やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

白菜と肉団子の和風スープ

白菜が美味しい季節になりました。

夜の合唱の練習の前にさっと作れる豚ひき肉のお団子と白菜のスープ仕立て。

昔も今も冬の忙しい時に作る献立です。

豚ひき肉に擂り下ろした玉葱と擂り生姜、卵の黄身はお好みでどちらでも。ひき肉を手で良くこねて団子にし、鰹だし汁に酒、醤油、少量の砂糖で調味した中に入れていきます。

ひき肉の塊を左手で持ち、人差し指と親指で絞り出すようにして団子を作って、出汁の中に落としていきます。

e0351091_3361427.jpg

灰汁を取りながらお団子を煮、さっと茹でておいた白菜(5センチのざく切り)を加えます。私は白菜をたっぷり、煮汁もたっぷりにしてスープ仕立てにするのが好きです。

元は志の島忠著「日本料理惣菜事典」にのっていたレシピですが、長年の間に私流になったかもしれません。簡単で美味しい冬の和風スープです。

e0351091_3362759.jpg

付け合わせはセロリと人参の和風サラダ。斜めに切ったセロリと薄切りの人参、調味は米酢、砂糖、塩、ごま油。セロリのシャキシャキ感が残るように、調味料は食卓に載せる直前に加えて下さい。

両方とも簡単であっという間に作ることが出来ますが、温かなスープが冬の夜には嬉しい食卓です。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-08 03:38 | レシピ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/23939748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-12-08 05:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by タヌ子 at 2015-12-08 06:26 x
肉団子は玉ねぎをかなり細かいみじん切りにしても、ポロポロと崩れそうになってしまうことが多かったのですが、すりおろしてしまえば良いのですね。
↓菊芋をローストするなんて思いつきませんでした。
早速試してみます。
人参の葉は数日取っておいて、しなしなになって捨ててしまうことが多いのですが、このソースなら色々なお料理に合いそうですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-12-08 12:31
母にお前の手が大きいからと云われた
ゲンコツサイズの獅子頭を思い出しました。(^_^;)
あんなに大きな白菜も沢山たべることが出来て
身体も温まり冬の夜には持って来いです。

チミチュリの作り方ありがとうございます。ぺこり
Commented by evecookymama at 2015-12-08 20:46
私はこの肉団子にはんぺんを崩して入れます。
柔らかく美味しいお団子です。たくさん作っておいて冷凍して
椀だねに、お鍋の具材に、揚げて、甘酢あんで、と重宝しています。
セロリ子供の時は苦手だったのですが、いまはむしろ大好きです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 23:06
カギコメさんへ

寒いときは熱いスープは良いですね。
セロリと人参の和風サラダもこのスープも簡単でおいしいのが何よりです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 23:09
タヌ子さんへ

玉葱って摺り下ろすとテイストが変わって,味が強くなるような気がします。なので,すりおろしのときは、あまり沢山入れない方がよいようです。

菊芋、ロースト,美味しいですよ。是非お試し下さい。
人参の葉っぱ,結構使い出がありそうで,他のレシピも試そうと思っています。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 23:14
ソーニャさんへ

そう言えば,中華の獅子頭のスープも美味しいですね。ソーニャさん、手が大きいのですか?私も結構大きい方です。右手なら,ドを基点に1オクターブより上のミまで届きます。

このスープだと,白菜を沢山食べられます。沢山作って次の日のお昼にも出来るし,重宝です。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 23:18
evecookymamaさんへ

はんぺんをお団子に入れるのは良いアイディアですね。今度作ってみます。
セロリは苦手な方がいますよね。私はあの独特な香りが好きですが。子供のときに嫌いでも大人になって好きになるもの,沢山ありますね。私などほうれん草も人参も玉葱も子供の頃は大嫌いでした。いますもちろん好きですが。
Commented by jugon at 2015-12-08 23:25 x
Mchappykun2さん、こんばんは。

玉ねぎも摩り下ろして使うのですね。Mchappukun2さんには、そういうちょっとしたところも教えていただいているな~と感じます。
作り置きしておけるものって、ありがたいですね。
肉団子と白菜のスープは、ちょっとしたお鍋感覚でいただけそうです。

↓ こちらは玉ねぎは茹でるのですね。お写真だけ見た時は、玉ねぎだから炒めると思ってしまいましたが、茹でることですっきりしたお味に仕上がるように思います。
ジュリア・チャイルドのお料理、頑張って英語で読んで作ってみようとレシピ本を購入したのに、本棚に立ててあるだけ・・・(^^;
Commented by tanat6 at 2015-12-09 01:49
こちらは、温かい汁物が美味しい季節になりました。
豚と白菜 相性は抜群ですもんね。
スープたっぷりで ご飯がすすみそうです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-09 04:34
jugonさんへ

元の志の島忠さんのレシピを読み返してみたら、煮物で、全然スープではなかったのです。でも、スープたっぷりでお鍋感覚の方が良いですよね。

ジュリア・チャイルドのレシピ本の英語は分かりやすいです。イギリスに始めて住んだ30年以上前、私の英語はひどいものでしたが、料理の言葉は勘で分かりました。食材の言葉がイギリス英語だと、ちょっと?のことがあるかもしれませんが。

玉葱をさっと茹でることで、マイルドな味に仕上がるように思います。こういうちょっとしたことを、ジュリア・チャイルドの本で勉強しました。全体的にはバターやクリームを多用するので、ヘルシー志向の現在にはちょっと、ですが。。。私の本は2代目ですが、ぼろぼろになってしまいました。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-09 04:36
tanaさんへ

寒い時はスープたっぷりがよいですよね。私はどちらかと言うと、白菜を柔らかに煮てしまった方が好きです。