やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

春の和の食卓

金曜日に訪れたニジヤさんでは時間が早かったせいか、週末なのに期待していたような珍しいものがなく、日曜日にまた訪れました。

今回は期待通りでした。お陰様で日本の春の食卓になりました。

皮が付いたままの連子鯛のお刺身。初めて目にしたお魚で、キダイとも呼ばれるようです。皮が付いているので、湯引きに*して、切掛け作りに。

e0351091_2231252.jpg

連子鯛は春のお魚ではないようですが、黄色を帯びたピンク色の皮が春らしい色です。

ボイルしてあるホタルイカ。さっと洗って、目(周りの黒いところも)と足の中の口を取り除いて、ペーパータオルで水気を取り、青ネギと酢味噌和え。

e0351091_2232850.jpg

味噌の素がなくなっていたので、白味噌(3/4カップ)、卵の黄身(1個)、酒(1/2カップ)、砂糖(1/5カップ)をすり鉢であたり、良くかき混ぜながら、お味噌の固さになるまで火を通して練り上げます。この量は目安ですので、ご自分のお好きなように加減してください。

この素に米酢を加え、酢味噌に。辛子を加えても良いでしょう。味噌の素は冷蔵庫で2週間位もちます。

e0351091_2234484.jpg

中国産ですが、フレッシュな筍があったので、米糠と鷹の爪で茹でました。
鰹出汁とみりん、醤油で煮、最後にわかめと水菜を加えてさっと煮ました。最近葉っぱが出てきた山椒の若芽を添えて。

筍の姫皮は梅和え。梅干しに極少量の砂糖と醤油を加えたものです。

シラスは単純に大根おろしで。

e0351091_224245.jpg

アメリカに住んでいても、日本の春らしい食卓になり、嬉しく思いました。


*湯引き:皮目を上にしてまな板の上に置き、さらしの布かペーパータオルをかける。熱湯を注ぎ、すぐに氷水に取る。冷えたら、ペーパータオルで水分をしっかり取り、一度切り目を入れて、2度目に切り離すのが切掛け作りです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-29 02:25 | レシピ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24258072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-03-29 06:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-03-29 12:30
ホント春ですね。
骨の硬い鯛をおろすのは力がいりますね。
Mchappykunさん全体重を掛けておろしていたと想像します。
もし、σ(・・*)がいたら鯛の切り身をホタルイカの酢味噌を
掬ってたべてそうです。

交通会館を横切ったら出店に筍が沢山でていました。
親元をでてすぐに筍を買い、母親にどこまで剥ければ
いいのかと電話したことがありました。
みるみる小さくなった筍をみて、損した気分になったものです。
Commented by tanat6 at 2016-03-29 16:36
本当に日本の食卓よりも日本らしいお料理。
春の彩り満載ですね。
蓮子鯛 こちらでもよく見かけます。
開きにして干したり酢締めにしたりしますが、湯引きも美味しそうですね。

酢味噌も綺麗な色ですね。
木の芽も出てきたのですね。

↓↓ ケークサクレ 朝食でいただきたいです~
Commented by jugon at 2016-03-29 19:37 x
Mchappykun2さん、こんばんは。

本当に春らしい食卓ですね。
こちらは、ソメイヨシノの開花が伝えられたと思ったらグンと気温が下がって、冬に戻った感じでしたが、今日は少し暖かくなって、休憩中だった桜もそろそろと咲き始めていました。
明日はまた暖かくなりそうですから、これでパッと咲くかも。

連子鯛は、春のお魚じゃないのですね。そう言えば、春じゃなくても見かけます。でもおっしゃる通り、色が春らしいですね。桜えびも春じゃなくてもあるけれど、名前で春って思っているのと似てます・・・違うかな?(^^)
筍もだんだん価格がお手頃になってきたので、私も茹でなきゃ。昨日は、すでに茹でてある今年の皮付き筍を使って、蕗や厚揚げと煮ました。
筍の香りがとっても良くて、茹でてあるものでも今はグレードが高いな~と思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-03-30 00:07
カギコメさんへ

南カリフォルニアは日本と変わらない食材が手に入る稀有な場所です。本当に幸せなことです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-03-30 00:10
ソーニャさんへ

残念ながら連子鯛はもうお刺し身のさくになっていたものです。自分でおろしたわけではありません。あっ、お刺身を酢味噌で食べるのも良いですね。気が付きませんでした。今度やってみます。

そう、筍は皮をむくとどんどん小さくなりますよね。これだって、最初は煮物の他に筍ご飯もできるかと思っていたのですが、剥いたら、小さくなって、筍ご飯の分は出ませんでした。
Commented by Mchappykun2 at 2016-03-30 00:12
tanaさんへ

連子鯛、日本でもたくさん出回っているのですね。初めてのお魚でした。お値段も手ごろでした。確認しませんでしたが、ニュージーランド産だと思います。日本からの空輸だと値段が高くなりますので。次は酢締めにしてみます。

今年は木の芽が早く出ました。でも、まだちょぼちょぼで、使うのがためらわれるほどです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-03-30 00:15
jugonさんへ

桜の開花はニュースで見ましたが、その後気温が下がったのですか。でも、開花の期間が長いかもしれませんね。

連子鯛、初めて知ったのです。今は便利でネットで何でも調べられるので、初めてのものでもとりあえず買ってきます。

中国産の筍ですし、掘ってから日数が経っていると思われるので、香りもそれほどしないし、食感も日本のものとは違います。それでも茹でがけは美味しかったです。
Commented by fleur de sel at 2016-03-30 08:01 x
本当に日本の春の献立ですね。酢味噌保存できるのなら作ってみたいです。お料理の献立に幅が出そうです。タケノコの季節になったのですね。日本のお料理は本当に季節感にあふれていて手に入らないものばかりだけれど眼で楽しんでいます。本当においしそうです。
Commented by Mchappykun2 at 2016-03-30 15:04
fleur de selさんへ

酢味噌のもとは吉兆さんのレシピを参考にしたものです。卵の黄身が入っていますが,冷蔵庫で結構長持ちします。でも,あまり一度に沢山は作りませんが、あると、便利です。
日本は四季がはっきりしていて,旬のものなどお料理に季節を取り入れる素晴らしい文化ですよね。
これだけ日本の食材が揃う外国は南カリフォルニアしかないかもしれませんね。
Commented by タヌ子 at 2016-03-30 16:27 x
まさに日本の春の味覚ですね。
いますぐにでもそちらに引っ越したいぐらいです。
帰国まであと2週間。
日本でホタルイカ、筍満喫します!
筍の水煮は買えますが、生は一度も見かけたことがありません。
フランスにも竹林はあるし、維持のためにも筍は掘らないといけないと思うのですが、どこに消えてしまっているのでしょう…
Commented by Mchappykun2 at 2016-03-31 00:18
タヌ子さんへ

もうすぐ日本ですか。良いですね。ソメイヨシノは終わっているでしょうが、八重桜を見られますね。
また日本の美味しいもの三昧、楽しんでいらしてください。

東に住んでいた時は、友達の庭に生えた笹竹を沢山いただきました。こちらでも笹はあちらこちらで見かけるのですが、筍はどうなっているのか私も疑問に思っています。フレッシュな筍は中国産ばかりなのです。
Commented by asu at 2016-03-31 01:52 x
春ですね〜。
こちらも週末から夏時間になりました。
ホタルイカ。こちらでは、フライにしたり、炒めたり、煮たりと、定番中の定番なんですが、私の住む街には売ってないんですよ。アンダルシアの方だけなのかな。。 酢味噌とホタルイカ、、写真を見ただけで、ゴクリと喉がなってしまいました。。^^
Commented by Mchappykun2 at 2016-03-31 02:08
asuさんへ

アンダルシアではホタルイカがあるのですか?それは吃驚です。フライも美味しそうですね。いかにもスペインのタパらしいです。今度見つけたら作ってみたいです。