やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ニューヨークでオペラ三昧 ④

4月3日(日)_MOMAとミュージカル

この日は4月としては異常とも思える寒さでした。東海岸の4月初旬の気温は年によってとても違います。時に夏のように暑くなったり、桜が咲いてから雪が降ることもあります。

今年の4月は私たちにはついていなかったようで、寒いだけなく、強風が吹く厳しい天気でした。アメリカでは風の速度は時速で表します。テレビによると、時速45−60マイル(72km−96km)でした。サンディエゴ近辺の高速道路のスピード制限が時速65マイル(104km) ですから、台風並みの強風です。

この日の天気は随分前から強風になることが分かっていましたので、外での観光はあきらめ、もっぱら屋内で時間を潰そうと決めていました。

それでもこの強風の中、車ではなく地下鉄でMOMA(Museum of Modern Art)へ出かけました。

日曜日とあって、美術館は相当に混んでいましたが、切符はあらかじめ買っておいたので、スムーズに中へ入ることができました。

一度は本や雑誌で、また過去の展覧会で見た名画ばかりです。

ここに名前を書くほどもないとは思いますが、一応。(もちろんここに載せた写真は撮影しても良い絵画です。)

ドガ

e0351091_2391731.jpg

ゴーギャンの洗濯女

e0351091_2393449.jpg

セザンヌのリンゴの静物画

e0351091_2394519.jpg

ゴッホのオリーブの木

e0351091_2401078.jpg

シャガールの私と村

e0351091_2402692.jpg

マチスの青い窓
 
e0351091_2403730.jpg

ピカソの音楽家

e0351091_2405040.jpg

アンディ・ウオーホールのキャンベルスープの缶詰

e0351091_241679.jpg

写真が真正面からのものが少ないのは、いつも誰かが真正面にいるからです。

折しもプリツカー賞を始めとして多くの重要な建築の賞を受賞している伊東豊雄氏と、彼の影響を受けた日本人の若い5人の建築家の展覧会も催されていました。

ベオグラードにある藤本壮介のBeton Hala Waterfront Center

e0351091_313772.jpg

MOMAを出ると早12時半。

午後は3時からリンカーンセンターの中のVivian Beaumontでミュージカルを観る手筈なので、ホテルに戻り、ホテル内の和食のレストランでランチをとりました。

e0351091_322317.jpg

お味噌汁。自分で好きなようにお味噌を入れます。その分ぬるくなりますが、好みの塩加減にできるのは良いのかもしれません。

e0351091_324064.jpg

二人ともお弁当。

ランチを済ませて着替えをし、リンカーンセンターへ。ミュージカルは「王様と私」。渡辺謙が王様です。

オペラの切符を買ったのは昨年の7月。当初はミュージカルを観ることは全く念頭になかったのですが、オペラのない日曜日、しかも風が強く寒い日ということが分かり、6日前に急遽切符を買ったのでした。

生徒のお母さんに「ニューヨークでは渡辺謙の『王様と私』をご覧になるのですか?」と聞かれたのがきっかけです。たまたま聞かれなかったら、気づかなかったでしょう。

当日のアンナ役はKelli O’Haraではなく、スタンバイのAnalisa Leamingでしたが、綺麗な声でなかなか上手でした。

渡辺謙も歌は上手ではありませんが、はっきりした英語で舞台慣れしていましたし、子役も皆芸達者。ミュージカルもまた楽しかったです。

夕食のご紹介はまた明日。

    〜続く〜


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-04-11 03:31 | 旅行 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24293414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akdeniz_tk at 2016-04-11 03:57
さすがMOMA、名作ぞろい。
日曜日の美術館って、ものすごく混んでいることでしょうね。
お味噌を後で加えるって、珍しいと思いましたが、
アメリカの和食屋さんではよくあるシステムなのでしょうか?
渡辺謙ってニューヨークのミュージカルに出ているんですね。オペラだけじゃなくて、ミュージカルも楽しいですよね。
Commented at 2016-04-11 06:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asu at 2016-04-11 22:58 x
NYは、もう一度訪ねてみたい街の一つです。
20年近く前ですが、MOMAのモダンさに感動したのを覚えています。当時はネットなどもなく、ミュージカルの劇場でチケットを買ったり、結構一人で動きました。夜はジャズを聴きに行ったり・・今思うとなんであんなにパワフルだったのかと思ってしまいます^^  NYいいですね〜!!!
Commented by tanat6 at 2016-04-11 23:31
さすがに名画揃いですね。
海外の美術館では写真撮影が許されているところが結構ありますよね。
日本の美術館では まず駄目です。

今回はミュージカルだったのですね。
私もミュージカルはちょっと苦手な部類です。
でも素晴らしいミュージカルを見ていないだけかもしれません。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-12 02:48
akdenizさんへ

本当にさすがニューヨークのMOMAです。この他にもモネの睡蓮とか、沢山名画がありました。ここは2回目ですが、いつ来ても楽しめます。

お味噌が別に出てくるのは初めてです。好きな塩加減にできるのは良いですが、残るので、もったいないな、と思いました。

渡辺謙はこのミュージカルでトニー賞にノミネートされたのです。でも、あの歌い方では賞は取れないだろうと思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-12 02:50
カギコメさんへ

MOMAはとってもお勧めです。ニューヨークには他にも有名はグッゲンハイムとか、メトロポロタン美術館などありますし、やはり文化的です。
ミュージカルも楽しかったです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-12 02:53
asuさんへ

まだまだお若いasuさんですから、NYへ行ったらまたパワフルに動き回ると思いますよ。nyはそういう街です。
昔はネットがなかったから、切符を買うのは大変でしたね。以前ワシントンDCに住んでいたので、ニューヨークのオペラやミュージカルは何度か足を運んでいるのですが、どんな風に切符を買っていたのか、今となっては思い出せません。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-12 02:57
tanaさんへ

外国の美術館は案外無防備ですよね。撮影禁止の絵画も何点かありましたが、大概は大丈夫でした。

ミュージカルも楽しいですよ。舞台が大がかりなものが楽しめます。そして、もちろん出演者によります。ほぼ最盛期のジュリー・アンドリュースもNYで見ました。素晴らしかったです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-04-12 12:42
アンディ・ウオーホールのキャンベルスープの缶詰を初めて
見た、そして美術館にあることに子ども心に驚いたものです。
決して嫌いなのではなく、アメリカ人の寛容さ?にです。
そして美術の定義って?と。。。
二十歳にシャガールのリトグラフをもらい、
マチス?と聞いたことが今でも恥ずかしいです(恥)
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-12 22:56
ソーニャさんへ

アンディ・ウォーホールのキャンベルスープの作品は衝撃的ですよね。現代美術は不思議なもので,始めはえっ?!と思っていても,何度も見ているうちにとても親しみを感じてきたりするのです。この絵も然り。
Commented by fleur de sel at 2016-04-13 21:58 x
さすがNY名作がそろっていますね。みな好きな画家ですがことに私はマチスとセザンヌが好きです。南仏を訪れる風景を眺めると彼らのパレットの色理解します。アメリカ大陸には足を踏み入れたことなく残念に思っています。弟はNY トロントなど10年近く滞在招待されていたのに子育てに忙しい時期で機会を逃してしまいました。
渡辺謙さんどのように歌われるのかなと思いました。彼の眼の鋭さと風貌がちょっと若いときの父に似ていて。