やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

スペイン旅行(4) ーマドリッド②・二つ星レストランー

10月28日(水)

今回の旅行、というより私の旅行はいつでも「食」がメインです。その土地ならではの美味しいものを食べ歩くのが、私の旅の一番の醍醐味です。そして、1カ所だけは普段は行かない高級店で食べること。

とは言え、お財布との相談もありますから、ネットでメニューを見て、お値段との釣り合いが取れている所を選びます。

マドリッドで選んだのは、ミシュランの二つ星、el club Allard。スペインの夕食は遅いので、9時の予約が一番早い時間です。

繁華とは言えない薄暗い通りの黒い大きな鉄の扉を押して、中に入りました。

高い天井の中々高級感のあるレストランです。ここは10、12、14種類のコース料理で、小食な私たちは最も数の少ないコースを選びました。

ワインはソムリエにお任せ。2種類出てきましたが、両方ともスペイン産です。

e0351091_2252011.jpg

e0351091_2253298.jpg

前菜の前のアミューズはちょっとしたサプライズ。レストランの名刺にポテトのディップをつけて名刺ごと食べるのです。

e0351091_2255416.jpg

では出て来た順に

スモークした鰻とロコト(唐辛子の一種)、ココナッツのソース

e0351091_2261075.jpg

バターフィッシュとホワイトアスパラガスのショット

e0351091_2262214.jpg

卵とトリュフのカップケーキ

e0351091_2263638.jpg

海のご飯

e0351091_226559.jpg


ここで次のワイン

e0351091_2283913.jpg

グリルした鴨とコーン

e0351091_2271643.jpg

銀ダラと青いトマトのインフュージョン

e0351091_2285299.jpg

ブラックロースト (猪だったような)

e0351091_229360.jpg

ハイビスカスとピスコサワー(カクテルの名前)

e0351091_2291988.jpg

チョコレート・ロック

e0351091_2293048.jpg

黒板

e0351091_2294225.jpg

さて、はっきり言って、ここのレストランの印象は非常に希薄です。どんな味だったか、思い出せないのです。

サプライズも最初の食べられる名刺だけ。プレゼンテーションもサーヴィスも一級ですが、肝心な味にインパクトがない。素晴らしく美味しいと唸らせるものがない。普通に美味しかっただけです。

二つ星は過剰では、というのが私の意見です。それにお客さんの質もそれほどでもありません。

私の斜め前の某アジア国の若い女性二人連れのお行儀の悪いこと。食べている間ずっとスマホを手放さず、肘をついて食べ。。。

一流のレストランはお客さんの雰囲気も良くなくてはね。というのが私の率直な感想です。

ミシュランガイドを全面的に信用している訳ではありませんが、1979年のイギリス生活以来旅行の度に参考にしてきた私にとっては、再考の余地があると思い知りました。特にネット上の口コミが盛んになって来た今日この頃では。

ー続くー



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-12 02:32 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/23861358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-11-12 15:42
エル・ブリを思い出させる様な創作料理ですね。
記憶に残らなかったのは、普通だったからかも。
こちらでも見栄えに力を注いで、味があれって思うこと度々あります。

そこの国の人からは人気があっても、他国の人には
理解できない味ということ多々有り難しいです。
味覚に信用がおける人が実際に行って、美味しいというところに
行くようにしています。
Commented by tanat6 at 2015-11-12 18:20
とっても美味しそうに見えたのですが、そうだったのですか…
不味くはないんだけど、結局どんな味だったのか記憶にないってこと ありますよね。
ちょっと残念でしたね。

日本版ミシュランも ええ~っていうお店が掲載されていることありますよ。
Commented by asu at 2015-11-12 23:40 x
やはり店の雰囲気も料理のうちですよね。
ここ数年はこういうコースが流行ってますよね。特に、海藻を使ったりするのはこちらの人には新鮮なんだと思います。
↓ 英語のメニューですが、多分ですが、これは一品料理用のメニューでタパやカナペ用は他にあるのですが、テーブル席だとこっちのメニューだけ置かれことがあるのです。(テーブルで小さなタパやカナペだけはタブー)テーブル席=沢山食べる(ウエイターが運んでくれる)ということで、値段設定もカウンター席とは違います。店に寄るのですが、ちょっと分かりにくいですよね。。
Commented by タヌ子 at 2015-11-13 00:17 x
Mchappyさんの行動力には驚かされます。
私はプラドだけでヘトヘトでした。
大きな美術館はしっかり下調べをして、本当に見たいものを限定しないと無理ですね。
その地に住んでいる人の情報は貴重ですね。
美味しそうなバル。
私もこういうところを探していたのに、マドリッドでは殆ど見つけることができませんでした。
名刺の食材が気になります。
最近は創作料理にも限界が見えてきた感もありますね。
奇を衒いすぎて、本当の食材の良さが生かせなくなっているお店も多いし、印象が薄いのは、食材、料理の種類が多すぎて、食べたものの記憶が残り難いせいかも知れませんね。
フランスの人気店も、原点に戻ってシンプルな料理を見直す傾向にある気がします。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-13 03:06
ソーニャさんへ

スペインの現在の人気レストランの殆どが創作料理のようです。エル・ブジの影響は大きいのでしょうね。
もう少し口コミを検索すれば良かったと反省しました。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-13 03:08
tanaさんへ

味覚は個人差が大きいので、信用できる人の味覚に頼る方が失敗はないかもしれません。
昔はネット検索などなかったので、ヨーロッパのレストランはミシュランがとても役立ったのですが、現在では事情が違いますものね。日本もそういうことがあるのですね。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-13 03:10
asuさんへ

きっとここは値段が手頃だったので、若い人たちも来たのでしょう。でも,とても美味しければ少しくらい高くても文句はないのですが。
なるほど。席に着くのとカウンターで食べるのとでは元々違いがあるのですね。この前のバスク地方で学んだはずが、すっかり忘れていました。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-13 03:15
タヌ子さんへ

今思い返しても、良く毎日少ない睡眠で沢山行動したと思います。美術館、博物館は疲れますよね。
やはりその土地に住んでいる人の情報は本とは違って、貴重です。

名刺の素材は多分ポテト、と言ったような。確かではありませんが。
プレゼンテーションにこだわり過ぎて、素材本来の味を引き出すことを忘れているのかもしれません。良い素材はシンプルな料理の方が美味しいですものね。