やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

スペイン旅行(15) ーバルセロナ② Casa Batlloー

11月2日(月)

サグラダ・ファミリアのタワーに上れなかった分時間が余ってしまいました。この日はサグラダ・ファミリアの他に2軒のガウディの建築を見学するために、既に予約してありました。

まずは時間の制約のないCasa Batlloへ風の中を歩いて移動。地下鉄でも一駅の距離です。

e0351091_219917.jpg

現在もファッショナブルな通りで知られるPasseig de Graciaに面し、ガウディが1904年にリモデルを開始した資産家だったBatllo家の家。

e0351091_219364.jpg

玄関。後ろは階段。

e0351091_2201292.jpg

ガウディがドア、窓、家具、照明器具など全てをデザインしたのだそうです。

e0351091_2205876.jpg

e0351091_2211137.jpg

e0351091_2212313.jpg

曲線が波打つ部屋。

e0351091_2214589.jpg

家の真ん中の何カ所かは吹き抜けの階段

e0351091_2224564.jpg

e0351091_226521.jpg

ベランダには廃材が使われたというセラミックのタイルのモザイク。

e0351091_223528.jpg

e0351091_2232427.jpg

ベランダから見上げる建物。ユニークという言葉を通り越した独自の世界。

e0351091_2251077.jpg

童話の世界のような遊び心一杯の屋上に建つチムニー。このような家に日常的に住んだBatllo家の人々はどんな気持ちで過ごしていたのでしょう。

e0351091_2262919.jpg

e0351091_226449.jpg

ガウディが作った椅子

e0351091_2273070.jpg

e0351091_2274388.jpg

もし、私だったら、何も出来ずに、日がな一日部屋を眺めているだけかもしれません。でも毎日眺めていたら、それが日常に溶け込むのでしょうか。

Casa Batlloを出てもまだ次の予約まで時間があるので、雨と風を避けるため、近くのカフェ,Mauriに入りました。大きな店構えで感じが良かったので入ったのですが、メニューを見ると1929年創業の老舗のようです。

e0351091_2283544.jpg

お昼に近いのに二人ともあまり食欲が無く、軽くサンドイッチをコーヒーと。時間があったので私はケーキも頼み、ゆったりと過ごしました。

e0351091_2284872.jpg

e0351091_229117.jpg

次のガウディの建物はまた次回に。

ー続くー

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-24 02:31 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/23898292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanat6 at 2015-11-24 21:21
ガウディの建築、住んで見たいような住みたくないような…(笑)
個人の住宅としては、なかなか個性的で 日本人には難しいかもですよね。
でも、今でも実際に住んでいる方がいるんですよね。
どんな気持ちなのでしょう…
Commented by YOSHI at 2015-11-24 22:36 x
バルセロナにもこんなグレーの空があったのですね、ぼくたちが行ったのは一月の真冬だったけれど青空で暖かく過ごしやすかったです。
すべて見学料金を合わせるとかなりな金額になりますね、
保存のことも考えるとしかたないです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-25 06:28
tanaさんへ

ガウディの建築は芸術としてとても素晴らしいと思いますが,実際に住んでみたらどんな風に感じるかは,また別なのではと考えてしまいますね。
お掃除の人をちゃんと雇わないといけないし,と貧乏性の私はそんなことも考えてしまいました。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-25 06:33
YOSHIさんへ

旅行前に調べた所,10,11月は位年中で一番雨の日と雨量が多かったのです。私たちは運が悪かったのかもしれませんが。
ロンドンの大英博物館も,ワシントンDCのスミスソニアンの博物館、美術館も無料ですよね。とても素晴らしいですが。それを考えるといちいち入場料を払うのは,ちょっと釈然としない所もありますが,仕方のないことでもあるのでしょうね。それにしても普通の11月なのに観光客が多くて吃驚しました。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-11-26 12:28
アパートは現役なんですよね?
毎日が遊園地のようだけど、落ち着くのかしら?

現在、内装を活かすにはどのような家具を入れているか、
どんな風にして暮らしているのか見てみたいです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-26 15:12
ソーニャさんへ

この家はもう現在は使われていないはずです。そして,アパートでなく,一軒家です。とても広いですが。上の方が使用人の部屋になっていました。本当に遊園地みたいですよね。