ。美味しかったことは覚えているのですが。。。

オペラは台本の言語で決まるので、これはイタリア語です。作曲家もイタリア人ですし。ヘンデルはドイツ人ですが、イギリスに住んでいたので、英語、独語、伊語あります。モーツァルトはドイツ、イタリア両語で書いています。彼は子供の頃イタリアへしょっちゅう旅行していたので、イタリア語が堪能だったらしいです。その代わり時々子供っぽいイタリア語が入っているという話です。
歌の人はいろいろな言語で歌わねばならず、とても大変なのですよ。上記の他に有名なものでフランス、ロシア、スペイン、チェコ語のオペラもあります。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-16 01:01
tanaさんへ

ザジキは地中海のものですから、ギリシャヨーグルトのような濃いものでキュウリの千切りが入ります。インドにも似たようなものがあり、こちらは普通のプレーンヨーグルトにやはりキュウリの千切りで、ライタと呼ばれています。カレーの付け合せにしたりしますが、塩やお好きなスパイス(クミンやパプリカなど)を加えます。美味しいので試してみてください。

ブラッドオレンジは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。こちらのブラッドオレンジは本当に赤黒くて、ちょっとびっくりする色です。
Commented by Mchappykun2 at 2016-08-15 03:03
dezireさんへ

トラックバック、ありがとうございます。先ほどブログを訪問してコメントを書いたのですが、上手く表示されたのか、ちょっと心配しています。また後ほど訪問させて頂きます。