やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

スペイン旅行(18) ーバルセロナ③ カタルーニャ音楽堂ー

Happy Thanksgiving!

11月3日(水

1908年に完成したモデルニスモ建築の最高傑作と言われるカタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)。この豪華絢爛たる音楽堂でのコンサートに行ってきました。

e0351091_1521585.jpg

まずは、この建物の中の写真をご覧下さい。

e0351091_153457.jpg

e0351091_153174.jpg

e0351091_1533076.jpg

e0351091_1535864.jpg

e0351091_1541139.jpg

過剰とも言える程の装飾ですが、それが不思議と調和がとれています。

e0351091_154327.jpg

e0351091_1544442.jpg

e0351091_1545862.jpg

e0351091_1551854.jpg

折しもこの日開かれていたのは私の大好きなイタリアのコロラトゥーラ・メゾソプラノ、Cecilia Bartoli。

e0351091_1555313.jpg

6ヶ月近く前の5月に切符を買ったにもかかわらず、3階のステージの後ろ側。演奏者の後ろ姿しか見えず、声も私たちの耳にストレートには入ってきませんでしたが、古い建物にしては音響効果も中々良かったです。

e0351091_1562716.jpg

私は彼女のリサイタルは3回目。伸びのある美しい声と豊かな表現で素晴らしいステージで、とても楽しみました。

e0351091_1565764.jpg

私はヨーロッパのコンサートが好きです。観客が温かいからです。チェチリア・バルトーリはイタリア人ですが、それでもスペインの観客がまるで自分の身内のように応援しているのが伝わってきます。

そして、クラシック音楽を構えずに、心の底から楽しんで聞いているのが分かります。サンディエゴのように1楽章が終わった時点で盛大な拍手をしたり、コンサートの最中にガサガサ音を立てながらサンドイッチを食べたりする観客とは大違いなのです。(昼のランチ・バッグ・コンサートではなく夜のコンサートでの出来事です。)

きっと演奏者も、このような素晴らしいホールで良い観客の前だったら、自然に良い演奏になるでしょう。それが歴史の重みや、生活に音楽が溶け込んでいるかどうかの違いなのかも知れません。

私たちの隣に座ったスペイン人のご夫婦のご主人が英語が堪能で、休憩時間には大いに話が弾みました。

e0351091_1573298.jpg

私たちはプログラムをもらい損ねたので、見せてもらうようにお頼みしたら、2冊あるから1冊差し上げます、と親切に申し出て下さいました。

e0351091_1574652.jpg

説明はスペイン語とカタルーニャ語でしか書かれていないので、理解できませんが、お土産に有り難く頂戴しました。

e0351091_1575849.jpg

隣に座ったご夫婦の奥さんのお姉さんがイタリアのヴェローナに住んでいて、夏はヴェローナのオペラを見に行くのだとか。だから今回はお姉さんをこのコンサートにお招きしたのだそうです。お姉さんは別の良い席にお座りでした。

e0351091_1582538.jpg

e0351091_1584244.jpg

コンサートが開く前に話したご夫婦はミラノからこのコンサートを聞きにやって来たのだそうです。1週間前のミラノのコンサートはCecilia Bartoliが病気で、キャンセルになったから、今日も心配と話していました。

e0351091_1585452.jpg

e0351091_159913.jpg

そんな心配はどこ吹く風。滞在中に素晴らしいコンサートを聴くことが出来本当に幸運でした。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-27 02:05 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/23907204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asu at 2015-11-28 01:25 x
この音楽堂に始めて入った時、1つ1つが、全てが、美しく、感動しました。
Mchappykunさんの仰る事の意味がわかる気がします。
こちらの人の生活には、自然と音楽やアートが入り込んでいる気がします。
楽しみ方が上手いというか、自然なんですよね。
特別な事ではない、やる方も見る方も聞く方も皆が同じところにいる、そんな平等さを感じる事があります。そう。温かさを感じるのかもしれません。。
Commented by tanat6 at 2015-11-28 01:35
音楽堂でのコンサート、Mchappykunさんには絶対はずせないですよね。
演奏者はもちろん、観客の情熱と理解とマナーがあってこそ 素晴らしい舞台になるんですもんね。
お隣のスペイン人のご夫婦、素敵な方で良かったですね。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-28 04:33
asuさんへ

この音楽堂のような建物は始めてで、本当に素晴らしくて吃驚しました。
ヨローッパの方はとても自然に音楽や美術を楽しんでいる、という感じを受けます。特別なものでない、というか。そして、音楽も良くご存知です。普段の生活に溶け込んでいるからだと思います。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-28 04:36
tanaさんへ

マナーというのは言ってみれば、思いやりだと思うのです。演奏者への尊敬とか、他の観客への配慮とか、東海岸の観客はひどくないのですが、サンディエゴは本当に意識が低くてがっかりします。

隣の方々もそうですが、スペイン人は概して皆さん親切な方が多いです。
Commented at 2015-11-28 06:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-28 08:22
カギコメさんへ

コメントありがとうございます。

折角近くにお泊まりになりながら,残念でしたね。でも旅行は100%後悔ないというのは無理だと思いますので,また次の機会ですね。

スペインは食と芸術の国,といっても過言ではないですね。ホント、スペインの方々、皆さん親切でした。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-11-29 09:50
カタルーニャ音楽堂、これは是非見てみたいです。
内装が特にツボに入りました。

バルトリを知らなかったので、youtubuで視聴回数の多い
Agitata da due venti Vivaldiを聴いてみましたが、
耳障りの良い、包容力のある歌声でした。
Mchappykunさんは普段はどんなシチュエーションで
聴いているのですか?
家事をしている時、特に掃除をしている時はテンポの良い
ロック、食器、棚の中の手入れはフリード・ウッド・マックです。

Commented by Mchappykun2 at 2015-11-29 15:26
ソーニャさんへ

この音楽堂,素晴らしいですよね。こんな所で歌ったら気分が良いだろうな、と思いました。

私は家では殆ど音楽を聴かないのです。大抵は車の中です。でも,歌は聞きません。歌は気になってしまって,他の仕事ができないのです。ながらで一番良いのはバロックかピアノ曲かオーケストラ。昔は夫がクラシックと古いジャズが好きだったので、いつも音楽が流れていましたが。。。最近はさっぱりです。

バルトーリはメゾソプラノなので耳障りが良いですよね。お母さんがプロのシンガーで,お母さんから手ほどきを受けて25歳で彗星のようにデビューしました。