やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

バカラオとピペラードのピンチョ

スペインから買ってきたバカラオ(塩鱈)をやっと料理しました。冷蔵庫で10ヶ月はもつといいますが、早く食べるに越したことはありません。

e0351091_3114875.jpg

さて、バカラオは水(薄い塩水)につけて冷蔵庫で二日半。水を何回か替えて、やっと塩が抜けました。このような塩に漬けてあるものはすっかり塩を抜いてしまっては美味しくありませんので、その辺の加減が難しいところです。

e0351091_312115.jpg

バスク地方の名物であるパプリカとトマトを煮込んだピペラードと一緒に、美味しいピンチョになりました。


バカラオとピペラードのピンチョ
レシピ:Gerald Hirigoyen著「Pintxos」参考
材料 (二人分)


ピペラード
オリーブオイル 大さじ1
玉ねぎ 小 1/2個 縦に薄くスライス
パプリカ(赤か黄色かオレンジ) 1個 種を取って千切り
ガーリック 3片 薄切り
完熟トマト 中2個 皮も種も一緒にざく切り
塩 少々 (なくとも良い)
ピメント エスプレット (パプリカ粉又はカエンヌペッパー) 適宜

オリーブオイルをフライパンで熱し、玉ねぎ、ガーリック、パプリカ、トマトを一緒に約10分、全体がしんなりするまでかき混ぜながら炒める。
サーヴする直前に塩とパプリカ粉をふりかける。(塩鱈と組み合わせたので、今回は塩は使いませんでした。)

バカラオ 200−250g たっぷりの薄い塩水につけて冷蔵庫の中で1〜3日、水を替えながら、少なくとも3回塩抜きをする。
ガーリック 1片 薄切り
エシャロット 1個 薄切り
オリーブオイル 適宜
砂糖 適宜
バゲット 斜めにスライス
パセリ 適宜

オリーブオイルをフライパンで熱し、弱めの火でガーリックとシャロットを炒める。香りが出てきたところで火を少し強め、水分をペーパータオルで取ったバカラオをソテーする。両面1分ずつソテーした後、水1/4カップを加え、5分ほど水分がほとんど蒸発するまで火を通す。
適当な大きさにスライスする。身が崩れやすいので注意。

一方、ピペラードを網に入れて、汁をしっかりプレスして汁は別のボウルに取り置く。ピペラードはみじん切りにし、少量の砂糖を加える。

バゲットに上記のピペラードをのせ、パプリカの粉をかけ、スライスしたバカラオをのせてピペラードの汁をかけ、パセリをのせて出来上がり。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-09 03:14 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/24122051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タヌ子 at 2016-02-09 05:47 x
以前スペイン在住のブロ友さんのレシピで、パプリカとバカラオを煮込んだものを作ったことがありますが、この組み合わせは美味しいですよね。
塩鱈料理は数日前から準備しないといけないので、計画を立てて料理をしなければならないけれど、フランスには一日で塩抜きできるものも売っているので、計画性のない私でも大丈夫(笑)
Commented by akdeniz_tk at 2016-02-09 09:50
ピペラードの色がきれいですね。
干しダラは、スペインじゃなくてポルトガルで食べたコトがあります。
きっと、同じモノでしょうね。(食べたのは、かき揚げのようなモノでしたけど)
塩抜きって、2日ちょっともかかるんですか・・・。思い立ったときに作るのじゃなくて、準備が必要なんですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-02-09 12:40
ビマベラード、発色いいですね。
ぱっと見温泉たまごかと思いました。

塩漬けされたものを良い塩梅に戻すのは難しいです。
ザーサイなんていつも戻しすぎてしまいます。←忘れ去られてること多し。
Commented by tanat6 at 2016-02-09 20:20
塩鱈、二日半も塩抜きをするのですか~
綺麗なオレンジ色のピペラード、他のお魚のソテーにも使えそうですね。
美味しそうですね。

↓↓お店の中に大きな樹がはえていたところですよね。
ロブスターロール 美味しそう。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-09 22:57
タヌ子さんへ

私も何日も前から計画しなくては行けないものは苦手なので,なかなか作れないでいました。1日で塩抜きが出来るのなら良いですね。
パプリカと一緒に煮込む料理もあるのですね。今度はそれを作ろうかしら。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-09 23:00
akdenizさんへ

オレンジ色のパプリカを使ったのですが,色がきれいに出ました。パプリカは日を通しても色が変わらないのが良いですね。ポルトガルにも塩鱈ありますね。ポルトガルでは食べませんでしたが,きっと似ていると思います。
物の本には塩抜きは24−36時間とありましたが,結構時間がかかりました。数の子もそれくらいかかることがあるので,想定内でしたが。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-09 23:03
ソーニャさんへ

オレンジのパプリカでしたが、良い色になって良かったです。本には書いていないのですが,ピペラードをプレスして出た汁は,なめてみたらとても美味しいので,後でかけました。それが大正解でした。

塩抜きって結構難しいですよね。私は,本体をちょろっと嘗めてみます。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-09 23:07
tanaさんへ

そうなんです。2日半かかりました。ピペラードは色々使えて便利なので、もっと頻繁に作っても良いのに,と後で思いました。

インパクトのあるお店だから皆さん覚えて下さっていたようです。大きな木が何本もお店の中に生えている、って珍しいですね。ナイフで切らなくてはいけないほど大きな塊のロブスターがごろごろ入っているのです。
Commented by fleur de sel at 2016-02-10 01:33 x
美味しそう・・・塩漬けの魚の塩抜きは本当にデリケートですね。塩を抜きすぎると本当に美味しくないし。湯がかずに香草野菜と直にソテーしてから水を加えてのお料理試してみたいです。
素適なお料理レシピ有難うございました。スペインは近いのにフランスの国境とバルセロナしか知らずゆっくり訪ねてみたい国です。
Commented by Mchappykun2 at 2016-02-10 04:00
fleur de selさんへ

塩抜きは本当に難しいです。
フランスとスペインは地続きなのにとても違った文化ですね。ここからヨーロッパはとても遠いので、なかなか行けませんが、かえって近くともなかなか行けないということもありますね。