やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ニューヨークでオペラ三昧 ⑤

4月3日(日)_夕食は三ツ星

渡辺謙が演じた「王様と私」を見た後はしばしホテルに戻って休憩。夕食はホテルから徒歩2分のトランプタワーの中にあるミシュラン三ツ星のフレンチ、Jean Georgeへ。

寒さ、強風、雨という三重苦の中、あまり歩かずに済んだのは幸いでした。今回のホテルのローケーションは思ったよりずっと便利でした。というのもホテルはリンカーンセンターに近い所、レストランはホテルに近い場所を選んだ結果ですが。

ここも予約受付開始すぐにオンライン予約をしたにもかかわらず、7時45分以前には取れませんでした。このレストランは珍しくドレスコードがあり、ジーンズ、スニーカーはご法度。男性はジャケット着用です。

天井が高く、テーブルがゆったりと置いてあり、高級感があります。働いているウエーターさんの数が多いので、サーヴィスは抜群です。

私たちが頼んだのはテイステイングメニューのスプリング・メニュー。

e0351091_229271.jpg

アミューズ。左は確か根菜類のスープをゼラチンで固めたもの。右は覚えていません。

e0351091_2292755.jpg

そしてマッシュルームのスープ。

e0351091_2294787.jpg

パスティーナ(小さなパスタの種類)、ウニ、キャビア。前の日のEscaとかぶりますが、こちらのほうが量が多い。

e0351091_230160.jpg

真鯛の刺身、オリーブオイル、海塩、唐辛子のプリザーブ、真鯛の出汁。お箸が出てくるところが面白いです。最近のアメリカ人は上手にお箸を使うようになってきました。真鯛が新鮮です。真鯛を一口食べたら、出し汁を一口召し上がってください、と言われました。良いお出汁が出ていてとても美味しい。

e0351091_2301716.jpg

アスパラガスとモレル(茸)、アスパラのソース。茸のソース(軽めのベシャメルソース)が最高に美味しかったです。テーブルに置いてから最後のアスパラのソースをウエイトレスさんがお皿に描きました。

e0351091_2303393.jpg

ブラック・シーバス(鱸の一種)、ココナッツミルクとパースニップ(蕪の一種)のスープ。シーバスは多分蒸したものでしょう。火の通り具合がちょうど良いのに、魚は火傷しそうな熱々。ココナッツミルクのスープが魚にとてもあい、美味でした。

e0351091_2305072.jpg

ローストしたメイン州のロブスターとロマネスコ。スモークしたチリとアーモンドを乳化したもの。ロブスターはほんの少し焼きすぎの感がありました。ロブスターは火が通ったか通らないかくらいの方が甘みがあり、硬くならずに美味しいと思います。それは私が日本人だからかもしれませんが。アメリカ人は火がしっかり通っていないと駄目なのかもしれません。でも、ロマネスコはとても美味しかったです。

e0351091_231547.jpg

ローストしたラム。ブロッコリのペスト(ジェノヴェーゼ)、乾燥玉ねぎ。ミディアムレアーに焼けたラムがとても美味しい。最後にヘビーなものが出てきて食べられるかしらと思ったのですが、美味しかったので完食。乾燥玉ねぎも美味しかったです。

デザートは柑橘類で統一。

e0351091_2312133.jpg

柑橘系のシャーベットとメレンゲ。

e0351091_2313380.jpg

右下から時計回りに、グレープフルーツのグラニテ、柚子のクレープスフレ・シュゼットソース、柑橘類のチーズケーキ、みかんのサヴァラン(上に乗っているのは金柑)。

e0351091_2315145.jpg

最後はチョコレート三種類とアーモンドクッキー。白いのは自家製マシュマロ。出来立てですからと、鋏で切ってくれました。確かに市販のマシュマロとは全く別物です。

ちなみに、この料理に合わせたのはシャンペン、Paul Goerg, Brut, Reserve。

どの料理もとても美味しく、サーヴィスも満点。でも意外性があまりないので、三つ星は行き過ぎかな、とも思いますが、相対的に言ったら、やはり三つ星なのでしょう。(私の中では、未だにスペインのDonostia-San SebastianのAkelaŕeが一番です。)

MOMAの数々の名画、ミュージカルの「王様と私」、そして美味しい夕食。盛りだくさんで贅沢で、そして楽しい一日が終わりました。

    〜続く〜


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-04-12 02:39 | 旅行 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24296091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by melocoton1 at 2016-04-12 02:54
ああ、去年王様と私を観に行った日、ちゃんと調べて予約したのに、渡辺謙さんがお休みだったのです。。。 うらやましい。

ニューヨークで三ツ星って行ったことがありません。 かなり敷居が高そう。 私も日本以外で一番美味しかった高級レストランはサンセバスチャンです(Arzakですが)。

ティスティングメニューとっても美味しそうですね.いつも思うのですが、こういうメニュー注文するとデザートが多すぎませんか(笑)?
Commented by akdeniz_tk at 2016-04-12 07:55
3つ星レストランらしい美しいお料理ですね。
お刺身(箸つき)が出てくるって、おもしろいです。
最近、外国人でも上手にお箸を使えるヒトが増えてきましたよね。

出来たてのマシュマロが食べてみたいです。
Commented by jugon at 2016-04-12 16:03 x
Mchappykun2さん、こんにちは。

渡辺謙さんの舞台もご覧になったのですね。
先日のレストランのお料理へのコメントとの違いがはっきりとしていて、こちらのお店がとても優れていたのが分かります。
真鯛のお刺身の盛り付けが可愛い。
スープと一緒にいただく趣向、珍しいですね。厨房には日本人もいらっしゃるのかしら?
お皿数が多いけれど、一つのポーションが控えめで、残さなくていいのはお互いに嬉しいですよね。
MOMA は、少し前に読んだ「楽園のキャンバス」に出てきていてなんとなく親近感がありますが、行ってみたい美術館です。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-04-12 16:11
>天井が高く、テーブルがゆったりと置いてあり・・・
>サーヴィスは抜群・・・
すでに合格点です。
ラム、雲丹、キャビア・・・と
大好きな素材ばかりで見ているだけでもため息です。

トニー賞でリバイバル賞を取ったメンバーですね。

ラストサムライの撮影が行われた書写山にある大学にでは
トム・クルーズが滞在していたひと月の間、
学生が撮影見学に行って教室がガラガラだったと聞きました。

Commented by asu at 2016-04-13 01:11 x
お箸が出てくるなんて、さすがアメリカですね〜。
日本食の評価の高さがわかりますね。

↓そうですよね。NYはそういう街ですよね!また行かなくては!! 
20年前はABロードという旅雑誌で安いチケットや宿を探したのを覚えています。ミュージカルも平日のマチネの安いチケットを買いに行ったり、情報が乏しい中、自分の足で探して買ったりした気がします。。今は信じられないぐらい便利ですよね〜 でもあれはあれで楽しい思い出です。^^
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-13 02:59
meloさんへ

折角渡辺謙を見に行って、違う人だったらがっかりしますよね。私もケリー・オハラでなく残念でした。

meloさんもサンセバスチャンが一番なんですね。Arzakはいったことがありません。2012年にサンセバスチャンに行った時、こちらに行きたかったのですが、(アケラーレは前に行ったことがあるので)娘達が行きたいというので、またここに行きましたが、2度とも期待を裏切りませんでした。

確かにデザート多すぎです。四角い大きなお皿に出てきたのだけで十分です。友達は最後のチョコ類を全然食べませんでしたが、お土産にしてくれました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-13 03:01
akdenizさんへ

サーヴする時もウエイターが二人来て同時にサーヴするのです。ここでは一番人件費が高いのでは、と思いました。でも、お料理も良い材料でとても美味しかったのは確かです。

マシュマロはあまり甘くなく、とても美味しかったです。こんなに美味しく作れるんだ、と思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-13 03:05
jugonさんへ

やはり、美味しいものは自然に文章になって表れてしまいますね。お値段もこちらの方がずっと高級ですから、当然なのかもしれませんが。
高級なものが少しずつ、というのは家ではできませんから、レストランでの醍醐味ですね。

MOMAはとても好きな美術館のひとつです。いつかいらしてみてください。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-13 03:10
ソーニャさんへ

食材も高級ですよね。しかもふんだんに使っていますし。サーヴィスが良いというのはとても気持ちが良いものですね。

リバイバル賞というのをとったのですか!調べたら、渡辺謙は2月に初期の胃がんの手術を受けたのですね。以前白血病も患っていますし、改めて、すごいなぁ、と思いました。

トム・クルーズが来たら、教室ガラガラになるの、分かりますね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-13 03:13
asuさんへ

今時の若い日本人よりお箸の使い方はアメリカ人の方が上手かもしれないくらいです。

NYは本当にエネルギッシュな街です。だから、こちらまでそれに感化されます。地下鉄が24時間動いている街なんて、他にないのでは?
Commented by tanat6 at 2016-04-13 07:59
今回はドレスコードのあるレストランでのお食事だったのですね。

最近テレビで海外の方が上手にお箸を使われているのを見て ビックリします。
日本の若い方のお箸の持ち方が‥という時代なのに。
Commented by fleur de sel at 2016-04-13 22:23 x
さすが三ツ星レストランの素敵な数々のお料理の連続 素敵なお食事時間をお楽しみになったと思います。アメリカ 欧州での日本料理の影響は日々に増していると思います。素材、調味料、調理法など。でも私も感じるのですが野菜は私の好みより火が通りすぎとの感も。アスパラのソースを描きに来てくださる演出はさすがですね。
最後の柑橘類のデサートは嬉しいですね。とっても美味しそうです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-14 03:33
tanaさんへ

こういうレストランはカップルが多いのですが、ここは若い4人のグループや母娘二人組みなどもいて、女性二人の私たちも浮き上がらずに済みました。

最近の日本人の若い方、お箸の持ち方が???な人がいてびっくりしますね。家での躾なんでしょうね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-14 03:36
fleur de sel さんへ

日本料理の西洋料理に対する影響力はすごいですね。皆有名なシェフたちは新しい食材、新しい調理法の勉強に余念がないからでしょうね。そして、これだけ世界が狭くなっていますから、ネットで次々に配信されるので、挑戦し続けなくてはならず、料理界は大変だと思います。

デザートもとても美味しかったのですが、meloさんもおっしゃる通り、少しデザートの量が多すぎると思いました。