やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

鱈とトマトとズッキーニとサフランの蒸し煮

近くのスーパーで、一番リーズナブルな値段だった鱈を買ってきました。骨なし皮なしのフィレですが、220gで6ドル少し。何回もブログに書いていますが、アメリカは魚が高い!

この鱈を買った時はじゃが芋とズッキーニとトマトと一緒にオーブンでベイクしようと思っていたのですが、もっと短時間で出来る簡単な料理に変えました。

Gerald Hirigoyen著「Pintxos」とJacques Pupin’s Tableからのレシピを合わせたものです。(レシピは下に書きました。)

e0351091_3331894.jpg

サフランの香りが良く、またオリーブやケイパーを入れるので野菜には塩胡椒を使いませんでしたが、程よい塩加減でした。

e0351091_3333314.jpg

サラダは到来物のハニーベルとレタス。最近柑橘類は逆流性食道炎のために控えているので、久しぶりの柑橘系フルーツのサラダでしたから、とても美味しく感じました。

e0351091_3335056.jpg

この時期は柑橘類が美味しい季節なのに、思うように食べられないのは残念至極です。

鱈とトマトとズッキーニとサフランの蒸し煮
材料(二人分)

鱈のフィレ 約250g
オリーブオイル  適宜
玉ねぎ  中半個 みじん切り
ガーリック 1片 潰してからみじん切り
サフラン 適宜
ズッキーニ 小1本  角切り
トマト 皮と種のついたまま角切り 
辛口白ワイン  約1/3カップ
オリーブ  5−6個 種を取る
ケイパー  約小匙2
塩胡椒 適宜
タラゴン 小匙1/2
パセリまたはバジル

1.オリーブオイルをフライパンに熱し、玉ねぎとガーリックとサフランを炒める。玉ねぎがしんなりしたらズッキーニを加え2−3分炒める。トマトを加え更に炒める。

2.鱈に塩胡椒し、野菜を少し脇によけて真ん中に置き、白ワインとタラゴンを加え、煮立ったら弱火にして蓋をして魚に火を通す。(約5−6分)

3.蓋をとり、少し火を強めて水分を少し飛ばし、オリーブとケイパーを加える。

4.皿に盛ってからパセリを散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-18 03:35 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24147615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三十路オンナ at 2016-02-18 06:07 x
Mchappykunさん、おはようございます♪

USって、本当のお魚がお高いのですね。。。

タラ、こちらではお野菜ので、ご紹介のお料理作ってみます♪♪♪
スペインでサフラン、オリーブも買ってきたので。

本当にこちらで、また、スペイン料理が楽しめるのは、
Mchappykunさんのおかげです。

ありがとうございます♪♪♪

サラダにかんきつ類、とてもさっぱりとしていておいしそうですね♪♪♪

フルーツでもすっぱいものが大好きな私なので、
こちらもベランダ産お野菜で作ってみます♪♪♪

逆流性食道炎、大丈夫ですか???

お食事にも刺激物など控えてらっしゃるのですね。

食べ物に制限があると大変かと思いますので、
症状が治まること心より願っています!!!

ではでは♪
Commented by asu at 2016-02-18 18:18 x
鱈とサフランは合いますよね〜♪
鱈はそちらほどではないですが、こちらでも高めです。
魚は日本の方が安い気がします(鮮度込みで)。海老などは別ですが。

鱈はオーブンで焼く事が多いのですが、蒸すのもいいですね!
今度やってみます!!
Commented by jugon at 2016-02-18 19:33 x
Mchappykun2さん、こんばんは。

日本もお魚の方がお肉より割高な気がします。上等の牛肉とかと比べたら別ですけれど。
今日のお料理はタラじゃなくても良いですね。また作ってみますね。
そうでした、Mchappykun2さんは逆流性食道炎でいらっしゃいましたね? 完治する方法はないのですか? フルーツがお好きなのに。お大事になさってください。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-02-18 23:24
シチリア料理の材料がまだあるので、鱈さえ仕入れれば
できるので、早速作ってみます。
Mchappykunさんのお料理は野菜と果物がふんだんに摂れるので
お腹の調子が良好です。
Commented by fleur de sel at 2016-02-18 23:53 x
本当にお魚の値段高いですね。鱈だったら一番上等な背の厚い部分1kg20ユーロしません。お買い得な時には15ユーロ位。でもこれは海辺に住んでいるせいかもしれません。娘達の家に出かけると当地の新鮮さにはかけるしお魚すごく高いと思います。香辛料にケーパー、オリーヴとっても私好みのお料理です。
現在オレンジ美味しいですね。オレンジの酸味も良くないのでしょうか。私も同じような問題抱えているのですが酸味が好きなので止められません。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-19 02:13
三十路オンナさんへ

お魚は鮮度を考えると本当に高いです。鮭やおひょうなどは牛のフィレミニヨンと同じくらいのお値段なので、安売りの時でないと買えません。
私は柑橘類が大好きでサラダにもよく使うのですが、酸っぱいものや香辛料の効いたものはてきめんに悪化させるので、要注意なのです。
お優しい言葉ありがとうございます。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-19 02:15
asuさんへ

鱈とサフラン、合いますね。そうですか、スペインでは鱈がよく使われますが、安い魚ではないのですね。海老はむしろ日本と比べると安いです。輸入物が多いのですが。ものの値段ってよく分かりませんね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-19 02:20
jugonさんへ

プリプリした白身の魚ならなんでも合うと思います。「pintxos」の本では鮟鱇を使っています。でも、ここでは鮟鱇は日本食料品店で鍋用のぶつ切りしか置いていないのです。アメリカのスーパーにはまったく置いていませんし。フィレが売られていたらもっと洋風料理に活用できるのに、鮟鱇が好きなだけに残念です。
薬で胃酸を抑えることしかできないので、なるたけ胃酸を増やさないよう食事療法が大事なようです。激しい運動も良くないのです。重大な病気ではありませんが、咳がでるので、喉を使う私のような職業には困りものです。
お優しい言葉、ありがとうございます。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-19 02:23
ソーニャさんへ

↑にも書きましたが、「pintxos」では鮟鱇、フランスのレシピは鱈ですので、そんなようなお魚なら合うと思います。フランスのレシピからは、鱈、ズッキーニ、白ワイン、黒オリーブを借りました。あとはスペイン。スペインはオリーブは緑。
フルーツのサラダが好きなのでよく作ってしまうのですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-19 02:34
fleur de selさんへ

サンディエゴも海辺なのですが、近海で取れるお魚は美味しくないので、遠くから来るので高いのでしょう。新鮮なお魚が手頃なお値段で手に入るのは本当に羨ましいです。フランスでも都会はそうはいかないのでしょうが、その代わりなんでも手に入るのでしょうね。
逆流性食道炎には酸っぱいものと香辛料の強いものが一番ダメなようです。私は長年患っていて、毎日お医者さんからもらった薬をもう5年以上飲み続けていて、3−4ヶ月ごとに内視鏡で声帯を見てもらっています。私の場合は咳が出るので、職業柄歌えなくなって困るのです。私も柑橘類が大好きで、昨年の今頃、毎日2個みかんを食べていたら、悪化したのが自分でも分かり、それからはなるたけ控えています。
完治ということはなく、胃酸を抑えるしか方法がないのだそうです。枕を高くして寝る方もいますが、私はそれをすると眠れないのでしていません。チョコレートやアルコールも良くないと言われていますが、食べ物もあまりきちんと守ると面白くないので、ほどほど自己責任で食べていますが。