やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

人参のローストと葉っぱのチミチュリ&鶏胸肉のソテー パプリカのソース

久しぶりに知野ファームを訪れました。ここはいつ来てもきれいで美味しそうな野菜たちが待ち受けているので、料理へのモティベーションが高まります。

この日は立派な葉っぱのついた人参に心を奪われました。人参の葉っぱは佃煮にしたことはありますが、この日は一緒に買った菊芋(エルサレム・アーティチョーク)と人参をローストするつもりなので、洋風の使い道を探しました。

e0351091_3234740.jpg

そこで出て来たのが、パセリの代わりに人参の葉っぱを使ったチミチュリ。チミチュリはアルゼンチン発祥のソースで、大体はお肉類に付け合わせますが、この日はローストした人参と菊芋に合わせました。

e0351091_324419.jpg

参考にしたのはこのサイト☆です。(英語ですが、悪しからず)

とても美味しく出来、ソースとしてでなく、それだけで食べても美味しかったです。

e0351091_3242284.jpg

メインは鶏胸肉のソテー、パプリカのソース。元はJulia Childのこのレシピ、スペインから買って来たパプリカ粉を使いたくて、久しぶりに作りましたが、美味しく出来ました。これもオーブンを使うので、時間をずらしていれれば、野菜のローストと一緒に出来上がります。

e0351091_3243477.jpg

サラダは知野ファームで求めた斑入りのラディッキョと紫色のサラダ菜。ブルーチーズはドイツ産のCambozola Black。クリーミーなチーズがドレッシングの代わりです。

e0351091_3244652.jpg

きれいなオレンジ色の一皿と新鮮な野菜たちで元気の出る食卓になりました。


鶏胸肉のソテー パプリカのソース
レシピ:Julia Child 著「Mastering Art of French Cooking」参考
材料(一人分)


玉葱  小半個 みじん切り
パプリカの粉  小匙1−2
バター 一かけ
鶏胸肉  ラップに挟んで肉叩きで均等な厚さにして塩胡椒する
塩胡椒 適宜
辛口白ワイン 約1/3カップ
パセリ 適宜

1. 玉葱のみじん切りを熱湯で1分茹で、水にとり、水を切る。

2. バターをオーブンプルーフの皿に入れて玉葱を弱火で数分炒める。パプリカ粉を加えて炒めた後、鶏肉をソテーする。両面の色が変わったら、パーチメントペーパーの片面にバターを塗り、鶏肉にかぶせ、200度C(400度F)のオーブンに入れて6分。鶏肉に火が通ったら取り出す。

3. 鶏肉を別皿に移し、玉葱に白ワインを加えて少し煮詰め、鶏肉にかける。あればパセリを散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-07 03:26 | レシピ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/23936593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤブ姉 at 2015-12-07 05:02 x
此処2、3週間美味しい新鮮な野菜が食べたいと欲しているのは、やはり此処が気候上、新鮮な野菜は手に入らないからだと、気がついたばかりでした。こんな美しいお野菜、しかもサラダ菜!この季節でも手に入るんですものね。流石カリフォルニア。
知人が先日、ペストに人参の葉っぱを混ぜているのを作っており、苦みが利いて美味しかったので挑戦しようと思っていたところです。このチミチュリソースも拝借させていただきます!こちらでは人参に奇麗な葉っぱがついているので、いつも炒めて食べていたのですが、捨てるのはもったいないですよね。


Mchappykunさんのスペイン紀行、指をくわえて眺めておりました。沢山の素敵な場所に行かれて、充実した旅行をされたんだなとつくづく感じました。前回お嬢さんとスペインに行かれた紀行もとても面白かったのですが、今回のは本当に盛りだくさん!スペインに行く予定はないのに、参考になるなああ、、とつぶやいております。
Commented at 2015-12-07 05:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-12-07 15:03
地産地消でしょうか?
スーパーの一角に地元の食材のコーナーが出来ました。
人参、大根、蕪とどれも元気いっぱいな葉をつけています。
人参の葉だけ使い道が分からず、手を出していませんでしたが、
なんと葉っぱだけの"にんじん菜"なんていうのが出ています。
チミチュリ、お肉に合うのであれば人参か人参菜を買ってみよう!
Commented by tanat6 at 2015-12-08 00:50
綺麗な人参ですね。
葉っぱまで瑞々しくて、美味しそうです。
菊芋まであるのですか…
日本の菊芋と同じなのでしょうか。

チミチュリ、サイトで調べてみました(日本語のほうで…笑)
混ぜるだけでいいのですね。
玉ねぎなどで作るオイルベースのソースにハーブが入ったような感じですね。
作ってみます。
Commented at 2015-12-08 00:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 01:07
ヤブ姉さんへ

西海岸も北の方は今時になると新鮮な野菜が無いのですか!カリフォルニアは水さえやれば、何でも育ちますからね。最近は水不足ですが。
こんな立派な人参の葉っぱ、食べ無くてはもったいないですよね。栄養価も高いし。茎の太い方は固いですが。ペストも美味しいらしいですね。ペストは自家製バジルで作ったのが冷凍庫にあるので、チミチュリにしましたが、とっても美味しかったです。是非お試し下さい。

今回のスペイン旅行は本当に盛りだくさんでした。お陰で長い旅行気になりました。とっても楽しかったです。いつかいらっしゃって下さい。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 01:10
カギコメ#1さんへ

知野ファームのお野菜は本当に美味しくて、調味料が何もいらないのです。塩なんか無い方が却って野菜の旨味が分かります。何でも生でバリバリ食べられてしまいます。
ジュリア・チャイルドもご存知でしたか。数年前映画がありましたよね。ご覧になりましたか?私はジュリア・チャイルドの本でフランス料理に開眼したので、とてもなつかしく映画を見ました。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 01:14
ソーニャさんへ

人参の葉っぱは美味しいですよ。ジェノベーゼにしても美味しいらしいです。ちょっと苦みがあり。和風だったら甘辛く炒め煮にしてもいけます。
チミチュリはみじん切りにしてガーリックと塩、お好きなスパイスや鷹の爪、ワインヴィネガー、オリーブオイルと混ぜるだけです。簡単ですので、お試し下さい。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 01:17
tanaさんへ

日本の菊芋を知らないので、何とも言えません。こちらではエルサレム・アーティチョークというのですが、日本語では菊芋という名前だと知ったのは数年前なのです。

そうなんです。チミチュリは??にも書きましたが、調理しないで、混ぜるだけなんです。私のは少しオリーブオイルが足りなかったかもしれません。普通はもっとオイリーな感じです。簡単で美味しいので、是非お試し下さい。
Commented by Mchappykun2 at 2015-12-08 01:18
カギコメ#2さんへ

ありがとうございます!
こういうコメントはとっても嬉しいです。美味しく出来て良かったです。