やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

スペイン旅行(13) ーバルセロナ①ー

11月1日(日)

カメラの記録がケーキから夕食を戴いたバルに飛んでいるので、私の記憶も飛んでいます。夕食までの数時間何をして過ごしたのか、さっぱり思い出せません。多分腹ごなしにブラブラと街を歩きながらホテルに戻ったのだと思います。けれど、ホテルで何をしていたのでしょう?夕食のバルの下調べ?

日曜日に開いているバルはあまりなく、あるブログに書いてあった所を訪れました。このブログ、スペインにいる間中は見られたのですが、今訪れるとパスワードが無いと閲覧不可能になっていました。

バルの名前はLa Vinateria del Calle (Sant Domenic del Call, 9, Barcelona)。

英語のメニューもありますし、英語をかなり話せるフレンドリーなお兄さんもいました。

e0351091_2123655.jpg

まず、私はカバ(スパークリングワイン)、友達は赤ワイン。店内が暗かったので良い写真ではありませんが、悪しからず。

e0351091_2112831.jpg

天井からぶら下がる生ハム。全部熟成が終わっていて、これだけの生ハムをかなり短期間で消費するそうです。英語が出来るお兄さんが色々教えて下さり、その時は細かい数字まで覚えていたつもりでも今となっては忘れてしまいました。

e0351091_2114354.jpg

ここで食べたものは青唐辛子の唐揚げ。これが美味しい。万願寺唐辛子で試してみたい。スペインの塩が美味しいのを今回再発見しました。

e0351091_2125114.jpg

そして、チーズとパン・コン・トマテ。それだけ?チーズは確か、山羊、羊、牛の三種だったような。

e0351091_2143099.jpg

e0351091_2144322.jpg

お昼をしっかり食べて、夜は軽くタパをワインと一緒につまむ。この頃はすっかりスペイン流になれてしまったのでしょうか。

ここもカウンターの他に奥にはレストランの席もあるようで、家族連れなど予約したお客さんが入っていきました。

私の右隣にはイギリス人の若い女性が一人でタパをつまみながらワインを飲み、ガイドブックを読んでいました。日本、韓国、中国そしてヨーロッパの各国からの若い女性の一人旅を多く見かけましたが、バルに女性一人でいるのは大抵はヨーロッパ人です。若いアジア人女性の一人旅の方はどこで食べているのでしょう。ちょっと気になりました。

欠けたお皿だったり、盛りつけも決してお洒落ではありませんが、その分気取らずに、行きずりの旅行者にも一人旅にもフレンドリーなバル。アットホームな気分にさせてくれる、温かなバルでした。

この日も朝早くから行動を開始し、充実した長い一日が終わりました。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-22 02:18 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/23892166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by evecookymama at 2015-11-22 10:21
できれば、このような旅を1人で行ってみたい。
お友達と行かれたの?
バルは私の憧れです。
Commented by asu at 2015-11-22 21:00 x
やはりバル選びは料理も大事ですが、雰囲気(活気や親切度)がとても重要ですよね。ビール一杯でも、無愛想なところよりは、親切に接してくれるところで飲みたいと思ってしまいます。特に旅先ではそうですよね。
そうですね、バル=お酒、というイメージだと、なかなか1人では入りにくいかもしれませんね。フランスのカフェなんかだと一人でも入りやすい気がします。習慣や感覚が、アジアとは少し違うのもあるような気がします。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-23 03:00
evecookymamaさんへ

私は一人旅はしたことがありません。知らない街に一人は私はちょっと遠慮です。友達と二人で行ったのですが、中々良いコンビでした。
バルはいいです。ここにも気の置けないバルがあると良いのに、と思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-23 03:02
asuさんへ

バルは確かに雰囲気も大事ですよね。フレンドリーだととても嬉しくなってまたきたくなりますものね。
確かにバル=お酒というイメージを持っているのかもしれませんね。別にお酒を飲まなくとも大丈夫なのですが。アジア人はスペインやイタリーのバル文化、案外ご存じないのかもしれませんね。
Commented by tanat6 at 2015-11-23 03:41
バルは 確かに当たり外れが ありますよね。
こちらは当たりだったのですね。
青唐辛子の唐揚げ 美味しそうですね。
私も万願寺で試してみたいです。
味付けは どんな感じだったのでしょうか。

カバにハモンセラーノ、私も好きです。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-23 09:51
tanaさんへ

味付けは塩だけです。フレークの大きな塩で,それが美味しいのです。買って帰りましたが。お洒落なバルではありませんが,お店の方との話が面白かったです。私の友達は誰とでもすぐに友達になれる人で,そう言う意味では旅行にはもってこいの人です。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-11-24 22:46
ぶら下がった生ハムから下がっている円錐形のカップは何の為に
あるのですか?
銀座〜東京駅にかけてバルが増えましたが、どこもササッと食べて飲むと
云う感じてはなく、お値段フルコースより若干安いかなぐらいです。
本場のバルいいですね。
生ハム、赤ピーマン、クロケットがあればそれで十分です。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-25 06:37
ソーニャさんへ

生ハムの無駄な脂を落としているのだと思っていましたが,違うのかな?
バルはとても重宝です。ささっと飲んで食べても良いし,一杯のワインで粘っても良いし,奥にはレストランも併設している所が多いので,そこでゆっくり食事を楽しんでも良いし。若い人も年よりも,つとめ帰りの人たちが何人か集まって立ちながら軽くつまみながら飲んでいる風景も良く見かけました。
何というか,そのときの状況や気分で色々に使えるというのが,とても素敵に思いました。