やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

スペイン旅行(3)ーマドリッド②ー

10月29日(水)

朝の7時過ぎ、マドリッドの中心的な広場、プエルタ・デ・ソルの近くにあるカフェ、マヨルキーナ(La Malloruquina: Calle Mayor, 2, Madrid)へ朝食を食べにホテルから歩きます。

ホテルを街の中心に近い所に取ったのは正解でした。Hotel Preciadosはモダーンで清潔、そしてどこにも歩いて行けます。ヨーロッパのホテルには珍しく部屋にはお湯を沸かせるポットとティーバッグの紅茶とコーヒーも置いてあります。

e0351091_231755.jpg

さて、マヨルキーナは店内の写真撮影が禁止ですので、外からショーウインドーを撮影。ここでは名物のナポリターナという菓子パンとカフェ・コン・レシェ。

e0351091_2312120.jpg

e0351091_2313431.jpg

e0351091_2314524.jpg

食後は暫し街を散策。

e0351091_232058.jpg

近くには生ハムとチーズで有名なお店、Museo del Jamón。中で食べることも出来ます。生ハムやチーズを持って帰ることが出来ないのは本当に残念。ヨーロッパの人たちが羨ましい。

e0351091_2321581.jpg

e0351091_2322865.jpg

この日は昨日見ることが出来なかった修道院、Monesterio de las Descalzas Realsを最初に訪れることにしていました。昨日、午後の開館の4時に訪れた際、その日の切符は全て売り切れたので、明日10時に来て下さい、と言われたのです。

9時40分に修道院に着くと、既に10人程が雨の中を並んでいます。11時の英語のツアーの切符を買い、歩いて5分のホテルに一旦戻ることにしました。

10時40分にホテルを出、先ほど帰ってきた人通りが少なく暗い道を避け、広い道路を通るようにスマホに打ち込み、地図を頼りに歩きます。ところが、ここで落とし穴にはまりました。私たちの歩く速度にスマホの地図が追いつかず、スマホが混乱し、行き先がぐるぐる回り始めたのです。

さあ、大変。そのことに気づかない私たちはスマホの地図と同じようにグルグル。途中で通行人に聞くも、間違った方向を教えられ。。。結局11時には間に合わずあきらめざるを得ませんでした。

その後、アップルの地図ではなく、googleの地図に切り替え、この問題は解決しましたが、それに気づくまで何度も同じ間違いを犯したのでした。

途中走ったり、早足になったりとすっかりくたびれて、カフェでコーヒーを飲み、落ち着いてからその日の次の訪問先へと向かいました。

さて、この日は二つの有名な美術館を訪れることを計画していました。マドリッドに来たかった理由の一つがこれらの美術館です。

まずは最初の美術館、 Museo Thyssen-Bornemiszaまで,文字通りブラブラ歩きます。

e0351091_233243.jpg

マドリッドには三つの有名な美術館があり、その三つの切符(Paseo del Arte)を合わせて買うことが出来、有効期限は1年間。オンラインで事前購入も可能です。(シニアの切符は美術館で直接購入)

館内は撮影禁止。とにかく大きな美術館なので、自分が本当に見たいものを目指さないと、却って何を見たか分からなくなります。

Museo Thyssen-Bornemiszaから次のMuseo del Pradoに行く途中でランチです。朝から歩きくたびれた私たちはテーブル席もあると言う老舗バル、Taberna La Dolores( Plaza de Jesús, 4, Madrid)へ。

e0351091_2332167.jpg

茄子の酢漬け。ちょっと酸味が強いけれど、大きい丸茄子のようなものが丸のままで美味しい。

e0351091_2333717.jpg

鰹の水煮。一緒について来たピミエント(赤いパプリカ)がとても美味しい。

e0351091_233494.jpg

アンチョビはちょっと塩気がきつかったけれど、これも美味。この後も美術館を訪れるので、アルコールでなくお水を頼んだので、余計塩気を感じたのかもしれません。

e0351091_234488.jpg

さて、ランチの後はまたてくてく歩き、Museo del Pradoへ。車道の真ん中に広い並木道があり癒されます。

e0351091_2342235.jpg

Museo del Pradoは緑豊かな広大な敷地の中にあり、ゆったりとした気分になれます。紅葉している木も見えます。

e0351091_2351693.jpg

e0351091_2343971.jpg

e0351091_2345268.jpg

美術館は知らない間に随分歩きます。くたびれ果てて夕食までホテルで一休み。この日の夕食の模様は明日アップします。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-11 02:38 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sprnokchn2.exblog.jp/tb/23858353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akdeniz_tk at 2015-11-11 10:08
出遅れてしまいましたが・・・おかえりなさい。
ご旅行かしら?って思っていましたが、スペインにお出かけだったのですね。
スペインのちょこちょこっとしたお料理って、帰ってからお家で真似したくなるものが多いですよね。
花より団子。観光地よりもお料理が気になります。
スペインは、バルセロナに2日ほど寄り道しただけなので、ほぼ知らない国。
Mchappykunさんのお写真で、行った気、食べた気にさせていただこうと思います。
Commented by petapeta_adeliae at 2015-11-11 16:59
ティッセン・ボルネミッサ美術館は1993年に政府で買い取ったのですね。
無償援助をして、後ろ足で砂をかける輩に出費するのなら
日本もこのように使って欲しいです。
こちらの財閥は鉄鋼で財をなし、男爵5回の結婚歴とプライバシーも
興味を惹かせてくれるみたいです。

>歩く速度にスマホの地図が追いつかず
こんなことがあるんですねぇ。
私なんてスマホを使いこなしていないから、
このようにはならなそう。^^;

茄子の下ヘタが随分と大きいのですね。私だったらオリープを使って
悪戯に顔書いてしまいそうです。
Commented by tanat6 at 2015-11-11 22:37
歩く速度にスマホが追いつかない…なんてことがあるんですね。
カーナビは一度ナビを無視すると、時々とんでもない回り道を案内されることがありますけれど…
スマホが慌ててるみたいで可笑しいですね(笑

美術館は ほんとうにいくら時間があっても足りないですよね。
外に出るとぐったりっと疲れているということが よくあります。
お目当ての絵画がおありだったのでしょうか。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-12 02:45
akdenizさんへ

出遅れた、なんてことはありませんよ。スペインのタパとかピンチョのようにちょこちょこつまめる料理って、いいですよね。
私も観光より食べ物の方に断然興味があり、覚えています。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-12 02:48
ソーニャさんへ

スペインて、結構政府が良い仕事をしているように見受けます。パラドールなんかもその一つ。

角で曲がる時、ちょっとスマホを待ってあげれば良かったのですが、二人ともせっかちなものだから、それに、スマホが混乱するなどとは思いもかけなかったもので。でもこれで学習しました。

この茄子、大きいですよね。ナイフで切らずにこのままガブっとしました。
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-12 02:52
tanaさんへ

私のカーナビは古いので、時々道無き道を走っています。カーナビも案外お馬鹿さんなので、全面的に信用は出来ないですね。このときも、詳しい紙の地図も持って出れば良かったのです。

お目当てという程のものはこの美術館にはなかったので,今となっては何を見たのかあまりにも沢山のものを見過ぎて分からなくなってしまいました。
Commented by asu at 2015-11-12 03:17 x
そうですね。アンチョビだけだとしょっぱいかもしれません。。
カナペや、あとはチーズやトマトと合わせるのも美味しいです。
あとやっぱりカニャが必要だったかもしれません・・・^_-☆
Commented by Mchappykun2 at 2015-11-12 08:08
asuさんへ

後で考えたのですが,英語とスペイン語のメニューでは少し違うのでは?ということです。ないと思って頼まなかったマトリモニオ、も聞けばあったかもしれないですね。
そして,もちろんタパはやはりカニャかワインと一緒の方が断然美味しいです。